『さよなら私のクラマー 1巻』マンガ感想(ネタバレあり)

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

『さよなら私のクラマー 1巻』のマンガ感想というか備忘録です。

女子サッカー漫画です。サッカー漫画は好きですが、女子サッカーをスポットに当てた作品は読んだことなかったです。

四月は君の嘘も好きでしたし、ちょうど1巻目が半額だったので、買ってみました。

読んだ後に気づきましたが、ああ、さよならフットボールの主人公が恩田なんですか。じゃあそっちも読んでみようかなー。

以下、ネタバレありですのでご注意下さい。

 

01.ひとりぼっち

周防すみれ15歳、中学最後の夏の試合が終わります。

そして曽志崎緑、中学3年間競い合ったライバル。。。と思っていたのは曽志崎だけでした(笑)

周防からするとことごとく負けてきた相手であり、邪魔者(笑)道端の石ころ扱いです(笑)

曽志崎から蕨青南と浦和邦成の試合を観に行かないかと誘われます。

試合は7-0で浦和邦成の勝ち。

蕨青南の田勢は器用な選手で、この試合も一人奮闘していたと。

しかし惨敗。行く高校を間違えたと。

そんな田勢を、周防と同じく一人ぼっちだと言う曽志崎。

曽志崎、周防に一人にはさせないから同じチームに行こうと言います。

そして入ったのは、蕨青南(笑)周防、田勢に共感しました(笑)

練習初日から紅白戦。監督はやる気なしです(笑)

曽志崎、わけわかんねー高校を選んでへこんでましたが、周防を選んで良かったと。

そして恩田希。周防はピッチの中でもう一人の自分を見つけたと。

スポンサードリンク

02.インパクト

恩田、中学の時には聞いたことないと。そして公式戦記録はないとのこと。ただ内緒で一回ある?男子公式戦でしょうか?

能見奈緒子が新コーチとしてやってきました。

そしてボンクラ監督の深津。そんな監督ですが、U-23代表コーチの森住の推薦だったと。。。

能見、日本サッカー界を牽引したレジェンド。でも恩田におばちゃん扱いされます(笑)クソしごきたおすと(笑)

恩田がたるんでいるせいで、みんなで腕立て(笑)開き直る恩田(笑)

そして練習試合。行った先は久乃木学園。監督の鷲巣は、泣かない赤鬼と呼ばれていると(笑)

久乃木学園は春夏連覇した高校女子サッカー日本一です。。。

鷲巣の指示は、10点差以上をつけて、クリーンシート(無失点)でフィニッシュしろと。

できなければ公式戦では今後使わないと言います。。。

試合開始早々に周防がカウンターでアーリークロス。得点にはなりませんが、周防のスピードに驚かされます。

が、さっそく佃に一点取られます。佃についていた周防、お怒りです(笑)

戦力差がありすぎて、コテンパンにされるぞと言う深津。能見、コテンパン大歓迎だと。

03.雪の中の少女

ゴール前を固めて、チャンスが来るのを待つと。

しかし、10番の井藤は天才と。あっという間に点が取られます。

マジでボコボコにされてしまいます。が、それでいいと言う能見。

ボコボコにされても、上を目指して立ち上がれるかが見たいと。

しかし深津、女子サッカーに未来はあるのかと問います。

スーパースターが一人いても何も変わらないと。。。

そして前半だけでした7点取られました。

が、恩田は元気です(笑)こんなにすげー奴らがいるなんて知らなかったと。

後半、恩田が曽志崎にパスくれと。点を取ってくるといいます。

やられっぱなしは性に合わないと。ぐう正論(笑)

恩田の中学時代の回想。やはり男子に混じってサッカーしていたっぽいです。

監督の鮫島にもう一度女子サッカーを世界一にしてこいと。おまえは女子サッカーに行くんだと。

恩田、ギラギラしてきました。

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)