人生(クソゲー)攻略最前線『弱キャラ友崎くん Lv.2』ラノベ感想

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

1巻がおもしろかったので、ひきつづき「弱キャラ友崎くん Lv.2」も読みました。

1巻の感想は以下です。

 

以下、2巻の感想になります。ネタバレありなので、ご注意下さい。

 

あらすじ

 人生はクソゲー……ではないのかもしれない。少なくとも良ゲーであることは認めてもいい。学園のパーフェクトヒロインこと日南葵と付き合う(そういう意味ではない)ようになって、俺、友崎文也の価値観は根底からひっくり返されることになった。まあまだ神ゲーとは認めてないんだが、このゲームの最強プレイヤーである日南の指導のもと、レベルアップに励む日々だ。

季節は初夏。生徒会選挙の時期。日南が会長に立候補するのは当然として……え、みみみも出るの!? みみみをサポートすることになった俺は、これまでの経験をもとに日南に挑むが――?

発売即重版の話題沸騰作!! ちょっぴりレベルアップした弱キャラが挑む人生攻略論第2弾!

 

感想

前巻で、明るく話しやすい、七海みなみこと、みみみメイン巻ですね。

しかし、この名前、フルネームで呼ぶと呼びづらいです。

そりゃみみみとかになりますよ(笑)

前巻から順調に攻略を進めていっている友崎くん。

着実にレベルアップしていってます。

自分の容姿に自信が持てるようになってきました。

自分が自分の容姿を認められるってかなり大きいと思います。

現に友崎くんもさらにやる気を出してますし。

 

前巻、中村のとりまき以上でなかった水沢が結構表に出てきました。

イケメンリア充で、とりまきというか、参謀役って話でしたが、特に気にしてませんでした。

これから男友達枠として重要になってきそうです。

葵と付き合っているとの噂があり、内心動揺している友崎くん(笑)

 

そして生徒会選挙が始まりました。

葵が立候補しましたが、みみみも立候補することに。

そのサポートとして、裏方役を務める友崎くん。ブレーン友崎の誕生です(笑)

このラノベ、各章タイトルがゲームあるあるになっていて内容がわかりやすいんですが、「師匠キャラがボスになると詰むぐらい強い」は、まんまわかりやすいタイトルでした(笑)

今回のハウツーは「空気を操る」です。

なるほどなー。勉強になります。

「空気を操る」など、今までの葵からの指南を元に、打倒葵を目指しますが、葵が強すぎる。。。

まあ、みみみ&友崎ペア、手法はともあれ善戦はできたかと。

 

しかし、みみみって普段おちゃらけてますが、出来る子だったんですね。

それでも葵とは差があると。

改めて思いましたが、葵はいったいいつ寝てるんでしょう。。。

部活に勉強、そこに生徒会と入ったらもう寝る時間ないでしょ。。。

パーフェクトガールの影に努力ありはわかりますが、普通に才能が他よりも上としか思えないです。

もう努力でどうこうできる範囲じゃないでしょ(笑)

みみみでも相当努力家だと思いますよ。

雨の日にわざわざ練習をして、それが葵とみみみの努力の差だー

とか言ってますが、ちょっと違和感を感じます。

その日、みみみが雨を言い訳に練習しなかったと言うことを伝えたかったんだと思いますが、葵がわざわざ雨の日に「外で」練習しなくてもいいだろうと。。。

やるなら室内練習じゃないですかね。。。

もしそれで体調崩したら努力もなにもないだろうに・・・

まあそれもこのパーフェクトガールは考えてのことなんでしょうが。

ともあれ、これを機にみみみが部活を辞めるなどの一悶着がありましたが、最後たまちゃんのおかげもあり、まるくおさまってよかったです。

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)