『響~小説家になる方法~ 7巻』マンガ感想(ネタバレあり)

『響~小説家になる方法~ 7巻』のマンガ感想というか、備忘録です。ネタバレありなので、ご注意下さい。

スポンサードリンク

第52話 正体

テレビプロデューサーの津久井、あの響ではと疑っています。

ただ、仮にそうだとしてもメガネは認めないだろうと。

響、かよにこの話は他の人にしないと指切り。これはガチで針飲ませる気ですね(笑)

そしてふみから電話が。NF文庫新人賞に身に覚えがあるかと(笑)

著者が「ひびき」になってる(笑)

第53話 予感

ふみ、どうして言ってくれなかったのかと。

響、私は悪くないと(笑)

津久井からかよにペンネーム変えて良いかと話が来ていました。

ふみと話をすることに。

が、その現場を津久井に見られてました。津久井、響と確信します。

津久井の局の態度が(笑)いや、新人の態度にも問題ありですが。。。普通に謝れよ。

リカ、響に津久井のことを聞きます。

響、最終的に蹴り飛ばしそうと(笑)

スポンサードリンク

第54話 NG

進路希望で担任との二者面談。

が、それはリョータが勝手に埋めたと(笑)

しかも絶対の意思を持って決めてないだけってなんだ(笑)

津久井、響で特番をやりたいと。いや、許可取ってないだろ(笑)

リョータの店で小説を書いている響。

そこに祖父江が。。。

第55話 ハンカチ

リカが一人暮らしをするにあたって、夫婦で地中海の方に行こうかと。

響も一緒に来ないかと誘います。

リョータ、お茶漬けを出します(笑)さっさと帰れと(笑)

祖父江、リョータのことが嫌いだから、からかいに来ただけと(笑)

そして、祖父江、響に才能だけで芥川直木取ったのはどんな気分と。他の作家を蹂躙した気分はと(笑)

特に何もという響。そしてケンカを売ってるのかと。リョータ、やっちまえと(笑)

そして授賞式。子安がなんかカッコいい(笑)

第56話 壁

響の書いたラノベのイラストレーターとの打ち合わせ。

人気イラストレーター霧雨アメ。NF文庫がどうしてもと起用しました。

が、新人にリソースはさけないと。対して作品も読まずにラフを描いて来ました。

それを見透かした響、描き直しと、ラフを破ります。。。

第57話 傷心

降りると言うアメ。

しかし響は、描き直せと。

平手打ちに、背中を蹴り飛ばすといつもの響さんです(笑)

響、ケンカを売ったのはあなたが先と。

人の小説でたらめにいじって、傷つかないと思ったのかと。。。だからって暴力に訴えるな(笑)

そしてそのシーンを隠し撮り。。。指示していたのはもちろん津久井です。

夜、アメに電話して、ちゃんと読めと言う響。

あなたは悪だから、改心するか、絵描きを辞めてもらうかしてもらうと。

アメ、読んで面白かったら描く、つまらなかったら描かないと。

それでいいと言う響です。

第58話 天国

イラストが出て来ました。

そして2巻も。スタッフは絶賛です。

そんな中、文芸部は肝試し(笑)

そして本物の花子さんと会話する響、ぱねぇ(笑)

第59話 合宿

リカの運転で合宿に。

リカ、教習所に行かずに一発合格(笑)

運転するのは3回目と。乗りたくねー(笑)

合宿では、部誌を作るために、みんなで小説を書きます。

典子とかなえは何か目標を決めようと。打倒響(笑)

響、一人で山道を歩いていると、熊に遭遇(笑)

死んだふり(笑)それやっちゃいけないって聞いたことありますけど(笑)

そしてその話を小説にする響です(笑)

スポンサードリンク

第60話 継承

合宿二日目。

3年はこの合宿で文芸部引退と。かよ、やだと。。。

典子とかなえ。響の小説をこっそり読みます。

そして気づいちゃいました(笑)

響も認めます。絶対に言うなと口止め。したそばから(笑)

そして夜にみんなで花火。

そこで引退を正式に伝えます。

新部長はかよです。まあ響には無理ですね(笑)


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)