『HUNTER×HUNTER 34巻』マンガ感想(ネタバレあり)

『HUNTER×HUNTER 34巻』のマンガ感想というか備忘録です。ネタバレありですのでご注意下さい。

 

スポンサードリンク

No.351 死闘

クロロvsヒソカです。

フロアマスターのクロロが死闘を望みます。勝利は相手の死が条件と。。。

試合開始。

クロロ、アンテナで審判を操り、二人でヒソカを攻めます。

そしてもう1本のアンテナをヒソカに刺そうします。

クロロ、本を持っていません。番いの破壊者(サンアンドムーン)、両手を使う能力だと。太陽と月の刻印が触れると爆破するとのこと。

栞を本に挟むことで。本を出していなくてもそのページの能力が使えると言います。

さらに開いたページの能力を併用することも。。。

No.352 厄介

能力の説明回。

携帯する他人の運命(ブラックボイス)は、人を操る能力。

そして人間の証明(オーダースタンプ)は人形を操る能力です。

神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)で死体をコピーし、人間の証明を使うと死体を操れるようになります。

そして転校生(コンバートハンズ)。右手で触れると相手がクロロの姿に。左手で触れるとクロロが相手の姿に。両手で触れると一瞬で入れ替わると。

そして今までの能力の中に、持ち主が死んでも残る能力があると。

番いの破壊者は刻印されたら、本を閉じてもそのままと。。。

戦闘再開。観客席へ乱入。

クロロ、転校生で観客に変身して潜伏です。。。

スポンサードリンク

No.353 冷徹

観客をギャラリーフェイクでコピーし、人間の証明でヒソカを殺せと命令です。

バンジーガムで空高く回避しますが、コピーたちが追いすがります。

その対応している間に、クロロが背後からの一撃。

ヒソカ、素晴らしいと勃たせます(笑)

クロロ、人形たちを囮に、ヒットアンドアウェイ。

ヒソカ、人間の首をバンジーで操り、クロロへあてます。

ボウリングか(笑)

No.354 頭部

人間の頭部の重さはボウリングの玉と同じくらいだと。

その頭部を使って人形たちを倒して行きます。

クロロを追い詰めたと思いきや、それはクロロに変身させられ、操られていた別人です。

でも、コピーが消えないのはなぜか。。。

番いの破壊者はミスリード。

刻印されたら爆発するまで消えるではなく、刻印されたコピーが消えないと。。。

No.355 爆破

200を超える観客が、ヒソカに襲いかかります。

ヒソカ、バンジーガムで人をくっつけ、人間ハンマーとして撃退していきます。

クロロ、何かにしゃがめと指示。。。

バンジーガムで頭部を手に戻すと、ヒソカの手が爆発。。。

No.356 残念①

頭部を戻した瞬間に、プラス刻印した胴体に、マイナス刻印して操っていたものを触れさせ、爆破させました。

ヒソカ、これからは土壇場だと。

壁づたいに二階観客席へ。しかし、クロロは人形たちに二階へヒソカを捜し、自爆しろと命令します。

その爆破に巻き込まれます。天井に逃げなければと思いますが、出来ずヒソカは落下。。。

死ぬのかなと思うヒソカ。どうせ死ぬなら、と言って爆破されます。

No.357 残念②

ヒソカ死亡。死因は酸欠による窒息死。

マチ、団長の除念ありがとうと、顔も綺麗に縫ってあげようとします。

が、死体からオーラが。死後に強まる念。

死ぬ前に試したのは、死んだ後、念で心臓と肺を伸縮しろと。ルビ(笑)

ヒソカ、生き返りました。

爆破された箇所もバンジーガムとドッキリテクスチャーで表面上元どおりです(笑)

そしてマチにクモ全員に伝えてくれと。

これからはどこで誰と会ってもその場で殺すまでやると。

マチ、バンジーガムで拘束され、ものすごい形相です(笑)

そして宣言通り、コルトピとシャルナークをやります。あと10人と。。。

No.358 前夜

新大陸への旅立ち前夜祭です。

カキンの王、ホイコーロの登場です。

そしてその王子たちも。

彼らを乗せた飛空船が、B・W号へと続々搭乗します。

船は5階層からなり、2階以上はVIP、3階層以下が一般に分かれます。

クラピカ、まずは敵の戦力と力関係を測らなければと。

ずさんな下層が混乱した場合に、それに乗じて逃げることもできるかもしれないと。

その情報を王妃に共有しておきます。

そしてクラピカ、王子の乳母車から何かを感じますが。。。特に変わった様子はない?

No.359 出航

船は出航し、二ヶ月をかけて暗黒大陸を目指します。

そんな中、さっそくクラピカ陣の一人がやられました。

しかも、継承戦のことを知っているにはクラピカ一人のようです。。。

さらに他のメンバーも一気に4人やられます。。。

クラピカ、鎖を使うことに。

スポンサードリンク

No.360 寄生

残りのメンバーに、ワプル王子の味方であるかを問います。

そして二人が違うと。

警護の7人は王妃と王子を監視するために送られていたと言います。

今までにやられた5人は、そのものたちでした。

そして王子たちは寄生型の念能力を与えられたと。

未確認の念獣が多数出てきました。。。蠱毒。。。

警護の一人が、念獣におヒマができたら教えてと言われてます。

それに答えたのか、包丁を持って3人をやりました。。。

クラピカ、生け捕りにしたいので、自分が止めると。


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)