『さよなら私のクラマー 4巻』マンガ感想(ネタバレあり)

『さよなら私のクラマー 4巻』のマンガ感想というか備忘録です。

アダ、ただのオタクじゃなかった。。。

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。

スポンサードリンク

12.傷だらけの王者

浦和のフォーメーションは基本4-3-4。

しかしみそはサイドのフリーマン。サイドハーフ二人は中に入ってこないが、この二人が上がる、下がるで5トップにも5バックにもなると。

深津、このことは去年の練習試合で知ってましたが、言ってません(笑)

そして雨の中、ピッチは荒れ、技術の差がもろに出ます。

ジャイキルとか言ってる奴(笑)

恩田、活躍せねばと(笑)

桐島、相手チームを稚拙と。バカミドリと。曽志崎がいれば、久乃木になんかデカイ顔させないのにと。。。

関東予選一回戦で負けたことを思い出します。全ては自分の責任と。。。

打ちのめされても、叩きつけられても、何度も立ち上がって走り出すと。。。

負けて大泣きした少女はもういません。

そしてサイドが上がった時に出来るスペース。

それをカバーできるボランチがキモだと。

久乃木を倒して日本一になるのは私たちという桐島です。

13.約束

曽志崎の献身(笑)により、ワラビーズは、前半をなんとか0-0でしのぎます。

恩田、深津にどうやったら勝てるかと聞きます。

26番(桐島)をぶっちぎれとだけ言います。わかったという恩田です(笑)

桐島に地蔵、地蔵と言われる恩田ですが、その地蔵にぶっちぎられるマヌケになるんだと。

深津、桐島に自由に守備をさせないのが恩田の役目と。

恩田、井藤と約束してました。先に行ってと。絶対にぶっ倒しに行くからと。

そして恩田、桐島を抜きます。トラップでボールを落とさないまま。。。

荒れたピッチの中、単純名快な指示により、ボールコントロールへ集中していきます!

スポンサードリンク

14.隣を走る人

リフティングしながらドリブルをする恩田。

3人をあっさりかわし、そしてシュート。が、おしくも外します。

恩田のプレーに皆が驚きます。

恩田、中学は男子に混ざりサッカーをしてましたが、試合には出れず、一人ぼっち。

みんな、なんでサッカーを続けられているのかと。

それはみんなサッカーが好きだからです。。。

アスリートは孤独。でも一人ぼっちじゃないと。

15.エメラルドは輝く

桐島に恩田が張り付き、機動力を奪うことで、数的優位がなくなりました。

そして桐島の代わりに恩田につけられる選手はいません。

宝石(エメラルド)のような才能が輝いていると。。。

が、桐島は絶対に止めると。

恩田はぶっちぎってやると。

しかし桐島が恩田を潰しに来ていることを逆手に取り、曽志崎はチーム全員で浦和邦成を叩こうと。

恩田が、桐島に防がれますが、セカンドボールから曽志崎が攻撃に。

しかし、カウンター。。。

安達太良アリスにゴールを奪われます。。。

 


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)