『りゅうおうのおしごと!1話 押しかけ弟子』アニメ感想(ネタバレあり)

『りゅうおうのおしごと!』のアニメ1話の感想です。

原作はラノベで、「このライトノベルがすごい!」の文庫部門で2017年、2018年の連続1位を取った作品です!

原作は笑えて泣けて熱い展開、さすが1位だなと言う作品でしたので、アニメも期待していました。

アニメはおそらく原作5巻まではやってくれるんじゃないかなと思っています。(5巻が一番熱いですし、物語の区切りとしてもちょうどいいので)その辺も合わせて期待しています。

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。

スポンサードリンク

アバンタイトル

最年少で竜王のタイトルに挑む八一です。プレッシャーに飲まれそうになっています。

それを一人の少女に助けられ、竜王になりました。

このシーンを先にもってきましたか。。。

幼女に卑猥な言葉をいわせるシーンではないんですね(笑)(原作のプロローグ)

時は過ぎて、11連敗のクズ竜王(笑)

なんかざっとキャラ紹介がはじまった(笑)名人の顔はやはり隠れるんですね(笑)

そして家に帰ると、あい登場です(*´∀`*)

Aパート

去年の竜王戦で約束したとおり、弟子入りしに来たあいです。

約束は守ると。その前に試験をするという八一です。

弟子にするつもりはないと。約束は別の形で果たして、弟子入りはあきらめてもらおうという魂胆です。

相掛かりで勝負を挑まれ、なめられたものだなと。

一気に決めようとしますが、あいがノッてきました。

本気で八一を殺そうとしていると。

が、それに勝負師として喜びを感じる八一です。

そして勝負はあいの負けです。

八一、いい勝負だったと。

が、あい、将棋をはじめて3ヶ月。衝撃を受ける八一です。。。

そのまま夜が更けるまで将棋をさしたと(笑)

次の日。エプロン姿の小学生が立っています(笑)原作ではここが強調されていました(笑)

そして将棋図巧を解いたと言うあい。異常だと。

才能があることを認める八一です。。。

が、小学生を弟子にしたら姉弟子にどんな目にあわされるかと恐怖する八一(笑)

しかし、そこにやって来たのは。。。姉弟子(笑)

そしてヤンデレ化するあい(笑)こわっ(笑)

詰んだ八一です(笑)

スポンサードリンク

Bパート

姉弟子の銀子の登場です。

あいの説明をする八一ですが、「で」を連発する銀子(笑)そして七寸盤の使い方が(笑)

あいに銀子の紹介です。

が、えすえむの人ですねと(笑)

師匠のもとへ行くことに。

あい、両親に相談せずに来ていました。

金沢の道場を紹介するという師匠ですが、八一じゃないとだめだと。かっこよかったからと(*´∀`*)

師匠、あいを八一の内弟子(住み込みで修行する弟子)にするように言います。

それを受け入れる八一です。

なんか師匠カッコイイですね。原作の初っ端のオシッコーのイメージだったんですが。。。

そして桂香の登場です。

銀子、おばさんにお怒りです(笑)

そして将棋会館へ。歩夢登場(笑)

あいを道場に連れて行きます。

シャルたちも早速登場ですね(笑)

八一は歩夢との対局へ。

ここまででだいたい原作1巻の半分いかないぐらいでしょうか。(最初のギャグパートがバッサリカットでしたが)

でもこのペースなら5巻まではやってくれるかなと。

 


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)