『おはようとかおやすみとか 4巻』マンガ感想(ネタバレあり)

『おはようとかおやすみとか 4巻』のマンガ感想というか、備忘録です。

以下、ネタバレありですのでご注意下さい。

 

スポンサードリンク

第19話 家をつくるもの

翠にタッパーを返しに行こうとする和平。何かお礼がいるかと考えます。

が、いつもの同僚に捕まり飲みに(笑)ストーカー女性についていろいろ聞かれます(笑)

結局、タッパーは返しにいけず(笑)

酔っ払って家に帰ると、穂高がお返しにお菓子を持っていって欲しいと言います。

ようやく本屋へ行き、翠にも会えました。一緒に帰ることに。

和平、翠の家が理想の家だったのかもしれないと言います。団らんや温かさが詰まっている感じがすると。

仕事の話になり、翠は本好きなので、本屋で働いていると。

そして好きな絵本作家がいると(笑)はい、予想どおり和平の父です(笑)

ステキなお父様と言われ、否定し、いろいろぶっちゃけます(笑)

翠、それを聞いて、お互い大事な人に会えたんですねと。

こんな良い子がストーカーって、いろいろご都合主義だなーと(笑)

第20話 大人なこども

和平、同僚の蓮見に翠をストーカー扱いされて、やめろと。

和平にとって、翠は内側の人間になりつつあると。。。

蓮見、和平を誘えず寂しい(笑)

加東にちいちなの大暴走と同じと言われます(笑)

あんまり本編に関係ない同僚たちのお話でした。お酒飲みに行きたくなった(笑)

スポンサードリンク

第21話 目安箱

和平、家は住んでいる人がつくるものなんだなと。うちはどんな家だろうと。

3人にこの家をどう思うか聞きます。

和平が家族家族言うのが久しぶりと双子に抱きつかれます(笑)

答えは、別にいい、ふつう(笑)

和平、この家をもっとよくしていきたいと(笑)双子、笑いをこらえすぎ(笑)

何をするのか聞きます。

環境を良くするために希望や要望を箱に入れることに。

そして1週間後。要望を開封します。双子のは要望というか欲望でした(笑)

ちなみに穂高は要望なし(笑)

何かあるだろうと和平、本当にないと穂高(笑)

穂高、これ以上は何もと言いますが、双子に諭されます。なんでもいいから考えて何か言ってあげることが大事と。達観した小学生だな(笑)

穂高、みんなでスーパーに買い物にいきたいと要望を出します。嬉しそうな穂高です(*´∀`*)

和平、スーパーで女性にぶつかります。穂高たちの母親か?

穂高、アイスを食べたいと。

休日はみんなで買い物をする日になりました(*´∀`*)

第22話 魔女おばさん

もうすぐ夏休み。加東に学生の夏休みは魔窟と脅されます(笑)

双子、夏休み1ヶ月前にして、めっちゃ浮かれています(笑)

穂高、最近怖い人に声をかけらてないか双子に聞きます。

魔女と呼ばれる女性が子供たちに声をかけていると。

双子、魔女は怖くないと(笑)知っている人と言います(笑)それを聞いた穂高、顔面蒼白(笑)

話を聞くことに。穂高、ちゃんと挨拶に行くから、それまでは魔女の家に行かないでと。

双子、魔女の家に、しばらく来れないと言いに行きます。行っちゃダメでしょ(笑)

穂高と和平も慌てて魔女の家に。

夕食をご馳走になります。

穂高、魔女に母は子供と離れたくないものかを聞きます。。。

帰り、スーパーであった女性が。やはり穂高たちの母親でした。

第23話 あの日のこと

母、淋しくなって会いにきたと。

そして3人を迎えに来たと。。。

それを聞いて逃げ出す穂高。。。

追いかけようとする母親を和平が止めます。

言いたいことはたくさんありますが、話を聞くことに。

夫と子供たちの5人で暮らしたいと。

あの子達を引き止めたりしないですよねと。。。

あの子達がいないと生きていけないと気づいたと。。。

あの子達を返してくださいと。。。

びっくりした和平(笑)そりゃそうだ(笑)何言ってんだって感じですよね。

家に戻り、穂高と話すことに。

母はいつもそうだと。自分と男のことが最優先。。。

でも子供たちも捨てきれず気まぐれに戻ってくると。意味わからん(笑)

和平、穂高が決めていいと言います。

でもどうしたらいいのかと。。。

スポンサードリンク

第24話 正しい選択

双子、和平のことは好きだと。でもお母さんのとこでもいいと。

でも穂高が一番。一緒じゃなきゃどっちもダメと。

穂高、自分で答えを出そうとします。

が、桜が味方と言ってくれ、感謝します。

そして和平、翠に相談しに行きます。

和平の気持ちを全部伝えてあげたらいいと言います。

思っていることをきちんと伝えれば安心してくれるはずと。。。


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)