【第二特異点 永続狂気帝国セプテム①】『Fate/Grand Order』ゲーム感想(ネタバレあり)

『Fate/Grand Order』のゲーム感想というか、プレイメモです。「第二特異点 永続狂気帝国セプテム」になります。

ちびちびやってはいますが、あいかわらず、ストーリーは遅々として進みません(笑)

以下、ネタバレ全開なので、ご注意下さい。

 

アバンタイトル

目覚めてるとマシュと挨拶。

何か夢を見なかったかと聞かれます。

ダヴィンチちゃんの話だと、契約したマスターとは同じ夢を見ると(*´ω`*)

Dr.ロマンの元へ。

次向かう場所は、一世紀のヨーロッパ、古代ローマです。

第1節 風薫る丘

無事、転移に成功します。

フランスの空にもあった光の輪はこちらにもあります。引き続き、調査は進めることに。

降り立った場所は、首都ローマではなさそうです。

ただ時代はあっているとのこと。

何か変わったものはないかと。

何か聞こえて来ます。多人数戦闘が行われている様子。

歴史に異常が起こっていると考えます。

音の方へ向かうと、大部隊と小部隊が争っています。

どちらも真紅と黄金で異なる意匠が。小部隊を率いているのは若い女性だと。

どことなくジャンヌに似ていると。

女性を助けることに。

戦闘が終わると、赤いセイバー(笑)

とりあえずついていくことに。

第2節 全ての道はローマに通ず

どこから来たのかと問われますが、カルデアと言っても、もちろん通じません(笑)

そこに敵の第二波が。赤いセイバーが仕切ります(笑)

さらにサーヴァントの反応が。

愛しき妹の子と呼ばれる赤いセイバー。

叔父上と言った男性を、カリギュラと呼びます。サーヴァントと血縁?

とりあえず戦闘です。

カリギュラを倒すと、撤退していきます。

そして自己紹介。赤いセイバーは、真のローマを守護するもの、ローマを再建する者、ローマ帝国第五代皇帝、ネロ・クラウディウスでした。

スポンサードリンク

第3節 永遠の都

都へ。ローマは、世界の中心にして、世界そのものだと。

この時代に首都が脅かされるわけがないと。やはり聖杯の影響が出ていると考えます。

帝国の崩壊を防ぐことが、恐らく修正に繋がると。

聖杯についてネロに話します。何か気にかかると。。。

まずはネロの館へ。が、途中市民が襲われているとのことで、助けに。

館へ。ローマは今、危急の時にあると言います。

何の前触れもなく姿を見せたネロではない複数の皇帝が統べる連合。

連合ローマ帝国と自称し、帝国の半分を奪っていったと言います。

皇帝を名乗る大逆者の一人が先ほどのカリギュラ。ネロの叔父だと。

皇帝の誰かが聖杯を手にしている可能性が高いです。

連合帝国はあまりに巨大だというネロ。主人公たちに協力をお願いします。

快諾することに。主人公は、総督の位をもらいました。

宴の前に敵襲が。倒して休むことに。

第4節 焔たぎる山

ターミナルポイントを作るため、エトナ山へ行きたいとネロにお願いをします。

ネロの許可を得て、エトナ山へ。

あっさりと到着できました。

が、霊脈には、死霊たちが群がっています。蹴散らすことに。

敵を倒し、ターミナルポイントを作ります。

下山し、戻ると、ガリアへ遠征を行うというネロ。お供することに。

第5節 いざガリアへ

見事な戦闘の腕前に、ネロ、客将ではなく、余のものにならないかと(笑)

考えさせてくれと返答。

そして敵襲を倒して、ガリアへ。

スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)