美女王総選挙開幕「Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-」ゲーム感想①

2017年3月30日にPS4/PS Vitaで発売された「Re:ゼロから始める異世界生活 -DEATH OR KISS-」の感想です。

リゼロについては、アニメから入ったんですが、1話を見た瞬間に原作に手を出していました。しかも「小説家になろう」の方です(笑)

ただ、全部は見れてません。4章の最後の方までは見ていたんですが。。。長すぎて(笑)

まあそれでも、アニメは原作で言うところの3章までだったので、アニメ部分はほとんど知った状態で見てました。

アニメは良いところ(ハッピーエンド)で終わらせましたよね。。。その次が一番大変な出来事だったのに、そこを省略するか!みたいな(笑)

まあ、アニメは綺麗に終わらせたかったでしょうし、仕方ないと思います。

さて、ゲームの方ですが、原作とは違って完全オリジナルとか。しかもアニメでは(原作でも?)ほとんど日の目を見ない次期国王候補者たちにスポットがあたっています。

しかも、バッドエンドは原作者も携わっているとか。。。そっち(バッド)かよ(笑)

ちなみに私はPS4での購入です。ちょうど同日に発売となっていた『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』を先に購入していたため、後から購入したリゼロのゲームは初回限定特典の表示はついていませんでした。

なので、水着コスチュームチェンジDLCはなしです。べ、別に欲しくなんてなかったし。。。

と思っていたんですが、届いたものには初回限定特典がついてました(笑)

ネットで購入したんですが、特に表示はなかったんですけどね。。。まあ嬉しい誤算です。

あるものは使わないともったいないですよね!

以下、感想というか、プレイメモです。ネタバレありなのでご注意下さい。

 

※『CHAOS;CHILD らぶchu☆chu!!』の感想はこちらです。

 

公式サイト

 

オープニング

スポンサードリンク

ゲームプレイ

ラム&レムにより、第一回ルグニカ王国『美女王総選挙』開催を宣言します。

その趣旨をロズワールが説明。本格的な王戦開始前に8日間の前哨戦で、総得票の多い者が優勝とのこと。

優勝商品は幸運をもたらす幻のミーティア。

エミリア、ちょっと無理はしているが、みんなに知ってもらう機会として頑張ることに。

その頃スバルは、呪いの発動を抑えるため、ベア子と一緒にいます。

しかし、ベア子がいようがいまいが、呪いは発動してしまう。首飾りの効果は解呪の時に反応するもので、ベア子がいないと働かないので仕方なく王都まで付き合っているとのこと。

どうやら優勝商品であるミーティアに呪いがかかっており、女の子とキスしないと死ぬ呪いにかけられたと(笑)

その経緯の回想シーン。総選挙の準備を手伝っていたスバルが唇の形をしたキモい指輪を見つけます。

え?これが幸運?どう見ても呪いです(笑)

そして誤ってキスすることに。すると声が。。。

「血を捧げよ

その対価に、異性との接吻の加護を授ける

解呪を望むならば、想いの通じた相手と接吻せよ

もし、この呪いを他者に伝えれば、耐え難い不幸が、お前を襲うだろう」

つか、声がロズワールじゃねーか(笑)

その後、特に何事もなく、ラム&レムと買い物をしています。

が、何もないかと思いきや、大通りであっさり車輪に引かれて死亡。。。

脳みそを掻き混ぜてじゃない(笑)

そして死に戻り。再びラムのレムと買い物しているところまで戻ります。

動揺が二人にバレて、先に戻ることに。が、その先で子供たちを助けて階段で落ちて再び死に戻り。

ちなみにその子供たちは、トンチンカンのジュニア世代、アンポンタン(笑)

 

短期間に不幸が続く事でようやくこれが呪いだと確信します。

こんなものが優勝商品なんてヤバすぎる。と言うことで、優勝者の手に渡ることを阻止することを決意。

頼りになるのはベア子だけと相談することに。

ベア子が人じゃないからOK?なんじゃそりゃ。まあご都合主義です(笑)

しかし、ベア子でも解呪できないとのこと。

ここまで不幸続きで、不満爆発のスバル(笑)そこで呪いが。。。

まさか、ゲーム開始初のチューがベア子とは(笑)しかもデコチュー(笑)

解呪には、異性と仲良くなって想いの通ったキスを3回する必要があると。

そして冒頭の首飾り。これは想いの通ったキスに反応するとのこと。

恋人や夫婦であれば問題のない呪い、まさに非モテなスバルを殺すためのミーティア(笑)

そしてオープニングです。

とりあえず、まずはクルシュ狙いで進めようかなー。

スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)