『さよなら私のクラマー 3巻』マンガ感想(ネタバレあり)

『さよなら私のクラマー 3巻』のマンガ感想というか備忘録です。

表紙のリストバンド、何かとおもったらきゅんこくって書いてある(笑)きゅうんこくが何かは読めばわかります。

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。

 

スポンサードリンク

08.インテンシティトレーニングゲット作戦

田勢たちの作戦ですが、筋肉監督相手に、色仕掛けも買収も効きません(笑)

フットサルの試合にでる恩田たち、ポジションを決めていきます。

佃、ゴレイロ(キーパー)でやる気をなくします。

が、大塩きゅんに新鮮だなと言われやる気に(笑)興奮するねとは言われてない(笑)

ミッション開始。これに失敗すれば黒歴史が待っています(笑)

多勢、買収に続き、脅迫(笑)が、逆にやる気をつける結果に(笑)

恩田と井藤、なんか意識しあってる(笑)百合か(笑)

九谷が井藤に絡んできます。井藤と佃と同じクラブにいたと。

その九谷とは、決勝で当たります。

九谷のマッチアップは恩田。

クラブの方針で、詩人はいらないと。闘士を求めていると。

女子サッカーは才能ではなく、フィジカルを求めていると言います。

しかしそれは恩田に禁句です。恩田、言い返します。

佃もとことんやってやると。

09.追う者追われる者

当たりが厳しく、フィジカル勝負じゃ分が悪いです。

が、恩田、当たりで九谷を飛ばします。そして挑発。でも腕痛がってる(笑)

そして井藤はボールさばきで観客たちを魅了します。

それに対して九谷、ゴリゴリしたサッカーで何が悪いと。。。

井藤、九谷相手に当たりに行きますが、当たり負けして、そのまま点が。。。

2-3で負けてしまいます。

一方、多勢たちは、再び色仕掛け(笑)結局失敗です。

準優勝だった恩田たち。しかし、3万円分の商品券をゲットしました。少しバイトすれば何とかなることに。

そして深津、筋肉監督を説得(脅迫?)(笑)ミニゲームだけ参加できることになりました。

ワラビーズの県予選が始まります。

スポンサードリンク

10.躍進のチーム

女子サッカー、埼玉県予選は新学期早々に始まると。まずはグループでのリーグ戦。そして上位2チームが決勝トーナメントに進出します。

ワラビーズ、躍動です。

が、恩田、正式に初の公式戦出場で興奮して眠れなかった(笑)

ユニフォームを見て喜ぶ恩田かわいい(笑)

でもそれで絶不調(笑)オウンゴールまでやらかします(笑)

そのせいで、4-5で初戦を落としました。

2戦目、恩田は罰で出場できませんでしたが、勝ったと。

体育でソフトボール。白鳥、サッカーよりもソフトボールやれ(笑)

そして恩田、足怪我した(笑)ソフトボール蹴るな(笑)

第3戦。恩田、足を痛めてますが、それでも出ます。

ベッケンバウアーの話再び(笑)

痛めた足でダイレクトスルーパス。ワラビーズ、Dグループ2位で通過です。

が、決勝トーナメント一回戦は浦和邦成です。。。

11.赤の軍団

埼玉県予選、8年連続優勝の浦和邦成。メンバーが濃い(笑)きゅんこくで3ページ使った(笑)

偵察隊からの報告。曽志崎のことを褒めると、チカの機嫌が(笑)曽志崎がワラビーズに行ったことが気に入らないみたいです。

そして報告には、お地蔵さんがいると。。。

試合当日。天候は雨です。

恩田、ジャイアントキリングの予感しかしないと(笑)

能見、浦和邦成の生徒にも人気です。

試合開始前に、お地蔵さんの正体が明かされます。やっぱり恩田でした(笑)ポジションから5mしか動いてない(笑)

試合開始。曽志崎は徹底的にマークされます。周防へのパスもチカに止められます。

浦和邦成、ここ2年埼玉では点を取られていないと。カテナチオを誇る絶対王者です。。。


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)