【世莉架ルートクリア】狂気はもういらないって言ったじゃん『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』ゲーム感想⑦

他の4ルートをクリアし、世莉架ルート突入です。

これで世莉架とらぶちゅっちゅっだな!

・・・おい制作陣、らぶちゅっちゅっの意味履き違えてんぞ。。。

以下、感想というか、プレイメモです。ネタバレありなので、ご注意下さい。

 

スポンサードリンク



ゲームプレイ

スクープになるいいアイデアはないかと悩む拓留。

思い出したのはクールキャットプレスのグラビア(笑)

そこに世莉架が。グラビアのことを考えていたなんて、思考盗撮で知られたくありません(笑)

しかし、乃々に言われて思考盗撮は自粛している世莉架。

さすがみんなのおかーさん(笑)

記事のアイデアがない拓留は足でスクープを探すことに。

そして世莉架と一緒にゲンさんのもとへ。ゲンさんのところで行われている女子高生ウォッチ(笑)世莉架、総合ポイント優勝だそうです(笑)

世莉架、拓留に自分のポイントは何点か聞きます。

自分の考えが思考盗撮されたのではと焦る拓留。しかし、そんなことはない様子。

そこにゲンさん登場。エロ本を拓留に売りつけようとしていたことが世莉架にバレます。これは思考盗撮では?と思う拓留。

なぜ自分たちがいるのに、エロ本を読みたがるのかと不思議がる世莉架。それは男だからだよ(笑)

本のようなことはさせてくれないだろうと反論する拓留。何をそんな正直に言ってるんだ(笑)

ここで妄想トリガー。

ネガティヴ。乃々に電話する世莉架。逃げ出した拓留は、青葉寮の結衣と結人の部屋へ。妹から足蹴にされます(笑)

来栖以上のドS(笑)そして拓留犬に(笑)

ポジティブ、えっちな世莉架が見たい(笑)

世莉架にダイブ!きっとルパンなみのダイブだったんでしょう(笑)

 

翌日の放課後。一緒にネタを探そうと誘いますが、用事があると断られます。

何やら乃々と雛絵に相談があるみたいです。

世莉架に病気?気になる拓留は後をつけることに。

世莉架、拓留の思考だけが見えなくなってしまったとのこと。

そんな大事なことなぜ言わないと出て行く拓留。が、世莉架に拒絶されます(笑)泣き出す世莉架。え?泣くほどのことなのか?

乃々に病気じゃないからと言われる拓留。医者の薬でも、草津の湯でも治せない別の病気です(笑)

自分の気持ちに気づいて、無意識に拓留の考えを読まないようにしたってところでしょうか?

しかし、今回の件が一大事を引き起こすと、不吉な予告。

 

・・・気づくとベッドに縛り付けられている拓留。一大事ってレベルじゃないぞ。。。

伊藤のイタズラと思いますが、こんな悪質なイタズラはしないだろう。。。

現れたのは世莉架。怖っ!顏超怖っ!

・・・ちょっと待って。。。らぶちゅっちゅっはどうした?なんで拷問シーンに入った??

え?縫い針?それ爪と指に?想像しただけでやばいわ!!

世莉架、ここを拓留と秘密の部屋にすると。。。

どうやらここは、AH東京総合病院みたいです。またここか。。。

もう一人の世莉架登場。あー、こっちの世界でも出るんですかー。。。

らぶちゅっちゅっ路線はもう無理なのか。。。

 

愛し愛されたいと言う拓留の願望で作られた彼女は、拓留の周りに女性が集まるように、白い人格を作っていたと。。。

私より好きな女ができるなんて嫌だ。他の女を想う拓留の心なんて知りたくない。。。そんな想いから思考盗撮を封じたと。。。

そして黒い方もおかしくなってしまい、他の女と楽しくしているだけで殺してしまいたくなると。。。

だから閉じ込めて自分だけのものにすると。もう、完全にヤンデレです。。。

そして蕩けきったキス。。。全然うれしくねー

 

念動力で徐々に拘束を緩めて、逃げる算段をつける拓留。

少し緊張が和らぎ、トイレに行きたいと、世莉架に訴えます。が、シモの世話も(笑)

それからは、白の世莉架と恋人ごっこをすることに。そうしないと白の世莉架が壊れてしまうと黒の世莉架に忠告されます。

恋人同士(ごっこ)になったとと言うことで、はい、あーんイベントです。

背景がこんなところじゃなければよかったなーーーー!

脱出の機会を伺っていた拓留、黒の世莉架にはバレてました。

が、針を使って世莉架に対抗。針で傷が付けば、その傷について誰かが怪しむと。

しかし、外に出ずにもうずっと二人だけでここにいればいいと言われてしまいます。

そして世莉架、拓留と寝ると言い始めます。が、はわわわしか言わない世莉架(笑)規制が入った(笑)

そして黒の方が出てきます。お前もか(笑)

 

今はまだ恋愛も恋はもわからないけど、いつかそう言う風になる可能性だってある。その時、もっとも恋人になる可能性が高いんだからこんなことはやめろと言う拓留。

世莉架、自分のまわりに女を集めて、世莉架にくっつけさせることが目的の都合の良い女だと告白。

しかし、白の世莉架が拓留を好きになってしまい、自己矛盾に。。。

自分が間違っていることはわかっている世莉架。巨大な針を自分の首の動脈めがけて。。。

必死に念動力で抑える拓留。そして黒の世莉架が出てきて、自殺は止まります。

拓留、まさか最初の拷問の時にそんな行動に出ていたなんて。。。冷静すぎる。。。

そして神成たちの助けが。しかし、妄想シンクロで、この部屋は絶対に見つからないと。。。

だと言うのに、外に出ていこうとする世莉架。自殺なんかしなくても、拓留が忘れれば消えると言います。。。

拘束具を弾き飛ばし、世莉架を抱きしめる拓留。

全部、新聞部のネタのために自分がやったことにしようと言う拓留。。。

「僕の人生は、お前と一緒にあるから」この言葉で再び黒世莉架の登場。

黒の言葉に、この世界が夢だと、本当の現実は残酷な世界だと思い出します。。。

そして再び現実の世界で戦うことに決めた拓留。。。

 

ねえねえ、らぶちゅっちゅっは???

まあね。。。プロローグがシリアスだったから、最後はそうなるんじゃないかと思ってはいましたが。。。

しかし、もうちょい普通のラブラブにしてもらいたかったなー

 


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)