『グランクレスト戦記 2話 野心』アニメ感想(ネタバレあり)

『グランクレスト戦記』のアニメ2話の感想です。

あらすじは以下。

メスト・ミードリックの聖印と領地を手に入れたテオ。しかし安息の時間も束の間、領地を奪い取ろうと近隣の君主たちが動き始める。最初に動いたのはセーヴィスの君主、ラシック・ダビッド。シルーカの先輩でもある契約魔法師のモレーノ・ドルトゥスを従え、小領ながら兵力を整え戦いに備えてきた野心家だ。ラシックに対抗するべく、シルーカは姉である邪紋使いのアイシェラを呼び寄せる。いま、テオの国の最初の戦が始まろうとしていた。

物語の中でも主要メンバーとなるラシックとアイシェラの登場ですね。

特にラシックはテオよりも主人公っぽいときがあります(笑)

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。(原作についても触れてますので要注意です)

スポンサードリンク

 アバンタイトル

ラシック、テオの聖印を奪うため、攻め込むと意気込んでいます。

Aパート

テオ、これが全部自分の領地なのかと驚きます。そして故郷のシスティナを思うテオです。。。

シルーカ、近隣の領主たちが競い合い、この領地を奪いに来ることは想定済みです。

そしてやってくるのは、野心家のラシックだと。

傭兵を雇うかを聞くアーヴィンですが、一人知り合いを呼ぶというシルーカです。

シルーカに友人がいることに驚くアーヴィンです(笑)

そしてシルーカは、ヴァルギャリー殿下を召喚。二足歩行の猫です(笑)それを愛でるシルーカ(*´∀`*)

殿下を呼び出したのは、アイシェラに伝言をするためです。でもアイシェラが苦手な殿下です(笑)

テオ、シルーカに目的を聞きます。

シルーカ、ファーストロードのレオンのような人物に仕えたかったと。

テオには自分の理想を忘れなければそれでいいと。その他は全て自分がやるというシルーカです。

一方、ラシックたちは出陣します。

テオ、自分は何をすればいいかとシルーカに聞きます。シルーカ、立っていればいいと(笑)

そしてやって来たのはアイシェラです。これでこの戦は勝てると。

スポンサードリンク

Bパート

アイシェラ登場。アイシェラはシルーカを溺愛しています(笑)そしてテオに敵意むき出し(笑)

そして開戦。

シルーカは敵と倒して行きますが、そこにモレーノがやって来ます。

アイシェラとアーヴィンはさっさと戦いを終わらせて、シルーカの援護に向かいたいところですが、敵に足止めを喰らいます。アイシェラに気に入られたペトルは顔が真っ青(笑)ちなみにペトルは今後もかなり活躍します。

そしてシルーカはモレーノ相手に苦戦中。

が、そこにやって来たのはテオ。劣勢と判断したシルーカを助けに来ました(*´∀`*)

そしてテオはモレーノを捕らえ、それをラシックに伝えます。

降伏するラシックです。テオたちの力を認めました。

そしてテオに従属したいと。それを受け入れるテオです。

また一つ聖印が大きくなりました(*´∀`*)

一方、ヴィラールはシルーカの行動を調査させることに。

 


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)