『夏だ!海だ!開拓だ!FGO 2016 Summer カルデアヒートオデッセイ ~進化のシヴィライゼーション~①』ゲーム感想(ネタバレあり)


『夏だ!海だ!開拓だ!FGO 2016 Summer カルデアサマーメモリー ~癒やしのホワイトビーチ~』に続いて、ヒートオデッセイです。

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。

 

アバンタイトル

いきなり荒廃した世界から始まりましたが。。。

主人公、目を覚ますともうすぐ陸と。船旅は二週間?三日?なんか記憶が曖昧だとか。

スカサハ、何やら気になるようですが、気のせいだろうと。

そして男性陣は荒波にのまれ海に放り出されたとか(笑)

まあ大丈夫だろうと言うことで、陸に上陸です(笑)

第1節 ヒューリー荒野の邂逅

上陸の第一声、荒い(笑)

食べ物がなさそうな土地に、アルトリア動揺(笑)

どこからか助けを求める声が。人がいるみたいです。

その方向を望遠鏡でみると。。。は?と(笑)

うりぼうが喋ってる(笑)

とりあえずシャドウサーヴァントを倒します。

シャドウサーヴァントを倒すと、魔猪でした。

そして助けたうりぼう、こちらの女性陣を女神様と(笑)

この世界を救って欲しいと言います。

そして何やら魔猪を操っているような影が。。。

第2節 ナイン・シスターズ

冒頭でも出て来た、かつては街だったと思われる場所へ。周りにあるビルはあちこち崩壊してます。

うりぼうの後をついていくと、うりぼうの長が。驚いて失神(笑)

長、人間を見たことはなかったと。この崩壊したビルはうりぼう族がつくったと言います。

五十年前まで栄えていたが、魔猪とシャドウサーヴァントが現れ、文明を破壊したと。

女神とは何かと聞くと、九人の女神(ナイン・シスターズ)が、かつて文明と愛と勇気を与えてくれたと言います。この島は、前にいた島ですかね?

そして今後の方針を決めることに。

この島に残ることにします。

スカサハ、残ることは賛成だと。そして開拓の結果、何が見つかるかだと。

うりぼうたちと契約することに。

ままーやしなってー(笑)

本来の伝承は十人だと。でも一人、やたら恐ろしいと言う女神がいたと(笑)こいつ外してもいいんじゃねという結論に(笑)玉藻の前(笑)

スポンサードリンク

開拓計画1 ビルを修復しよう

まずは住居の修復です。ネオン(笑)

和風ビルを作ります。

なんかあんまり和風を感じないですが(笑)あ、ビルだからか(笑)

開拓計画2 発電所を作ろう

火力、水力、風力発電のいずれかを作ることに。

材料の少ない水力にします。観覧車みたいのができた(笑)

開拓計画3 商店を作ろう

商店を作ることになりましたが、あまりときめかないラインナップ(笑)

古本屋を作りました。メアリー、興味があまりないなと(笑)

開拓計画4 飲食店を作ろう

アルトリアがでしゃばって来た(笑)

牛丼屋を作りました。

ちゃんと牛使ってる?(笑)

でもアルトリアは気にせず食べてます(笑)

開拓計画5 甘味処を作ろう

マシュ、本当に甘味処を作ってもいいものかと(笑)

ケーキ屋を作りました。

マリー、言いませーん(笑)言わないのか(笑)

先制大打撃(笑)

第3節 アイムバック・アイムホーム

今日も探索です。

玉藻、うりぼうたちに怖がられていると(笑)

慰める主人公に、マシュからすごい圧力が(笑)

敵襲です。倒すと魔猪以外にも敵が。

うりぼうたちが作った?

先にはこのオートマタよりも強い魔猪がいると。

放置するれば城塞級になるかもしれないと。

それを待つのもありかというスカサハ(笑)ダメなり(笑)

そして巨大魔猪。ヘラクレスに変化しました。木を守っているようです。

魔猪を倒します。

このレベルは幻獣の域に達しています。平然とこの世に存在して力を蓄えている、そんなのを強欲な魔術師たちが見逃すわけないと。。。

となると結論は絞られるというスカサハ。

そして魔猪が守っていたのはトネリコの木だと。

前に植えた木ですね。

そして先に行くとマリーの像が。崩れ方がとある映画みたいです(笑)

やはり前の島でした。この島ではざっと2千年が経過していたようです。

この島の時間の進み方が異常だと。

一旦戻って対策を講じることに。

第4節 どっこい生きてる槍男

タイトル(笑)

戻ってみんなに前の島だったことを伝えます。

きよひー、自分たちがアダムとイブと言っても構わないと(笑)構います(笑)

この先どうするのかと言うことで、島の謎を解く必要があると。

島を脱出するための手段と島を隔離している原因です。

前者は文明の復興をすれば、カルデアと連絡が取れるかもしれないと。

後者はあちこち歩き回るしかないと。

この一夏で勝負をつけると言うスカサハです。

そこにサーヴァントが訪問して来ました。

クー・フーリンです。生きてた(笑)

クー・フーリンをもてはやす女性陣。最前線で頑張ってもらうと(笑)

魔猪を百頭狩って来いと(笑)

そして狩に。九十九頭倒して、残り一頭です。

ラストはデカイのが(笑)

下手なサーヴァントよりもしぶとい魔猪です。

が、そこにとどめを刺したとのはベオウルフ。

悪いが、部下どもを喰わせなければならないと。部下は魔猪だと(笑)

敵かと問うと、味方ではないと。天下を獲りたいと言います。

肉を奪いたければ、俺の街に来いと言って去っていきます。

こちらも戻り、ベオウルフと遭遇したことをみんなに伝えます。

ベオウルフのことはひとまず置いておき、スカサハも気になることがあると。

ブリリアント・サマー~ゲイ・ボルク職人の朝は早い~

スカサハ、トネリコの木で新しい槍を作ると言います。

今から心を込めて槍を作るので、防備は任せたと(笑)

そして夜、魔猪、シャドウサーヴァント、巨大魔猪がやって来ました(笑)

戦闘が終わり、スカサハが完成と。

が、見張っているひっきりなしに敵と戦っていました(笑)

そして残り三本あると。あと三回見張りが必要です(笑)

再臨のため頑張ります(笑)

スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)