『キングダム 46巻』マンガ感想(ネタバレあり)

中華十弓であった蒼源の息子二人と出会い、信の部隊はさらに強化されます。そして次の戦いへ。。。

以下、感想と言うか備忘録です。ネタバレありなのでご注意下さい。

 

スポンサードリンク

493話

秦でただ一人中華十弓であった蒼源の息子二人。中華十弓は、的から500歩の所から的を射ての腕試しの催し。蒼源はその時の一位と同じ結果(十射中八射)を出せたと。

そして息子は、十射中十射。。。飛信隊への特例入隊です。

残りのメンバーも揃い1000人が新戦力として飛信隊へ入隊です。一部頑張りすぎて人数が多くなったので、減らしましたが(笑)

494話

昌文君、地下牢へ。法の番人である李斯に会いに行きます。

大王が目指す法治国家、法とは何かを聞きます。

法とは願い。国家がその国民に望む人間の在り方の理想を形にしたものだと。

それを聞き、昌文君は土下座して、李斯に協力を求めます。

スポンサードリンク

495話

李斯、大王の前に参上。他の者たちは反対するものが多数ですが、政は中華統一の宿願の前に、かつての因縁がなんだと言います。李斯、政の陣営へ。

昌平君、重い問題を抱えた顔つきと李斯に言われます。大王と二人で話したいという昌平君。

来年、趙へ進軍しますが、李牧が指揮する趙西部に攻略の糸口が全く見えないと。。。

複雑な防衛戦を引き、戦いは長期戦、10年になると。。。こちらは15年の期日があります。。。

かなりの犠牲が出るであろう奇策。邯鄲の喉元にある鄴を落とすと。それであれば3年で落とせると言います。

決断を迫られる政。。。

496話

灼熱の始皇11年の始まり。

鄴攻めの戦略を最小限の人数で練りますが、突破口が見つかりません。

誰にも見えてない道を探のだという昌平君。。。

蒙恬、王賁、そして信は咸陽へ戻れとの命令です。

497話

鄴攻めを聞かされる3人。

蒙恬、李牧も欺ける恐ろしい一手だと。しかし王賁は自殺行為と言います。

3人を召還したのは、作戦に自信がないからではなく、3隊の動きが戦略として重要になからだと言う昌平君。

瞬間瞬間の的確な現場判断が必要になると。

そして政から一言。この戦はあえてこれからの難関の一つでしかないと言います。ここで武功を挙げて、3人ともに将軍へ昇格しろと。

そして総大将は。。。

498話

軍を率いるのは、桓騎将軍。そしてもう一人。。。楊端和将軍です。山の民も参戦!

そして総大将は王翦将軍。

今回の戦は、3軍で打って出る、連合軍戦です。。。

499話

壁、王翦が総大将で本当に大丈夫かという疑念が。それは昌平君も疑念を抱いていると言う貂。

しかし王翦は、昌平君の軍略の師でもある六将胡傷が認めた人物だと。

信、政に王騎将軍の矛を持ってきてもらいます。。。とうとう王騎将軍の矛を信が手にしました(´;ω;`)

500話

連合軍、趙へ向けて出陣です。

その話は李牧にも伝わります。

楊端和と会話する貂。貂、気負いすぎだと言われます。李牧をどこまで欺けるか、戦はもう始まっていると。

金安から黒羊に続く兵糧の列は、偽の兵站。実際の兵糧は金安に集積されています。

501話

舜水樹が金安の不自然さに気づき、李牧へ伝者を送ります。

ちょうどその時、王翦の元に間者からの急報を受け、全軍の進行を速めます。

そして王翦が受けた急報と同じものが李牧にも。

燕のオルドが趙へ進軍しました。

502話

王翦より、鄴へ進路を変えることが伝えられます。もたつく隊があれば首をはねると。

燕の侵略に会う趙。李牧、東の守りを固めようとしますが、燕の武将オルドは青歌へと。

そこには三大天の任命を断った司馬尚が。李牧、司馬尚に任せることに。

しかし、舜水樹からの報告を聞くことに。鄴への進行に気づきます。。。

スポンサードリンク

503話

李牧から邯鄲へ急報。邯鄲の軍を列尾に送り、秦の侵入を防ぐようにと。

しかし、趙の大王は動かず。なんだこの風呂(笑)

鄴周辺の城から兵を集めることに。

李牧、急いで王都圏へ。

秦軍は、黄河に沿って列尾へ。そして開戦は桓騎軍が。。。


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)