『この素晴らしい世界に祝福を! 12巻』ラノベ感想(ネタバレあり)


このすば12巻です。

表紙の通り、ダクネス回です。女教師姿がエロい(笑)

そしてラブコメしてます(笑)と言うかイチャイチャしてます(*´ω`*)

ダクネスの快進撃です。。。

以下、ラノベ感想というか、備忘録です。ネタバレ全開なので、ご注意下さい。

 

プロローグ

ギルドが宴会騒ぎになっていると?

誰がMVPかをダクネスが抱く女の子に聞きますが。。。

第一章 この病弱な隠し子に安らぎを!

前巻からの続きです。

ダクネスに隠し子疑惑(笑)

女の子に名前を聞くとダスティネス・フォード・シルフィーナと答えます。

ダクネスの娘以外にないではないかと(笑)

ダクネス、いとこだと泣きながらに訴えてきました(笑)

幼くして母を亡くしたシルフィーナを、何かとめんどう見てきたと言います。なのでダクネスを母親のように慕っていると。

よく出来た設定と(笑)

シルフィーナ、体が弱いと。コンコンと咳き込みます。今夜は屋敷に泊まることに。

あまり辛いならアクアの回復魔法をと。。。アクアがいません(笑)説明をする前に屋敷から出て行ってました(笑)

ダクネス、シルフィーナを置いてアクアを追いかけます(笑)

カズマとめぐみんは残されたシルフィーナと遊ぶことに。

ママゴトです(笑)カズマが子供役です。グレたと(笑)

めぐみん、シルフィーナを見て、子供を持つのも悪くないですねと(*´ω`*)

カズマ、協力する用意はいつでもあると(笑)

ダクネスたちが戻ってきました。

アクア、やはり広めていたと(笑)

ダクネス、みんなに誰が父親かと。ロクでもない男との噂しか立てられてません(笑)

夕食後、みんなでシルフィーナを囲んで話をしたり、遊んだりと。

そして夜。カズマの部屋にめぐみんが。

一緒に寝ようと思って来たと(笑)

でも、カズマいい加減騙されないぞと(笑)

とりあえず話だけでもと言うめぐみん。

仲間以上恋人未満の件について、返事を聞きたいと。

恋人じゃダメなのかと言うと、それはそれで皆の前でどうすればいいかわからないと(笑)乙女です(笑)

アイリスの件で焦っためぐみん。仲間以上恋人未満になるのかと問います。

カズマ、どこまでオーケーなのかと。

めぐみん、いいでしょう、やりましょうと。明日の朝一番に?

お互いの認識が違うので合わせることに。

カズマ→子作り

めぐみん→デート

そう言えばデートしてなかったなと(笑)

こんな状況で冷静沈着なカズマを見ておかしいと思うめぐみん(笑)

カズマ、性欲がなくなって冷めてしまったと(笑)

めぐみん、ゴミでも見るような目です(笑)

それでもカズマが好きなめぐみんです(*´ω`*)

カズマ、ちょっと考えて見ると、いきなり結婚は重いが、付き合うのは構わないのではないかと。

そして本当にめぐみんのことが好きかもしれないと(笑)

とりあえず、仲間以上恋人未満の関係から始めることになりました(*´ω`*)

でも、恋人未満なのでエッチなことはお預けです(笑)

第二章 この成金達に絶望を!

翌日、ダクネスはシルフィーナを連れ、この街に住むにあたって、街の子供たちと遊ばせると言うことでいません。

そしてカズマとめぐみんが早起きなのを目ざとく気づくアクアです(笑)

2人ともデートを楽しみにしていたと。

が、アクアもついてくることに(笑)

でもやってることはいつもの爆裂魔法とその採点です(笑)

これがデートなのかと疑問に思う2人です(笑)違いました。これは家族で行くピクニックです(笑)

街に戻ると、ギルドから緊急の呼び出しがかかっていると。

ギルドにいきますが、冒険者たちは並ばされ、何やら怪しい雰囲気です。

そしてお姉さんが、今日は納税の最終日だと。この中にまだ税金を払ってない人がいると(笑)

動揺するカズマたち(笑)

今までは温情で見逃されていたと(笑)温情で見逃してしまうシステムにも問題がある気が(笑)

いくら取られるのかと聞くと、一千万以上の収入がある人は半分と。蜘蛛の子を散らすように逃げていきます(笑)いや、払えよ(笑)

と言うか税のシステムがひどい(笑)

逃げるカズマですが、ダクネスに鎖でつながれます(笑)ダクネスは街を治める側でした(笑)

アクアに支援魔法をかけてもらい、ダクネスごと連れ去る作戦に。

が、ダクネス重りをつけてました(笑)

そこでカズマはスティールを(笑)

全裸にしてでも軽くして連れ去ると(笑)

ダクネス、引き止め失敗です(笑)

そして逃げた先は。。。留置場の中です(笑)

婦警にスティールをかまして、猥褻罪で捕まりました(笑)

ここなら追っても来ないと(笑)

夜に釈放され、徴税官から逃げ切りました。

が、鎖で繋がったままのダクネスとカズマは鍵が見つかるまで一緒と(笑)

第三章 この想いに決着を!

夕食時の会話。二人で寝るのが心配ならと皆で寝ることに。

ちなみに今回の納税の件は、ニート化した冒険者たちを働かせるための措置でした(笑)

そして夕食後はお風呂ですよね!(笑)

結局風呂には入ります。が、ダクネスは足元だけ裸足になった状態です。躊躇なく全裸になれるカズマさん、ぱねえ(笑)

そして税収の話に。

最近の冒険者たちにはおかしな考えが蔓延していると。

働いたら負けと(笑)

流行らせたやつに心当たりがありますね(笑)

そして寝ることに。

が、めぐみんたちは一緒に寝てくれないと言います。

この機会に間違いでも起こりかねない程度に仲良くなってほしいと(笑)

そして寝ます。途中で目を覚ますと。。。

カズマの首筋が湿っていると(笑)

ダクネス、盛り上がっていたずらを(笑)

そして雑談。からダクネスに、めぐみんが好きかと聞かれます(*´ω`*)

カズマ、なんだこれと。ヤバイ雰囲気だと(笑)

ダクネス、めぐみんを異性として好きかと(*´ω`*)

正直な気持ちを話すカズマです。

そしてダクネス、このままがいいとつぶやきます。。。

カズマが誰かと結ばれたらこの関係は変わってしまうと。。。

恋人が欲しいのかと。女を抱きたいだけなら私でいいじゃないかと。。。

私じゃダメかと泣きながら言ってきました。。。

そしてダクネスからも好きだと言われます。

が、ダクネスの好みの男はひどすぎた(笑)

ただ、その好みからどんどん離れていったと。でも好きだと。最初はタイプのダメ男だからと。でも今の好きなタイプはカズマ自身になっていたと(*/ω\*)

そしてめぐみんに取られてしまうのが怖いと。。。

再度、私じゃダメかと。。。

カズマ、嬉しいと正直な気持ちを話します。

でも、既に誰かを気になっている状態だと。だから付き合えないと。。。

真剣に答えてくれてありがとうと。

そのまま出て行こうとするダクネスですが。。。

いいシーンが台無しだ(笑)

ダクネス、一発殴らせろと(笑)

さすがに悪いと思ったカズマは一発殴られることに。

目をつぶって待つと、唇にやわらかいものが(*/ω\*)

そして開き直ったダクネス。いや痴女ネス、いやエロネス(笑)

カズマを押し倒します(笑)

カズマ、抵抗して。。。ないなこれは(笑)

何レクチャーしてんだ(笑)抵抗する気ゼロか(笑)

そしてめぐみんとアクアがきました。

アクア、めぐみんにカードゲームで負けて、鍵を探してました。

そしてめぐみん、ちゃんと想いは伝えられたのかと、優しく微笑みかけました(*´ω`*)

ただ、一応何もなかったのかと聞くめぐみんです。

激しい抵抗で、何もさせてくれなかったと言うダクネスです。

何か手玉に取られているようだと感じるカズマは反撃。目を閉じた時のあれはファーストなんたらってやつでしたと(笑)

スポンサードリンク

第四章 この孤児院に愛の手を!

カズマ、無性にギルドに行きたいと。

キスして大人になったことを自慢するんだと(笑)

そしてギルドへ。

ギルドの雰囲気は一変していたと。いつになくやる気に溢れている冒険者たちです。

稼ぎの半分を持っていかれて、財布がすっからかんだと。

馴染みの冒険者がカズマに話しかけ、今回の件はララティーナが考えたんだってなと。

財政改善について話しますが、そもそも何に使っているのかと不満をこぼします。

そして、ここ最近ダクネスが小さな男の子に何かを教えていると。

アクア、ダクネスが普段何をしているのか気にならない?と。

街の外れにある孤児院にダクネスがいるととのことで、みんなで見に行くことに。

そこで聞こえてきたのは。。。ダクネスに向かってまだ僕たちには早いよと言う男の子の言葉が(笑)

が、やっていたのは教科書を配っていただけです(笑)

ダクネス、女教師姿です。子どもたちには昔から教えていたと。

皆はなぜここにと。

言えません。小さな男の子を買うために税金を掠め取っているかもなんて(笑)

そして男の子が大事そうに教科書を抱えます。そして申し訳なさそうな表情に。

孤児院のお金が冒険者たちから出ていると聞いたと。。。

静まる冒険者たち。。。

ダクネス、税収の件で恨まれているのではないかと。冒険者たち、そんなわけないだろと(笑)

そしてダクネスをからかい出す冒険者。

孤児院の中にダクネスと同じ金髪碧眼の子がいると言うことで見ようと中へ。

が、先ほどまで元気だった子供たちがぐったりしていると。。。

そこにバニルもやってきました。

バニル、コロリン病に感染するとは言います。

極めて特殊な病だと。

そしてそのキャリアはシルフィーナだと。

治療法は2つ。

感染した子達は回復魔法と解毒魔法で元気になるだろうと。

しかしキャリアには解毒魔法が効かないと。

特効薬が必要とのことです。

材料の一つに、高位の悪魔族の爪がいると。。。

が、バニルの姿は仮初めなので、土塊だと。

一人、この街の近くに知り合いがいると言うバニルです。

第五章 この悪魔伯と饗宴を!

ダクネスと2人旅です。

子供たちはアクアとめぐみんに任せます。

そして相手は悪魔とは言え、この国の貴族と。人間のフリをして社会に溶け込んでいると(笑)

そして向かおうとすると、アクアから避妊具もどきを渡されます。地面にはたき落とします(笑)

2人旅開始。

旅の途中、カズマの話をすることに。

日本の話。そしてネトゲの話も(笑)

特にトラブルもなく順調に進みます。

日本の話で、侍や忍者の話も。

旅に出る前の変なギクシャクなくなったかのように思えましたが。。。

夜、虫の音に月明かり、高まるムード(笑)

眠れないカズマです(笑)

そこにダクネスが声をかけて来ますが、寝たふりを。

ダクネス、何かを取り出すと、大音響が(笑)簡易トイレについてた機能です(笑)

慌ただしい一夜が過ぎ、目的の貴族の城へ。

この城の主人は、ゼーレシルト伯爵。通称、残虐公と呼ばれていると。

そしてやってきたゼーレシルト伯爵と交渉をするダクネス。

が、カズマはどう見ても不審者じゃないかと。

ペンギンの着ぐるみじゃないかと(笑)この怪しさ魔王軍のスパイも入りたい放題だと(笑)

そしてバニルの知り合いと知って、いきなり口が悪くなる伯爵です(笑)

その話はさておき、交渉再開。

金も土地も必要ないと。

貴族の遊びに挑戦してみる気はないかと言います。

闘技場でモンスターと戦い、強さを示せと。

しかもダクネス一人の指名です。

まずは1ダース近いゴブリン。

開始から10分。これは酷いと(笑)

ゴブリンに取り押さえられるダクネスです(笑)

ゴブリン相手に遅れを取る上級職(笑)

着ぐるみはこれは余興だからわざと捕まったと、何か勘違いして、ゴブリンを下げさせます(笑)

次はクルセイダーの天敵と。現れたのはオークのオスです(笑)

カズマもオーク先輩にかぶりつき(笑)

が、オークはダクネスに怯えています。

あのオークたちはきっとオークのメスにトラウマを植え付けられたのだろうと(笑)

そして次に、自ら相手にしようと、出るのは着ぐるみです(笑)

ゼーレシルトの城から出て宿を探すことに。着ぐるみとの戦い、ダクネスがプレイを楽しんだって何があったんだ(笑)

ただ、ダクネスから悪感情を得られなくて、着ぐるみの機嫌を損ねたと(笑)

そしてそこに現れたのはクリスです。ダクネスを助けに来たと。

最終章 このクルセイダーにエリスの加護を!

クリスが手伝ってくれると言うことは。。。もちろん城への侵入です(笑)

その前に、ダクネスとは、めぐみんとはどうなったのかと。色恋沙汰に興味津々の女神様です(笑)

めぐみんとはまだ何もしてないのに、フったダクネスとはキスしていることにパニック(笑)

そうやって夜まで時間を潰し、再び城へ。3人で城の中へ侵入です。

カズマ、ダクネスは、新入りなんだからカズマ先輩と呼べと(笑)

が、新入りめっちゃ活躍してる(笑)

奥に進むとオークが。クリスが剥かれた(笑)

が、そのおかげもあって地下に侵入成功です。

そして徐々に誤魔化されてることに気づくダクネスです(笑)

ゼーレシルトの寝室に着くと、ゼーレシルトが待ち構えてました。

クリス、悪魔とわかって容赦無く攻撃(笑)

そして着ぐるみから中身の触手が出て来ます。

触手に触れると焼けるような痛みが。でもダクネスは喜んでいると(笑)

ゼーレシルト、この娘はどこかおかしいと(笑)

ダクネスが気絶した後、アクアのだし汁を注ぎ込んでいたところに、エリスがやって来て着ぐるみをボコボコにしたと(笑)

エリスは怒らせると怖い(笑)

爪を手に入れ、孤児院へ。

が、シルフィーナピンピンしてます(笑)

子供達を助けると張り切ったアクアのおかげでした(笑)

が、実は危険な状態と。急いで薬を作ります。

早く作れ(笑)

エピローグ このままずっと

ダクネスとシルフィーナも連れてピクニック。もちろん爆裂魔法付きです(笑)

ダクネスがありがとうと。

そして自分が思っていた以上にカズマが好きだと(*/ω\*)

ただめぐみんとの仲を裂こうとも思っていないと。

でもこれぐらいはいいだろうとまた唇を(*/ω\*)

が、それをシルフィーナとめぐみんに見られるツメの甘いダクネスでした(笑)

それを広めに行こうとするとアクア(笑)

こんな暮らしがずっと続きますよにと(*´ω`*)

あとがき

あともう少しだけ?終わりが近いんですかね。。。

本巻も、最終回じゃないよねと思ったくらいの終わり方だったんで。。。

伝説の魔女

ウィズのところでお茶を頂いていると、めぐみんとゆんゆんがやってきます。

めぐみんとゆんゆん、氷の魔女がこの街にいると。

それウィズです(笑)

氷の魔女の噂が酷い(笑)

その結果、氷の魔女が魔道具店の店主だと公開されました(笑)

スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)