『さよなら私のクラマー 2巻』マンガ感想(ネタバレあり)

『さよなら私のクラマー 2巻』のマンガ感想というか備忘録です。

やはり先に『さよならフットボール 』を読んでいた方が、恩田のこともわかって面白いですね。

最初、周防が主人公なのかと思ってましたが、やはり恩田が主人公かなと。

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。

 

04.地獄の門

10点取られました。

恩田、切り替えて1点取るよと。

恩田、中学で苦しめられたフィジカルが今強みになっています。

鷲巣も恩田のことを評価してます。

が、逆に周防はやる気のないスプリントです。

この点差で1点取っても仕方ないと。公式戦で油断させる布石、戦略的敗退と言います。

舐められっぱなしでいいのかと言う恩田。

さらに、佃の余裕綽々の態度にイラっとする周防。

六文銭の準備はできたかと。地獄に堕ちる準備はできたかと。。。

05.埼玉蕨の三悪人

周防、佃をぶち抜く、邪魔するなと。

ナンバー1は自分だと。

残り2分。周防、中にパスをあげます。が、白鳥決めれず。喜劇役者(笑)

こぼれ球に恩田、主役登場と。

マルセイユルーレット。

天才と呼ばれる井藤、恩田のプレイに心を奪われます。

恩田、ゴールネットを揺らしますが、白鳥ファール(笑)そしてタイムアップです。

恩田、1年半ぶりの試合は21-0の大敗です。

スポンサードリンク

06.フロンティア

テツとタケ、恩田に練習試合のことを聞いて蹴られます(笑)

21という数字に敏感です(笑)そんなに21って数字出てこないでしょ(笑)

恩田、男子の練習に混ぜてもらおうと監督たちに提言。

が、却下され、監督を罵倒して出て行きます(笑)

負けて活気付いてます。

能見、練習試合で恩田のマルセイユルーレットを見て、とんでもない才能を手に入れてしまったと。

あの子達の才能を育てることができるのかと。が、そんな逡巡を吹き飛ばすように、子どもたちは勝手に走り出しています。

それを見て自分も頑張らなくてはと。

一方、恩田たちは男子サッカーの監督に直談判。

が、筋肉に何のメリットがあるのかと(笑)さらに男子部員が増えたからグランド明け渡せと(笑)

そして能見、ユニフォームを新調したと。自分でデザイン(笑)ダセー(笑)

ワラビーズの前途は多難です(笑)

07.恋わずらい

グランドを男子に渡して、遠くのグランドを使って欲しいという校長。

なら男子の練習に混ざりたいと言いますが、男子監督、余分な糖質と脂質でしかないと(笑)

ワラビーズ緊急ミーティング。深刻な案件が二つ。

一つ目、グランドの問題はあるが、練習はできるので保留。

が、早急に解決しないといけないのはもう一つの方。。。それは痛ユニフォーム(笑)カナブン(笑)

4月末には県予選が始まります(笑)

でも部費がもうないと。

そこに曽志崎、サッカー選手なら足で稼がないとと言います。

一方、多勢は男子監督に説得を続けます。が、ダメと。

能見は来て、一年が入り、チームは変わろうとしています。

多勢、自分も上手くなれるかもと。

あきらめろと言われ続けてきました。でも、あきらめないと。

2年生グループは、男子監督の弱みを掴む作戦に(笑)

そして曽志崎たちは、フットサルの大会に出場することに。商品券が5万円分と。

が、白鳥が来ません(笑)

しかしそこにいたのは、佃と井藤。佃キモポエム(笑)

そのポエムを周防に録音されてました(笑)一緒に試合に出てもらうことに(笑)

井藤も一緒に出場してもらいます。

なにはともあれ頭数は揃いました。

スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)