『妹さえいればいい。7巻』ラノベ感想(ネタバレあり)

『妹さえいればいい。7巻』のラノベ感想と言うか、備忘録です。

伊月と那由多のイチャイチャです(笑)、

が、後半シリアス。この作品のタイトルとなるあの人のお話が出てきます。

以下、ネタバレ全開なので、ご注意下さい。

 

スポンサードリンク

恋人ができた日

恋人同士になり、抱き合う2人です(*´ω`*)

そこに神戸がやってきて、伊月にやることがあるだろうと。

伊月、まずはドラマCDです。

仕事に戻ると那由多に言います。

女友達の反応

アフレコは時間をオーバーしてしまいましたが、終了しました。

翌日、蚕と一緒に那由多のお見舞いに来た京に、付き合うことになったことを言います。

おめでとうと言う京です。。。

そして蚕に伊月のどこが好きなのか聞かれます(笑)那由多も気になると(笑)

ハートフルボッコステーションの京に聞くことではないです(笑)

帰って行く京たちです。

そして伊月も帰ろうとすると、那由多がちゅーしてと。

唇を合わせる2人でした(*/ω\*)

スポンサードリンク

担当の反応

新しい企画を土岐に見せる伊月。

土岐、面白かったと。

が、この4姉妹は1人の人間の個性を分配したかのようだと(笑)ぶっちゃけ那由多だと(笑)

伊月、気づいてなかった(笑)

俺爆発しろと(笑)

企画はなかったことになりました(笑)

義弟の反応

千尋に報告です。

その反応は劇的でした(笑)

なんとか持ち直した千尋です(笑)

そしていちゃいちゃするのに、自分はもう来ない方が良いのではと言います。

が、生活力のない2人、千尋がいないと困ると。

これからも来ることになりました(*´ω`*)

親友の反応

那由多が退院したとのこと。親が迎えに来て、実家に戻ることに。

家が遠くなって寂しいと(*´ω`*)

でもこれからはお泊まりし放題と(笑)

ピンク色の妄想が止まらない伊月です(笑)

そこにやって来たのは目が据わった春斗です。。。

文句があるなら言えと言う伊月。

春斗、少年の日の思い出のエーミールの気持ちがわかったとだけだと(笑)

でもほんとうは怒っても、呆れてもいない春斗です。多分(笑)

税理士の反応

伊月と那由多が付き合いだしたことを、千尋からアシュリーに報告です。

アシュリーの目に不穏な色が。。。伊月には失望したと(笑)那由多の胸が大きいから(笑)

そして胸の女性が嫌いな理由はNTRたから(笑)アシュリー苦労してます(笑)

そしてカレシ欲しいと(笑)

変わらないものと変わりゆくもの

伊月の部屋で那由多の退院祝いです。

合わせてお付き合いについても改めて報告です(笑)

みんなで集まるのが久しぶりと言うことで、ゲームをすることに。

たほいやと言う辞書を使ったゲームに。

作家が有利なので、京と千尋にはハンデが与えられます。

最初の単語は、ひろきもちい。

作家からの知ったかが(笑)心理戦(笑)

ゲームは続き、途中那由多がいちゃいちゃし始めた(笑)

最後のターン。京は大きく引き離されチップも少ない状況に。

チップが足りない場合は私物を質草にすると(笑)

那由多の発言で京の下着がかけられることに(笑)春斗も本気出すと(笑)

が、下着を取られるのはなんとか免れました(笑)

そしてゲームは終わります。これまでと同じように集まっていつもの様に騒いでも、確実に何かは変わっていると感じる5人でした。。。

LEVEL4

退院祝いはお開きに。

しかし那由多は帰らずにいます。

恋人同士になってから初めて部屋で2人きりと(*´ω`*)

汗からいたからとシャワーを借りる那由多に、モンモンとする伊月です(笑)

そして伊月もシャワーを。。。

伊月、これはあれだなと。予習はバッチリです(笑)

させっくす!の掛け声でTシャツを脱ぐ那由多(笑)させっくすはイングランド南東部の地方です(笑)

そして伊月、毛も銀色なんだなと(笑)

宇宙一可愛いと(*´ω`*)

そしてベッドインです(*/ω\*)

微エロ小説に(笑)

ライバル出現

タイトルから早速那由多にライバル出現か?と思ったら千尋にでした(笑)

千尋対抗心が(笑)

最終的には仲良く(?)なりました(*´ω`*)

出会いと再会

出版社で海津と会う春斗。

相生の件はどうなったのかと。食事の誘いをのらりくらりとかわしていると言う春斗です。

はっきりさせた方が良いと言う海津。

2人ではなく、他の作家たちとの親睦会を開いたらどうかと。ぶっちゃけ合コンです(笑)

向こうは、相生と青葉が参加することに。

伊月と那由多には断られたので、たまたま一緒になった千尋を誘うことに。

合コン当日。なぜかアシュリーもいる(笑)

そして青葉の機嫌が悪いです。那由多が来ると聞いていたのに騙されたと(笑)

そして那由多が伊月の恋人だと知り、那由多に認めてられていると言うだけで、伊月の印象を一変させます(笑)

合コンは始まりますが、会話がない(笑)

海津も相生を、口説き落とすと言いながらも合コン口だけマンです(笑)

春斗の世話焼き気質から、話を振ることに。がしかし、結局気まずい雰囲気に(笑)

そして話はボードゲームのことに。まんまと相生に次会う口実を与えてしまう春斗でした。

千尋の趣味の話になり、ガンプラの話題に。

男3人(?)は盛り上がります(笑)

デコったネオ・ジオング(笑)

つか、ガンプラの話ながい(笑)女性陣は置いてけぼりです(笑)

 

Q&Aコーナー

相生が好きなラノベ。私も「蜘蛛ですが、なにか?」は好きです。

テンプレート・テンプテーション

合コンはガンプラで盛り上がった以外は、さしたる出来事もなく解散。

千尋が青葉を送ると。

海津、アシュリーと元々の知り合いらしく、2人で飲みにいきます。

そして結局2人になる相生と春斗です(笑)

相生、テンプレは本当に悪いのかと。作品を構成するごく一部の要素でしかないことに気づいたと。

春斗に言われ、ちゃんと向き合った結果、奥深さに気づき、異世界モノを本当に好きになったと言います。

そしてテンプレなんてものは存在しないと思うと言う春斗。

しかし大多数の読者はそうは思ってくれません、

だからこそこわいと言う相生です。。。多くの人はよくあるテンプレ作品の一つだと、読まずに否定されてしまうことが。。。

春斗、その恐怖を解消する方法はわからないと。

その恐怖は作家一人一人が向き合っていかないといけないと。。。

相生、春斗と同じ舞台に立つ覚悟が決まったと。

そらなら呼び方を先生から変えようと。

春斗先輩と言う呼び方にときめく春斗でした(*´ω`*)

THE LAST CRY IN HIDES

海津とアシュリーが2人で飲んでいます。

30代は給食で鯨が出てきた世代だと思われるのか。。。

そして話は三年前に。

最後にあったのは三年、共通の友人の葬式と。。。やはり表紙に載っていた人がそうですね。。。関ヶ原幽です。

天才ゆえにエキセントリックな言動もあったと(笑)

海津、仕方なくやることはやったと(笑)そのせいで彼女にフラれましたが(笑)

アシュリーも百合の取材のために振り回されたと(笑)アシュリー、遊びじゃなくてガチになってる(笑)そして黒歴史に(笑)

そして幽の最大のヒット作になったのが、妹さえいればいいと。

メディアミックスにもなり、幽は多忙になりました。

幽、海津から痩せた言われます。しかし楽しいと。

そして新人の話に。ぶっ飛んだ作品があると。こいつは本物の天才かキ●ガイだと(笑)

その新人はもちろん伊月です。

そして新人の授賞式で会う2人。

幽が心から楽しそうにしたのを見たのはそれが最後だと。。。

アニメ化は成功。しかし成功したことでアンチも多く生まれたと。。。

ああ、ありましたね、はがないでも同じように特定のページだけ抜粋して叩いているところ。。。

幽、それでも弱っている姿を見せず、明るく振舞っていたと。

そして伊月に売れた作家は、絶対に幸せにならなければならないと言います。心折れずに頑張れと。。。

その日、幽は血を吐いて倒れました。。。余命一年。。。

それでも妹さえいればいいの最終巻を書き上げました。。。

彼女の遺作にして遺言。。。

海津、この作品を絶対に読者に届けようと。。。

神戸と海津で幽の意識があるわずかな時間に改稿を行います。そして全ての作業が終わった後、眠るよう意識を失い、そのまま目覚めることはなかったと(涙)

そして海津の決意と言葉にも涙です(涙)私の好きな作家さんも若くして亡くなっているので、他の作家さんも健康でいて欲しいです。。。

聖夜

伊月、クリスマス・イヴが好きではないと。

尊敬する作家、幽の命日だからです。。。

しかし那由多とデート中。那由多、伊月の部屋に行きたいと。

が、伊月、初体験で那由多に蹂躙され、トラウマに(笑)もうこりごりだと(笑)どんなことされたんだ(笑)

夕飯だけとの約束で部屋に連れて行きますが、あれは嘘ですと(笑)させっくす(笑)

伊月と那由多の世界は平和でしたとさ(笑)

ぼーなすとらっく 妹のためのメルヒェン

ドラマCDの内容をリライトしたものです。

伊月、春斗、那由多、千尋でカタンの開拓者たちをプレイしています。

そこに京がやってきて、お願いがあると。児童向けのオリジナルストーリーを作ってくれないかと。

伊月、ギャラはいくらかと言います(笑)

那由多と春斗は別に良いと言います。

結局、伊月もやることに(笑)仲間はずれは寂しいんだねと(笑)

ターゲットは小学校低学年。普段のターゲット層と違いすぎて見当がつかないです。

童話の話になり、妹がメインのもの意外とあるなと、興味をもつ伊月です(笑)

そして子供の頃にどんな本を読んでいたかの話に。千尋の話が重すぎる。。。

作品はコンペ形式に。3人が一週間後に作品を出し合い、そこから優れているものを選ぶと。

そしてコンペの日。

まずは伊月から。やはり妹ものです(笑)

そしてプリキュ●を出してきた(笑)

伊月、勝利のためになんでもすると(笑)

さらにポ●モ●やゴ●ラまで(笑)兄の正体は仮面●イダー(笑)

しかもそれらのことはよく知らないと(笑)なんで使った(笑)

やりたい放題は続きましたが、普通におもろしかったとの感想です(笑)

そして次は那由多。教育に力を入れたと。精子くんの大冒険(笑)

京、感動して泣いた(笑)精子連呼です(笑)

那由多クオリティは健在と。

そして春斗。兄妹ものです。

ゲームの世界に吸い込まれた兄妹が力を合わせて冒険する物語。

完成度しては他の2人よりも見劣りしてますが、聴き手を喜ばせてあげたいと言うのが伝わる作品だと。

これは昔、春斗が妹のために書いてあげた作品とのこと。

那由多の作品が選ばれますが、性教育は各家庭の方針があるからダメと(笑)

そして伊月も勝ちたいがために、こんなゴミ作品を書いてしまうとはと原稿を引き裂きます。

春斗も大勢の子供に聞かせる作品ではないからと辞退。

誰の作品も選ばれることなくコンペ終了です。

それはそうと、千尋は春斗の妹が羨ましいと思いました(*´ω`*)

春斗、家に帰り妹に捕まります。作品が使われないと聞いてホッとする妹です(笑)

そして妹、今度またワタシのために作品を書くことようにと(*´ω`*)

スポンサードリンク

あとがき

ミズハスボイスのツンデレ妹(笑)それは許さない(笑)つかそんな有名な声優を使ったのか。。。ドラマCDも聞きたくなりますね~


BookLive!でオススメラノベ割引キャンペーン中!
値引き作品多数!以下からチェックしてみてください!


BookLive!でお得に購入する方法はこちらのページでも紹介してます!

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)