『りゅうおうのおしごと! 6巻』ラノベ感想(ネタバレあり)

『りゅうおうのおしごと! 6巻』のラノベ感想と言うか、備忘録です。

人を超えしものが・・・

以下、ネタバレ全開なので、ご注意下さい。

 

 

将棋の神様

当時六歳の八一。師匠から将棋の神様に嫌われたら上に行くことはできないと言われます。強くなってもプロになれないと言われ震え上がる八一。

神様に好かれる方法を聞きます。

でも銀子は、神様なんていないと。

当時、八一は銀子のことを妖精だと思っていたと。そしてプロ棋士の家には将棋の妖精が住んでいるんだと思っていた八一です(*´ω`*)

銀子、将棋の神様はどこにいるのかと。教えてくれないと信じないと。

そして師匠がさしたのは。。。?

その不思議な場所で実際に将棋の神様が降りてきたのを見たと。それから二人は将棋の神様の存在をずっと信じていると。。。

第一譜

スポンサードリンク

診察

八一、頭の中から将棋盤が消えないと、女医に相談します。

時間も飛ぶと。将棋のことを考えただけです1日が終わると訴えます。

が、女医からは小さな女の子は好きかと。診察結果はロリコンですねと(笑)

外科手術が必要(笑)

そして女医やナースが幼女に(笑)

そして手術。きりゅー(笑)

もちろん夢です。どうしてこんな夢を、じゃない(笑)

でも、病院に行ったこと、竜王戦以来、頭から将棋盤が消えないのは本当と。。。

新品の盤

あいに初夢が怖かったことを伝えます。

あいの初夢は、とても幸せな夢だったと。師匠と一緒に将棋を指す夢と(*´ω`*)

そしてあいの作ったお雑煮を食べます。

あごからとった出汁ですか。美味しそう(*´ω`*)

あい、自分の家庭の味に早くなれて欲しいと(笑)

八一は新品の天地柾の七寸盤にご満悦です。

そして1月5日は将棋界の仕事始め。大切な儀式があると。

スポンサードリンク

指し始め式

一年で始めて将棋を指す日です。

八一は関西本部の総裁、関西のドン、蔵王九段から上座に座るとええと。

蔵王は指さずに先に下へ行くと。

帝王を見送ります。80歳で現役ですが、今年で引退と。

上座で相手を待つ八一。みんな一歩引いてる(笑)

来たのはあい。でもせっかくだから普段指せない人と指して欲しいと。

が、あい、最近冷たいと。前は毎晩いろんなことを教えてくれたのにと(笑)

あいと天衣に盤を囲んで欲しいとの要望で二人が指すことに。

天衣、神戸のシンデレラ(笑)

関西の人々

指し始め式を終えると新年会です。

師匠はもう潰れています(笑)

未成年は挨拶回りや取材です。

八一のところに、小学生棋士なる可能性があるという椚創多二段が。え?そうた(笑)

奨励会でもプロと遜色のないものもいると。ではなぜプロになれないのか。将棋の神様とこぼす八一です。。。

そこに奨励会最年長29歳の鏡洲飛馬三段。

八一が奨励会で一番お世話になった人だと。

新人戦で優勝したこともあるとのこと。

親分肌の鏡洲。良い人だからこそ将棋に使う時間が減り、出世が遅れると。。。将棋の神様は嫉妬深いと。。。

そこに謎の叫び声が。

桂香に子供達を連れて逃げろと言います(笑)

シューマイ先生

おち●ぽおおおお!!と言う絶叫が(笑)

やってきたのは着物美人。銀子を出せと、一升瓶をラッパ飲みし、日本刀を振り回します(笑)

囲碁史上初の女性タイトル保持者、本因坊秀埋。タイトル獲得後は、シューマイ先生と呼ばれるようになったと。

でも単なる痴女です(笑)

シューマイ先生を心から尊敬する銀子は、お●ちんぽを指しながら将棋するのかと言う暴言にも真っ赤になりながら否定です(笑)

銀子、八一を盾に(笑)

そして、お●ちんぽしてないことに激怒(笑)

銀子に膜も破れてないのに、才能の壁が破れるかと(笑)何言ってんのこの人(笑)

が、シューマイ先生の口癖。強烈な努力が必要だと。

それのために絶対必要なものがあると。。。お●ちんぽだと(笑)あれ?良い話をしていたと思ったんですが(笑)

八一、うつむいた銀子を宥めます(笑)

が、この事件が想像もできない事態を引き起こすと。。。

編入試験

奨励会編入試験。年齢的に入会が叶わない人を、特例で三段リーグに編入される試験。その対局を行うのが銀子です。

編入者は元奨励会三段の辛香将司。

対局の前に辛香、退会駒を使っていいかと。。。その執念に圧倒される銀子です。。。

そして勝負に負けました。。。戦う前から勝つことしか考えていなかった辛香に勝負師として完全に上を行かれたと。。。

第二譜

初詣

JS研とのみんなで初詣。シャルかわいい(*´ω`*)

が、あいの怒りが(笑)

そしておみくじ。あい、出産まで気にするJS(笑)

八一の運勢は、傾けるとロリ(笑)幼いほどよし。ってなんだ(笑)

JSはじめ

JSと書いてひめ(笑)

初詣の後は、八一のアパートで初JS研。と言う名の女子会(平均年齢一桁)(笑)

朝から様子がおかしかった澪。竜王戦を見て、女流棋士になりたいと告白です。

八一、澪の気持ちはわかったと。でも早くデビューすることが全てではないと。プロの世界はチャンスが有限。強くなってから女流棋士になるしかないんだと。

結果を出すことが強さだと。。。

そして澪に日本一になりなさいと。小学生でも、中学生でも、高校生でもいいからアマで日本一になりなさいと。。。

そして相談に乗ったらJSに告られました(笑)あれ?そんな流れだったっけ(笑)

あいのヘイト値が溜まりました(笑)

そして負けないと将棋を指すJSたち。

が、あいが新しい将棋盤を割ってしまいます。

体で返すしかないと脱げ出します(笑)初脱ぎ(笑)

お嬢様のお正月

天衣との今年初レッスン。

昼間のことを話すと、ロリコン変態自慢かと(笑)

家族の話になって、両親のことを思い出させてしまい、謝る八一。

女流棋士になったお祝いは何が良いと聞きます。

いらないと。強くなりたいだけと言う天衣です。

ならばデビューさせてやろうと言う八一。棋士や奨励会員しか入らない棋士室に。

帝位来阪

銀子、辛香に負けた二日後、記録係をするために再び連盟にやって来ます。記録係って争奪戦なんですね。

対局は生石と帝位、於鬼頭曜。A級在位やタイトル保持が当たり前とされるS級棋士の一人です。

名人の次に覇権を握ると考えられていた天才中の天才と。

一度その地位から転落したが、以前よりも強くなって戻って来たと。以前よりも遥かに多くのものを失って?

銀子はこの人の対局が見たかったと。そこに強くなる方法、人類を超える方法が隠されているはずと。。。

棋士室デビュー

公演デビューと同じくらい重要なイベントだと、八一は大丈夫かなと心配してます(笑)

鵠記者って万智だったんですか。わからなかった(笑)

記者デビューのことを鵠に言うと、同情するような表情で頷かれます。

出入りは自由だが、居場所があるかは別と。

しかも竜王の存在が、棋士室デビューを阻んでいると(笑)

八一のデビューはうまくいったとのことですが、銀子が失敗したと。。。

生石に食ってかかった銀子は、振り飛車党から総スカン(笑)空銀子を潰す会の結成(笑)

鵠に案内をお願いできないかと頼みますが、断られます。色気が(笑)

そしてあいたちがやってきます。

鏡洲が天衣と対局を申し出ますが、師匠と同じくロリコンかと(笑)

しかも天衣は椚をご指名です(笑)

そして対局。椚、初手で意味のない手は何かと天衣に聞きます。そしてその手をうつ椚です。天衣、殺すと(笑)

が、椚の圧勝です。

天衣は怒り、あいは結局八一にべったりでデビューは失敗だと(笑)

二人にはまだ経験して欲しいデビューがあるのにと。

はじめての大盤解説

女流棋士にとって聞き手は避けられない仕事とやるなら早い方がいいと。

が、二人にはそのことを話してませんでした(笑)

天衣から本物のクズと罵られます(笑)

まずは、あいから。

大盤解説を見ることが少なかったのでは?と言う質問にあまりないと。でも八一が解説していたのは見たと。鹿路庭との解説です(笑)地雷を踏みぬきました(笑)

話は解説ではなく、八一がおっぱいが好きかどうかを問い詰める場に(笑)

強引に次の一手クイズに持っていこうとしますが、クイズの内容は、八一の好きな女性のタイプに(笑)

荒ぶったあいは、開始15分で天衣と交代となりました(笑)

天衣に声援を送る晶。無茶しやがって(笑)

天衣、敬語に切り替えてお仕事です。そして意外にもスムーズに話が進みます。

話は於鬼頭帝位のことに。天衣、コンピュータに初めて負けたプロ棋士であることを言います。タブーに触れ、場は凍りつくと。

タブー無視なトークに客は火がつき、収拾がつかなくなり、天衣も途中退場です(笑)

肝心の対局は、於鬼頭の勝利です。生石の負け方はよく知るパターンだと。人がコンピュータで負けるパターンと。。。

対局室へ。感想戦は第2ラウンドと表現したくなるほどの白熱したやりとり。

感想戦は終了し、出て行く於鬼頭。

残された生石は、八一と銀子に研究会をしたいと。

第三譜

きまずいふたり

京橋駅で銀子を待ちます。

竜王戦第3局終了後に銀子に言った酷い言葉を謝罪しようと決意する八一です。

あれ以来、二人だけで会うのは今回が初めてと。

二ヶ月も銀子に無視されています(笑)

そして銀子がやってきます。。。私服の銀子かわいい(*´ω`*)

謝ることも研究会のことも忘れ、手を繋いだらまずいかなと考える八一です(笑)

が、あれこれ考えてるうちに目的地に着いてしまったと(笑)

ゴキゲン研究会

生石との昨日の将棋を検討。

生石と銀子が早々に失敗の烙印を押そうとした手に、八一がアレンジしたと。

また精神の加速を感じる八一です。

そして生石、参ったと。

いつの間にか3時間近くが経っていました。時間の感覚が捻じ曲がっていたと。。。

銀子、化け物を見るような目です(笑)

生石、これを一晩でと。マジで王だなと言うつぶやきが。。。

八一、使える手ではないかと。

そしてソフトを使っての研究を勧めます。

が、ソフトの評価値や最善手をそのまま使えるわけではないと。人間とコンピュータではそもそもの出発点が違うと言います。

生石、今後検討する余地はあると。しかしいきなりソフトの力を借りるのも難しいので、防衛戦まで付き合ってくれと言います。もちろん了承するふたりです。

一区切りつき、飛鳥が食事を持ってきてくれます。

飛鳥を褒める八一に、不満顔の銀子です(*´ω`*)

桜ノ宮

研究会の帰り、八一を無視し、逃げようとする銀子(笑)

そして八一を連れて降り立った駅は桜ノ宮と。

関西有数のホテル街です(笑)

銀子が向かったのはHOTEL白雪姫(笑)

そしてプレイルームにひきづりこまれる八一(笑)

銀子、キスしようとして頭突きの誤爆(笑)

銀子、シューマイ先生に言われたことをやはり気にしてました。

八一、急に変わることなんてできないと。変わらずに努力し続けることが重要だと銀子を諭します。

好きでもない男とこんなことをするのはやめてくれと。。。

そして銀子は、八一なんて大嫌いと。。。

最後の方は本音のキライでした(笑)

一線

涙の跡を流すためシャワーを浴びる銀子。

そして着替えてきたのは、セーラー服(笑)色々短い(笑)

そして抱き枕が欲しいと(笑)指一本でも触れたら通報(笑)拷問です(笑)

そしてシューマイ先生が言っていたことは強さに関係ないと思うかと聞きます。

ないと思うと。八一も経験ないのかと(笑)

今は本当に将棋が恋人と。銀子ならわかってくれるでしょと言いますが、ならなぜ自分は勝てないのかと。。。

八一、体力がないんだと思うと。三段リーグは死刑囚同士のデスマッチ。。。

そして銀子には振り飛車が言います。

プロになったと後のことは、プロになってから考えれば良いと。三段リーグを勝つことだけ考えるように言います。

体力つけないとと言う銀子に、水泳なんかいいんじゃないかと。俺も一緒に通いますよにへんたい、えっちと(笑)

そしてあいの話をすると噛み付かれます(笑)

もうラブラブなんですけど(笑)

朝帰り

JCとラブホで一泊(笑)

でも銀子に嫌われた自分はもうこんなことはないだろうなと(笑)

そしてアリバイ作り。飛鳥に一泊したことにしてくれないかと伝えます(笑)

まあ正直に言っても信じてはもらえないでしょう(笑)

飛鳥でこんな反応をするのだから、あいは。。。(笑)

母親との会話

帰宅。浮気旅行から戻った夫の心境(笑)

あいの様子を伺うと、珍しく母親とスカイプで話をしています。

母親との会話は。。。将棋のことではないと思います(笑)

あい、シャルが一番の敵と(笑)

しかし母は鵠、あのタイプが実は一番危険と(笑)

そして母、男女の仲で一番大切なの何かと。八一、そろそろ現実を見て、これが将棋の話ではないことを認めた方がいいです(笑)

一番大切なのは形式と。結婚(笑)

でもそれを待つのは長すぎると。なので既成事実(笑)何言ってんだこの母親(笑)

それが何かは自分で聞くなり調べるなりしろと(笑)

そしてお互い何をしていたかというと、将棋の話、研究だと(笑)

銀子の朝

起きて早々、ばかやいちと(笑)

今から振り飛車を指せと言う提案は、不可能だと。

才能があるなら別だとけどと。。。

今の奨励会でそんなことができる子がいるとしたら。。。

次の例会の相手はその子だろうと。

第四譜

あいちゃんは人気者

小学校の教室であいのサインをもらおうとする生徒たち。

そして同棲していることに黄色い声が(笑)

真の狙いはサインではなく、八一とのことです(笑)

ノロケるあい(笑)

が、JSたち、誰にでもわかる恋人の証拠が欲しいと(笑)ちゅーです(笑)

でも自分からはできないと(笑)

あい、美羽から恋愛テクニックを聞くことに(笑)

あい、ロリコンを殺しにかかる

タイトル(笑)

あい、ツンテールにイメチェンです(笑)

一億と三年に一度の美少女(笑)

八一、そのかわいさにやられます(笑)まさにタイトル通り(笑)

そして食事。あい、隣に座わります。斜め45度の視線、最強(笑)まさにタイトル通り(笑)

そしてあーんを要求(笑)

料理にキスの天ぷら(笑)さらにチュースパイス(笑)

いつもより疲れた八一です(笑)

そしてJS4年生と言う雑誌が。。。

内容は年上のカレを落とす100の方法(笑)ロリコン殺しショット(笑)

雑誌の内容を全部やられてました(笑)

そしてロリコンを殺す服(笑)

あいにお説教をしようと。

服を脱ぎなさい(笑)言葉を選べ(笑)

そこに桂香が(笑)やはりそういう関係なのかと(笑)

誤解を晴らそうとしますが、完全には晴らせませんでした(笑)

そして何かを決意した八一です。

道具屋筋

あいと天衣をつれてなんばグランド花月へ。

今日のお目当ては、道具屋筋と。

ここにくれば揃わない道具はないと。

脇道へ行き、会いに行くのは将棋の神様だと。

やって来たのは、天辻碁盤店。

盤師

部屋の中に入り、目の前にあったのは、女性の尻(笑)

全裸の美女(笑)

神聖な仕事場で、服を着るな、脱げと(笑)脱がないなら出ていけと(笑)

外に出ます。

中にいたのはシューマイ先生でした(笑)

彼女はプロ棋士と同時に、盤師でもあると。

あの痴女がと言う子供達の感情(笑)

あい、勇気を振り絞って聞きます。裸で刀持って何してたのかと(笑)

太刀盛りと答えるシューマイ先生。

盤に命を、神を宿す儀式だと。

酒が抜けると、痴女から淑女に変わるシューマイ先生(笑)ギャップが(笑)

本名は天辻埋(てんつじうず)と。

そしてあいが割ってしまった盤。あれは生盤と。

榧は割れやすいがくっつきやすいと。なのでセロハンテープではって置けば治ると。

そして刀を使ってマス目に線を引くことを太刀盛りと。

その際、誇りを立てないように全裸で作業していると。下着は履いてもいいのでは(笑)

そして水着でいいじゃないに、ハッとするシューマイ先生(笑)

女流棋士になった二人にプレゼントと、盤作りの秘技を披露すると言います。

太刀盛り

二人も服を脱ぐことに(笑)もちろん下着ですが(笑)

嫌がる天衣ですが、シューマイ先生の強さがわかるかもしれないと言われしぶしぶ脱ぎます(笑)

そしてシューマイ先生、水着です。スク水です(笑)

太刀盛り。シューマイ先生に何かが宿ったことを感じさせたと。

引いた線は20本、時間はわずか10分。それで榧の木は、将棋の神が宿る器となったと。。。

盤と駒

太刀盛りに圧倒された二人です。

そしてこの盤は、あいへのプレゼントだと。

弟子がプロか女流棋士になったら、師匠からプレゼントする習わしだと。

そして天衣には、駒と。駒には魂を込めて欲しいとお願いしてました。

しかし天衣、道具に神や魂が宿るわけないと。

が、駒を見て震えます。。。それは天衣の父親の書体でした(涙)

そしてアマ大会の棋譜を探してくれたのは鏡洲。。。鏡洲だけでなくいろんな人が天衣のために動いてくれました。。。

天衣とお父さん、一緒に将棋を指させてあげたくてと。泣き崩れる天衣(涙)

その駒には確かに魂が込められています(涙)

二人の弟子に、将棋が好きだと言う気持ちを忘れないでほしいと。みんなで一緒に強くなろうと(涙)

愛しき弟子たちに、将棋の神様の祝福を。。。

号外

泣き止まない天衣です。。。

これで天衣が変わってくれるきっかけになればと。

しかし不安も。この子の中にある隠された弱点も見つけたと。。。

そこに号外のニュースが。

史上初、三段誕生と。その人は。。。

第五譜

例会日

銀子、今日勝てば史上初の女性三段にプレッシャーを感じます。

報道陣からの質問ぜめが。。。

それを職員のみんながバリケードを作り、守ってくれます(涙)

最年少VS史上初

銀子、一局目は勝ちました。

そして二局目の相手は。。。小学生プロの可能性がある椚創多です。

銀子は、八一の振り飛車と言う言葉に縋りそうになりますが、居飛車を選択。

そして創多が選んだのは、正統、矢倉と。

鬼勝負

人を鬼に変える対局、鬼勝負。今回の対局はそれだと思う生石です。

そこにやって来たのは、新三段の辛香。

昔、三段リーグで、辛香の首を切ったのは生石でした。

辛香、銀子の応援に来たと。三段リーグで確実な白星をくれる相手だからと。。。

そして勝負の形勢は椚に傾きます。。。

創多、ソフトと同じ最善手を2分で出したと。。。

銀子、この子の強いと。。。

創多の王手ラッシュ。

それをしのぎ、自分にも勝ちが見えると。

しかしそこに予想外の一手。。。

血が凍りついたように固まる銀子。。。

創多、この一手で銀子の心を折ろうと。。。

対局時計が死のカウントを鳴らします。

考えるのをやめ、打った手は飛車を走らせ、裏返す竜。その文字に一瞬だけ恐怖を忘れました。

が、終わったと思う銀子。。。

しかし、その一手に電撃が走ったかのように動きを止める創多。。。

詰んでいると。。。

指運。将棋の神様が物語の結末を変えてくれたと。

史上初の女性奨励会三段の誕生です(涙)

人を超えしもの

創多、銀子におめでとうございますと。

そして衝撃の事実を聞きます。

創多、駒の盤は頭にありません。

読み筋が符号で浮かぶと。

ソフトの影響を受けてるとかではないと。コンピュータそのものでした。。。

将棋星人ならまだなんとかなる。同じ生き物だから。。。でも生物ですらない相手にどんな対策をすればいいんだと恐怖する銀子です。。。

勝負には勝った。実力ではなく、運で。。。けど、将棋には負けた銀子です。。。

次に当たったら絶対に勝てないと。。。

そして運で勝ち、これから三段リーグで戦うことになった銀子。実力で勝って来た三段たちと戦わなくてはいけない、その当たり前の事実に恐怖します。。。地獄だと。。。

八一、助けてと。。。(涙)

お祝い

桂香、お祝いするわよと、台所は大騒ぎです。

テレビでは銀子が記者会見を受けています。

途中、将棋とは関係ない質問も(笑)

最後の質問、目標にしている棋士はいないと。でもプロになったら戦い相手はいると言う銀子です。ただ、それはプロになってから改めてと。

記者会見が終わり、桂香から銀子を駅まで迎えに行くように言われる八一。

スポンサードリンク

決意

たすけてを繰り返す銀子。。。かみさまなんていないと。

しかしそこで出会ったのは八一。ああ、将棋の神様はいるんだと。。。

八一の胸に顔を押しつけるように、もたれかかります(*´ω`*)

わたしは八一が嫌いと。わたしのことを見てくれないから。わたしのことを好きになってくれないからと(*´ω`*)

けど、それも仕方ないと。他の人みたくなにかを持ってるわけではないから。

だから将棋しかないと。八一を振り向かせられるものは将棋だけと。。。

たとえ将棋を指している間にだけでもわたしを見てくれると。

だから、将棋の神様、わたしを四段にしてと(涙)

わたしが好きになったのは、将棋の星の王子様。

何千光年と言う隔たりを感じると。

神様に、どうかわたしを八一と同じ場所に立たせてくださいと(涙)

そのためなら死んだって構わないと思う銀子です。。。

あとがき

おじいさん(涙)

感想戦

棋士室を綺麗にしたあい(笑)これからは自分が管理すると(笑)

が、こんなステキな部屋で将棋を指すのはバカバカしいと(笑)本末転倒です(笑)

そして話は八一が婚約した話や、ラブホ街を歩いていたと言う話に(笑)

が、否定する八一。見てるのはおっぱいだけだと(笑)

それをあいに聞かれて。。。綺麗になった棋士室がまた少し汚れました(笑)

スポンサードリンク


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)