『さよならフットボール 1巻』マンガ感想(ネタバレあり)

『さよならフットボール 1巻』のマンガ感想というか備忘録です。

「さよなら私のクラマー」の1巻を読んで、まずこっちの方を読んだようが良いなと思ったので読むことに。全2巻だから読みやすそうでしたし。

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。

 

スポンサードリンク

第1話 じゃじゃ馬登場

藤第一中学校サッカー部2年の恩田希、男子相手に5人抜きに挑みます。

新人戦に出たいと。でも女の子だろと、ここは男子サッカー部と監督の鮫島に言われます(笑)

諦めないと恩田。チームメイトでキャプテンの山田に掛け合います。が、ダメと。

竹井は賛成みたいです。勝てばいいと(笑)

恩田、一回戦の江上西とやりたいと言います。

それでも女ではフィジカルが違いすぎると。

恩田、自分でもわかっています。

サッカーがフィジカルだけではないが、全ての中の一つと。

時間がないという恩田。自分だけ取り残されているみたいだと。。。

越前、ノンちゃんのサッカーには夢があると励まします。本気になったノンちゃんを止められる人なんかいないと。

それでも恩田、なぜ女なのかと。。。

なぜ新人戦に出たいのか。そこにナメックが出ると。スポ少で恩田の子分だった(笑)特訓(笑)いや、イジメ(笑)

そのナメックに街で偶然会いました。

第2話 あの頃と彼女の決意

恩田を親分と慕っていましたが、今は「恩田」と呼び捨てのナメック(笑)

すでに恩田よりも上手くなっていると言います。

サッカーはフィジカルだと。男というだけでおまえを超えたレベルにいるんだと。

そんなナメックにビンタです(笑)

何ができるか見せてやると。そして蹴り砕いてやると(笑)

が、監督へ試合に出させてもらう作戦はことごとく失敗(笑)

それでも試合に出たいなと言う恩田。。。

試合に欠かせない絶対的存在になるんだと練習を続ける恩田。ぶっ倒れるまで練習します。

それを担いで帰るテツ。一緒に帰るタケ。二人とも恩田が好きと(*´ω`*)

でも恩田が今見ているのがナメックと。。。それが気に入らない二人です。

スポンサードリンク

第3話 レギュラー奪取作戦!

紅白戦。恩田はレギュラー組を叩いて、ポジションを奪うと。

が、サブチームはいいようにやられます(笑)

まずはディフェンスを立て直し、カウンター狙いです。

一点をとります。

監督、恩田の凄さは認めています。だからこそ男でないのが惜しいと。。。

手応えはあったという恩田。

新人戦の登録メンバーが呼ばれます。しかしそこに恩田は呼ばれません。。。

第4話 そしてホイッスルはなる

試合開始です。監督からはサッカーを楽しもうと。

ナメック、上手くなっています。。。

前半は0ー0ですが、試合内容に監督から叱責です。

後半、順平がボールを持ちます。

が、本物の順平はトイレに縛られている(笑)順平かわいそう(笑)

では試合に出ている順平は。。。もちろん恩田です(笑)

アリガタク思エと、私自ら出てきてやったと(笑)

監督は悪寒が走ります(笑)

順平、トイレからの脱出ミッション(笑)

犯人は誰だって、一人に決まってるだろ(笑)

つか、この縛られてる絵酷い(笑)


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)