PS4で撮ったスクリーンショットをMacBookに移してみた

ブログにゲームのスクリーンショットを上げてみたいなと思い、ブログ更新専門機となりつつあるMacBookにデータを移してみました。

SNSに上げるという方法もありますが、今回はUSBで移動しました。

その方法を紹介します。

スクリーンショットの撮り方

まずはスクリーンショットの撮り方です。

知っている方も多いと思いますが一応。

必要なければ飛ばしてください。

コントローラーの左側にある「SHARE」ボタンを長押しするとスクリーンショットが撮れます。

しかし、スクリーンショットを多く撮っていると長押しするのが面倒です。

なので以下の設定に変更するのがおすすめです。

「SHARE」→「シェアとブロードキャストの設定」→「SHAREボタン操作のタイプ」→「スクリーンショット向け」を選択

これで「SHARE」ボタンを長押ししなくても押すだけでスクリーンショットが撮れるようになります。

 

USBメモリへのスクリーンショットの移し方

USBの用意

MacBookでも使用できるようにUSB 3.0とTYPE-C USB 3.1の両方に対応したUSBを用意します。
私が使用しているのは以下の商品です。

PS4とMacBookを経由するだけなら16GBで十分かと思います。
値段も2000円と手頃ですし、かなり小さいので邪魔になりません。
小さすぎてなくさないかの方が心配です笑

 

 

キャプチャーギャラリーを選択

PS4のコンテンツメニューからキャプチャーギャラリーを選択します。

コンテンツメニューにキャプチャーギャラリーが存在しない場合は、右端にある

「ライブラリー」→「すべて」→「キャプチャーギャラリー」

を選択してください。

次回以降はコンテンツメニューに表示がされると思います。

 

USBへデータ転送

USBをPS4に刺し、キャプチャーギャラリーからスクリーンショットを選びます。

「OPTIONS」を押して「USBストレージ機器にコピーする」を選択してデータをUSBに移します。

MacBookへ移動

あとはMacBookにUSBを刺して、データを取り出せば完了です。

PS4というフォルダの中にスクリーンショットが入っています。
(USBが文字化けしていますが、特に問題ありません)

 

まとめ

USBを用意する手間はありますが、大量のデータを移したいって場合は便利です。

是非試して、ゲームライフを楽しんでください。


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)