俺TUEEEE系おすすめラノベ5選

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

昔から俺TUEEEE系は好きでよく読んでいたので、主人公が強いおすすめラノベを集めてみました。

 

ソードアート・オンライン(SAO)

ネットの世界に入り込む元祖は.hackとかになるんでしょうが、ちょっと先取りした感がありすぎたせいか、ネトゲが一般的になってきた頃に出たSAOが爆発的な人気になるのもうなずけますね。

私がこの作品に出会ったのは10年以上前でまだ学生でした。

当時はまだ書籍化されておらず、「WordGear」と言うサイトでWeb小説として公開されていた作品です。

今では「小説家になろう」でいろいろな作品が書籍化され、アニメ化もしてますが、SAOはホームページで公開されてました。

私はそのHPで今で言う書籍版の1巻を読んでハマりました。

当時、私はWeb小説にハマっていまして、いろいろなWeb小説を読み漁っていました。

その中でも特に好きだった作品が以下です。

  • 召しませMoney!
  • 雨の日に生まれたレイン
  • SAO

上記いずれも商業化して有料になってしまいましたが、当時は金もそんなになかったので、無料で読めた小説は私の癒しでした(笑)

一番印象深いのはやはり最初に二刀流を見せた時ですね。全滅寸前で切り札として繰り出した二刀流はカッコよすぎです。

主人公が二刀流っていうのが、中二心をくすぐります。しかもユニークなので主人公しかあつかえないってところもポイント高いです(笑)

あと、こう言ったラノベにしてはあっさり1人のヒロインとくっついたのが印象的でした。

まあ他のヒロインからは相変わらず好意を向けられてますが(笑)

ちなみにアリシゼーション編はまだ追いつけてません。。。

というか長いです。。。

やはり、個人的にはアインクラッド編が一番すきです。

 

 

レイン

私の中で、俺TUEEEEと言うとこの小説ですね。

主人公の二つ名である「ドラゴンスレイヤー」や「知られ ざる天才剣士」などは中二心満載です(笑)

SAOの中でも紹介してますが、もともとはWeb小説として公開されていて、タイトル「雨の日に生まれたレイン」、通称「雨レ」でした。

当時は「小説を書こう!」というサイトで掲載されていたんですが、そちらはもうないようで、「吉野匠の「小説を書こう!」」に移転していました。
(ちなみに今、「小説を書こう!」で検索すると「小説家になろう」が一番上に来るという。。。)

上記の「雨レ」がアルファポリスで小説化されたのが本作です。

アルファポリスだと、『ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり』がアニメ化もしていて、有名ですね。

本作、もう主人公が強すぎてカッコいいですし、そんなレインにベタ惚れのレイン信者のシェルファ姫が可愛すぎて当時夢中になって読んでました。

普段飄々としているレインも実は過去に重い十字架を背負っているという部分も好きでしたね。

今は書籍化されているのでそちらを購入しています。

今では13巻まで出ており、長編化しています。
(ネットの頃からだと10年以上たつんでそんなに巻数は多くないですが)

こちらはコミック化もしているので、ゲートに続いてアニメ化も期待しています。

 

 

番外 召しませMoney!

上記はいずれもWeb小説で出会ったんですが、その中でもう1つ「召しませMoney!」も紹介しておきたいところです。

こちらは俺TUEEEEではないですが、経済界での成り上がり無双を見るとある意味、俺TUEEEEなのかもしれません(笑)

もともとは「Script1」というサイトで掲載されていた小説です。

物語はある日酔って帰った主人公は、道で女性とぶつかり、そこで宝石を拾ってしまう。

その女性は桐島麻里。霧島家の裏の顔は世界中をまたにかけた泥棒一家だったのです。

秘密を知った主人公は消されてしまいそうになりますが、この状況を作った麻里は責任を感じ、主人公を許嫁にしてしまいます。

そこから主人公の生活は一変。死の運命から逃れるため、主人公は成り上がっていきます。
(成り上がるしかないというのが正確かもしれませんが)

当時、3つのWeb小説の中だとこれが一番すきでした。

私はこういう成り上がりものも大好きなので(笑)

俺TUEEEEではないですが、おすすめの作品です。

 

転生したらスライムだった件

タイトル通り、死んで異世界に転生したら魔物、しかも最弱であるスライムになってましたというお話。

最弱のスライムのはずが、転生で得た2つのチートスキルで無双していきます。

特に大賢者さんはチートというか、もはや反則。主人公考える必要がない(笑)

こちらも元は「小説家になろう」で掲載されていたWeb小説。

最初、魔物に転生ってあまり興味ないなーとか思っていたんですが、昨年の8月、Amazon Unlimitedで読み放題の対象だったんですよ!

それならせっかくだからと読んでみたらハマってしまいました(笑)

そのときに読んでおいてよかったです。もうAmazon Unlimitedの対象じゃなくなってますからね。。。
(と言うかすぐ消えました。。。)

この作品の魅力はただ単に主人公が俺TUEEEEではなく、魔物と人間の共存できる社会を目指してるところです。

主人公が周りの人や魔物を集めて町を作ってます。

シムシティ感覚ですね(笑)

最近の話では開国祭のために、ダンジョンを作ったりとかもしてます。もはやツクール感覚で、ダンジョン作ってます(笑)

主人公、ある事件をきっかけに魔王へとなりますが、基本的なスタンスはやはり人間との友好です。

魔王になり国もできました。これからの展開も楽しみです。

公式サイトはこちら

 

 

エイルン・ラストコード

ラノベなのに熱血ロボットものとちょっと変わった作品です。

またラノベにして珍しく、挿絵もちょっと漫画っぽくなっているところもあります。

主人公はアニメの中のキャラで、それがこちらの世界に来てしまったという設定。

ちなみに主人公が来た世界は謎の巨大生命体マリスと人類が争っている世界です。

マリスが優先的に狙う人類ヘキサを囮 (生贄)に、マリスに対抗できるネイバーが戦っています。

主人公はアニメキャラのためか、かなり能力が高いです。

この作品の魅力はとにかく熱い!

本当にロボットアニメの熱さをラノベにした感じです。

「彼女の涙を止めるためにここに来た」とかカッコ良すぎです。

また、コメディ部分もおもしろいです。

戦時下にいたせいか主人公の言動がおもしろいです。この辺はフルメタなんかを思い出しますね。

あと特に紫貴の壊れっぷりがひどい(笑)「子供産んであげるわよ!」って(笑)

ロボットが活躍するお話なのでアニメ化してほしいなと思います。

ちなみにアニメ化したら主人公の声は石田さんなんでしょうね(笑)

公式サイトはこちら。

 

 

ようこそ実力至上主義の教室へ

最新設備が使用できて毎月10万円相当のポイントが支給され、髪型や私物の持ち込みも自由であり、希望する就職、進学先にほぼ100%応える全国屈指の名門校・高度育成高等学校を舞台に繰り広げられる新たな学園黙示録。

そんな夢のような学校。と思いきや、そんな上手い話があるわけもなく、そこは全てを実力で示す必要がある実力至上主義の学校だったのです。

テストの点が悪ければ、素行が悪ければ、どんどんポイントは減っていきます。

特にA~Dまであるクラスの中で最底辺のDクラスは問題児ばかりです。

そこに配属された主人公ですが、そんなことは気にしていません(笑)

この主人公、能力を隠しており、ただ学園生活を満喫できればよく、クラスが最下位だろうがそんなことには興味ありません。

しかしそんな中、自分がDクラスであることに不満を持つヒロイン、北堀鈴音はAクラスを目指し、それに協力するように主人公にけしかけます。

Aクラスになんか興味はない主人公ですが、鈴音に目をつけられ、さらにそれをやらざるを得ない状況になってしまい、影ながら協力することに。

この主人公、能力を隠してあるだけあり、生い立ちや過去に何か秘密がありそうです。

この辺の主人公の設定は、「衣笠彰梧/トモセシュンサク」両氏の代表作でもある、「暁の護衛」と似た感じかなと。

主人公の暗い過去、能力を隠した学園生活なんかはまんまです。

私は暁の護衛も大好きなので、こちらもすんなり入ることができました。

ちなみに暁の護衛は恋愛アドベンチャーゲームで元はPCゲームで3作出ています。

PS3版は3作全て収録されているのでお得ですね。

さすがに3作ともなるとかなりボリューミーですが、内容は本作にも負けずおもしろいので興味があればプレイして見ると良いと思います。

公式サイトはこちら。

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)