【第五特異点 北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナム】『Fate/Grand Order』ゲーム感想(ネタバレあり)

FGOのゲーム感想というか、プレイメモです。「第五特異点 北米神話大戦イ・プルーリバス・ウナム」になります。

相変わらず亀の歩みのごとくの進みですが、ようやく第五特異点まで来ました。

以下、ネタバレ全開なので、ご注意下さい。

スポンサードリンク

アバンタイトル

クー・フーリン・オルタ、凶悪な獣の王と化してます。。。

さらにメイヴ、アメリカ合衆国は消える、そして私たちの国が生まれると。

そして主人公は誰かの夢を見て、泣いています。。。

次の特異点についてブリーフィングです。

ソロモン王を倒さない限り、七十二柱の魔神も消えないと。

そして次の場所は北アメリカ。アメリカ合衆国です。

レイシフト開始です。

第1節 地に足を、星を見よ

1783年のアメリカに到着です。

着いた早々大規模な戦闘が発生していると。

その場所に向かうと、機械化兵士が。マシュ、バベッジと(笑)

そして機械化兵士がこちらを敵と認識。応戦です。

機械化兵士たちは撤退して行きますが、今度はケルト兵が襲ってきます。

ケルト兵も下がっていきます。

が、そこに何かが落下。

主人公がキリモミ回転しました(笑)

スポンサードリンク

第2節 クリミアの天使

切断のお時間です(笑)

切断する必要はないと訴えますが、スパッとやっておくべきと(笑)

ナイチンゲール、殺してでも治療すると(笑)

マシュが助けてくれました。

ここはアメリカ独立軍の後方基地と。

敵はアメリカ合衆国を成立させらないように動いていると。

やることは今回も同じです。

サーヴァントに協力を求めます。目の前の(笑)

敵襲です。

サーヴァントも2騎いると。ディルムッドとフィンです。

戦闘開始。

マシュ、攻めきれなかったと。

ナイチンゲール、けが人の気配がと言ってその場から去ります。

フィン、足止めをできれば良かったと言って、撤退します。が、その際に、マシュが敗北したら、嫁にすると言うフィンです(笑)

深呼吸するマシュです(笑)

第3節 星の欠片

ナイチンゲールと合流。

そこに現れたのはエレナ。

今、国は二つに分離しての内戦中と。

こちらはあたしたちの王が率いるアメリカ西部合衆国だと言います。

エレナ、主人公をマスターと認識しますが、すでに主人は定めていると。

エレナと対立です。

量産型バベッジです。科学の力を借りて大量生産に成功したと。

エレナたちと王は、蒸気より電気の方がいいに決まってるだろうと(笑)

量産型バベッジたちを倒しますが、エレナがカルナを呼びます。。。

そして宝具が。。。

第4節 キング・オブ・プレジデント

宝具をマシュが防ぎましたが、その余波で気絶したと。

そしてエレナの手で輸送中。。。

王に会ってもらうと。

そもそも東部はケルトが支配しており、ケルト人以外認めないと。だから降伏しても殺されるだけと言うエレナです。

王と謁見です。嫌な予感がすると(笑)

やっぱりエジソンです(笑)

え!?じ!?ソンなバカな(笑)

どうみてもライオンです。雷音ではない(笑)

エジソン、4つの時代を修正主人公に対し、一緒にケルトを駆逐しないかと。

ケルト人どもは時代を逆行していると。

こちらには統率された軍隊はいるが、一騎当千のエースがいないと。

世界を救うべき英霊たちが、敵を恐れて戦いを拒否するなど怠慢だと。

どう世界を救うのかと言う質問に対し、聖杯があれば、改良することで時代の焼却を防げるだろうと。異なる時間軸にアメリカという世界が誕生すると言います。

しかし他の時代は滅びると。。。

こちらに協力するかという問いに、聖杯は諦めてもらうと。

戦闘開始です。

機械化歩兵がキリないと。

そして地下牢へ。。。

第5節 クール・ハンド・フローレンス

ナイチンゲール、なんとか脱出しなければならないと。

そこにやって来たのはジェロニモです。出してくれるとのこと。

脱出です。

ジェロニモに他のサーヴァントたちを知らないかと聞きます。

あと2騎存在するので、後で紹介すると言います。

そして他にもサーヴァントは召喚されているみたいだと。

ナイチンゲール、ジェロニモはかつてこの国と戦った人物のはずと。時代を修正しても良いのかと。

何かを無かったことにするのは簡単と。それが不利益になることなら尚更。でもそれを堪えるのが戦士というものと。かっけー。

そして脱出の前に立ちはだかるのは、カルマです。

カルマをなんとか押し切り、逃げます。

第6節 ラーマは戦場へ行った

西部の小さな町へ。

ここに怪我をしたサーヴァントがいるので治療してほしいと。

名前はラーマ。コサラの王です。

クー・フーリンに心臓をえぐらてます。

治療をしてもすぐに破損してしまうと。

ナイチンゲール、どうすればいいと。

治療よりも解呪が必要とのこと。

生前のラーマを知っているものがいれば、ナイチンゲールの治療効果も上がるかもと。

ラーマの妻、シータがいるとのこと。え?Dr.ロマン、結婚経験あるの?

第7節 ヤングガン

ジェロニモが確認したサーヴァントは二人。ともにゲリラ戦に特化していると。

街に到着。

サーヴァント二人は敵と応戦中。

ラーマを背負ったナイチンゲールがまた突っ込んで行った(笑)

孤軍奮闘だったロビンフッドとビリーを助けます。

そして二人に方針を伝えます。

戦力として、あとセイバーとランサーがほしいと。

ロビンフッド、ビリーと会う前にセイバーとランサーに会っていると。ウルトラな問題児だけどと(笑)

第8節 マイ・フェア・レディ

メイヴとクー、主人公たちがサーヴァントと会う前に、フェルグスを向かわせます。

主人公たちは、そのサーヴァントに会いに。

ロビンフッド、憂鬱そう(笑)

そして敵。なぜか弱っています。

エリザベート(笑)何度も出て来て恥ずかしくないんですか(笑)

マシュ説得(笑)芸術(的に酷い歌)(笑)

なにはともあれ、ランサー獲得です。

次は東にセイバーを仲間にしに行きます。

第9節 スタア誕生

赤くはないけど、赤い人でした(笑)

ネロとフェルグスが敵対。

ネロに加勢し、フェルグスを倒します。

シータがどこにいるか聞くと、西に戻れと。

アルカトラズ島にいるかもしれないとのこと。

ネロ、ここで何をしていたかというと、ハリウッドを築くつもりだと(笑)

でもこのままでは観客もいないとマシュが説得(笑)

ネロも仲間に。

そして西へ向かい、サークルを作ることに。

第10節 アンビヴァレンツ・ステイツ

召喚サークルの確立です。

ここで休憩することに。

ジェロニモと今後の方針を話します。

ワシントンが敵の本拠地の可能性があると。

これからの作戦としてはやはり暗殺しかないと。

これまでのケルト人の動きから、おそらく首都は手薄だろうと。

しかしこれは賭けだと。

が、皆やることに。

部隊を2つに分けることに。1つはシータを探す部隊、もう1つは首都へ潜入し、暗殺です。

主人公たちは最後の切り札と言うことで、シータを探す方に。

方針は決まりました。

ジェロニモたちの部隊と別れ、アルカトラズ島へ。

第11節 ザ・ロック

アルカトラズ島へ行くために、ボートを借りることに。

しかし、竜種が住み着いているとのこと。

島へ行きます。

進んだ先には、竜殺しのベオウルフ。

ラーマ、シータのためにベオウルフに向かいます。

ベオウルフを倒し、シータのもとへ。

しかし、その姿はラーマと。

呪いで英霊になっても二人を引き裂いているとのこと。。。

私たちは出会えないと。。。

彼が目覚めれば自分は消えるだろうと。。。

ラーマの傷は治っても、呪いでまともには戦えないかもしれないと言うナイチンゲール。

シータ、なら自分の身を捧げようと。呪いを肩代わりすると言います。

本当に大好きと言って消えていきます。。。

ラーマ復活。そして今度こそクー・フーリンに勝つと!

第12節 戦士を憐れむ歌

斥候に向かっていたロビンフッド。

相手はどうやらパレードするとのこと。

暗殺はそのパレードで狙うことに。

顔のない王で近づき、ネロの宝具解放。

メイヴを討とうしますが、クー・フーリンが。

メイヴ、クー・フーリンを王にと聖杯に願ったと。。。

ネロの結界をも凌駕します。

さらにアルジェナまで。。。

大ピンチ。。。

ロビンフッドに連絡を託し、逃す時間を稼ぎます。

一方、主人公たちの前には、フィンとディムルッドたちが再び。

二人を倒します。最後の最後まで鮮やかで、軽くて、心地よい二人だったと。。。

そしてロビンフッドからの通信。しくじったと。。。

第13節 虹の彼方へ

ビリー、ジェロニモ、そしてネロも倒れます。。。

逃げて来たロビンフッドと合流。

ロビン、アルジェナに追われていましたが、スカサハに助けてしもらったと。

スカサハ、クー・フーリンに阿呆でも弟子は弟子と。介錯してやるのが情けだろうとやってきました。

クー・フーリン、ロビンを見逃すと。

スカサハをやるのは他に殺す相手がいなくなった時と言います。

スカサハがこちらに協力してしてくれることに。ただ共闘はできないと。殺すことしかできないからと。

加えて、あのクー・フーリンには勝てないと。。。

アレはクー・フーリンであってクー・フーリンでないと言います。。。

メイヴが願ったと。自分と並び立つほど邪悪な王にしろと。その結果があの狂王です。。。

まずはメイヴをなんとかすることに。

そこに敵襲。まずはそいつらをたおします。

そして李書文が現れ、スカサハに立会いを申し出ます。

スカサハさん、なんといじりがいのあるオモ(笑)

まず相手になるのはマシュと。

しかし、強いと。。。向こうも同様の意見です。

スカサハとの立会いは棚上げに。

李書文、この世界が救われる、救われないに関係なく、最後に刃を交えてくれないかと。

生きていたらと言うスカサハです。

そしてエジソンが何かに憑依されていると。ぶん殴れば正気に戻るかもしれないぞと。

そして去っていきます。

ナイチンゲール、患者のもとへ行くと。エジソンのところです。

エジソンの夢を醒ましに行きます。

第14節 ランニングマン

途中、ケルト人が街を襲っています。

ロビン、捕虜にできないかと。エジソンの本拠地にノンストップで行くにはああ言う捕虜が必要と。

捕縛し、ロビンに渡します。あとは自分の仕事だと言うロビンです。

機械化歩兵の身分を偽って捕虜の輸送中と言います。

機械化歩兵たちの挨拶(笑)

第15節 高き城の王

エジソンと通信。Dr.ロマン、ハッキングされた(笑)

ナイチンゲール、エジソンにあなたは病んでいると。

今からそちらに行くからベッドで休んでいろと(笑)

中に入り、カルナと対戦です。

が、エジソンから下がれとの命令が。

一時引くカルナです。

そしてエジソンのもとへ。

3人のサーヴァントと対決です。

3人を倒しますが、エジソンはまだ敗北しないと。

怪しい薬を取り出しますが、カルナに壊されます(笑)

ナイチンゲール、エジソンはケルト人には勝てないと。

聖杯で無限に出てくる戦士たちに、数で勝負するなど合理的でないと言います。

でもその仕組みに負けたくなかったと。安価で良いものを大量生産する、それがエジソンの天才性だからと。。。

そのことが、エジソンを無意識にムキにさせてしまったと。

そしてエジソンは歴代の大統領より力を与えられました。アメリカの未来を託すために。

その思念、怨念が取り付いていたと。

それが病です。。。

アメリカだけでなく、この世界を救わなければならないと。

世界を救う義務があると、そこから目をそらしているから、苦しむと。

そしてそんなんだから、ニコラに負けるのだと(笑)言っちゃった(笑)

崩れ落ちるエジソンです(笑)

が、立ち直りました。

エジソンたちも仲間になりましたo(^▽^)o

第16節 エルロンド会議

みんなで作戦を考えることに。

エリザベートの案は却下です(笑)特に歌(笑)

話は煮詰まってきました。

エジソン、体を動かすことに付き合えと(笑)

突き詰めると方法は2つ。

1つは暗殺。が、1度目の奇襲で用心深くなっているだろうと。

もう1つ、正面から迎え撃つ。

南北の二軍、片方は拮抗するだけでよく、もう片方で押し切ると。

その編成を主人公が決めることに。

一晩考えることに。そして編成は決まりました。

北をエジソンたちの最小限の人数が多いで抑えてもらい、南を主人公たちでワシントンまで一気に攻め入ると。

そして出発です。

南の指揮はラーマが取ることに。

スカサハは一人、クーとメイヴを抑える堰になると。。。

そしてカルナは全力でアルジェナを封じると。

二人が先に行き、こちらも進軍開始です。

第17節 黒い戦争

メイヴたちも主人公たちの動向を知り、討って出ます。

クー・フーリンはスカサハの相手をすると。。。

第18節 キリングフィールド

アルジェナの部隊が見えてきました。

カルナでも勝てるかどうかと言うラーマ。

しかし主人公は勝てると。

そしてカルナとアルジェナの対決。

カルナ、1つだけ約束しろと。

オレを討ったあとは、本来の英霊としての責務を果たせと。

了承するアルジェナです。

第19節 北米神話大戦 序

カルナ優勢です。

ラーマが、カルナの勝ちだと言ったところで、放たれたのはゲイ・ボルク。。。

クー・フーリン、スカサハは倒したと。。。そんなあっさり。。。

クー・フーリンと対決です。

ゲイ・ボルクが放たれそうになり、間に合わないと。。。と言うところで現れたのはマーリンです。

気まぐれのお忍びで助けてくれたと。

そしてカルナの一撃がクー・フーリンを襲いますが、倒しきれず、カルナも消えていきます。。。

下がるクー・フーリンです。ワシントンで待つと。

そしてナイチンゲール、アルジェナに治療を受けるかと。サーヴァントであろうとしてないと。アルジェナの想いは妄執だと。。。

ナイチンゲールの言葉で、アルジェナ、戦う必要はないと。

しかし決着はつけたいと。

アルジェナと対決です。

アルジェナ、気は済んだと。

そして自分がしたことの償いは必ずすると言って去っていきます。

アルジェナはやり直したかったんだろうと。カルナに射った矢を終生後悔していたと。。。

そしてワシントンを目指します。

第20節 北米神話大戦 破

マシュ、スカサハのことを考えていました。

スカサハには誰も勝てないと、心のどこかで安心していたと言います。

スカサハが正しかったと。でもなぜスカサハが敗北したのかがわからないと。

スカサハとクー・フーリンとの対決。

クー・フーリン、生前は王になる気はなかったと。

王になった結果、王になろうとしていると。。。

問答は尽きたと、スカサハ、ゲート・オブ・スカイを使い、黄泉の国へ連れて行くと。

しかし、クー・フーリン、宝具封印。。。

クリード・コインヘン、スカサハの土手っ腹に風穴を穿つ宝具と。。。

スカサハ、わからないと。

生きることと戦うことが最上の喜びだったお前が、なぜそんなにも醜くあろうとすると。。。

それへの返答は、醜いともと。それが俺が見てきた王と言うものだからと。。。

消えるスカサハ。。。

が、スカサハ、門に飛び込み、世界の外側に肉体を飛ばしたことが功を奏しました。

声をかけてきた李書文に北側についてくれとお願いします。

李書文は、スカサハに時代が終わるまでここにとどまっていろと。

そして北側、ロビンが6割兵を減らしましたが、士気は下がらず。。。

そこにベオウルフ。エリザベートとロビンが押されます。。。

助けに来たのは、李書文。

ステゴロ(笑)

一方、主人公たちはもうすぐワシントン。

第21節 北米神話大戦 急

女王メイヴの登場です。

メイヴの出した敵を倒しますが、追い詰めてるのはこちらだというメイヴ。

ホワイトハウスまで来なさいと。

ホワイトハウスの中にはクー・フーリンも。

ナイチンゲール、クー・フーリンに愉悦を抱けないのではなく、抱かないと。

王になり、愉悦を封じたと。

自らを檻に閉じ込め、王と言うシステムに、体を譲り渡していると。。。

愉悦を感じないが故に自動的、機械的に戦えると。そうでなければ王であり続けられないと。。。

行く果てをどこにみさだめているのかと。無いでしょうと。だから貴方と戦うと言うナイチンゲールです。

二人と戦闘に。

メイヴが倒れます。が、役割は果たしたと。

北部戦線に、28体の魔神柱が確認されました。。。

クラン・カラティンという枠に押し込むことで、魔神柱を丸ごと召喚。。。

そしてメイヴは消えます。

その影響か、クー・フーリンの雰囲気が少し変わったと。

北部戦線が崩壊する前にクー・フーリンを倒すことに。

それが時代を修正する最後のチャンス!

スポンサードリンク

第22節 シールダー、マスター、ソルジャー、ナース

エジソンたちも魔神柱を食い止めます。

が、それもいつまで持つか。。。

そしてこちらは三回クー・フーリンとの戦闘。しかも戦うごとに強くなると。。。

一方、エジソンたちは追い詰められます。

エジソン、宝具暴走と、自爆する気ですが、そこに現れたのは、ニコラです!すっとんきょうではないです(笑)

エジソンを救うのではないと。救うのはこの時代であり、借りを作った彼らだと。

エジソンとニコラで魔神柱を封じます。

そしてアルジェナ、その身を犠牲にしての一撃を放つと。

魔神柱を倒します。アルジェナ強すぎでしょ。。。

魔神柱の消滅を確認。クー・フーリンの現界も崩れると。

しかし、クー・フーリン、最後に聖杯そのものを守護する魔神を召喚しなければなと。。。

序列三十八、軍魔ハルファスとの最後の戦いです!

魔神を倒し、聖杯回収。任務完了です。

サーヴァントたちともお別れです。

ナイチンゲール、マシュに貴女は貴女のためにこれからの時間を生きなさいと。

願ったものへの道は、戦ってこそ拓かれると。

ナイチンゲールが消え、そしてラーマもまた会おうと言って消えていきます。

そしてレイシフトで戻ります。

マシュ、不謹慎かもしれないが、楽しかったと。世界と時代を駆け巡り、色んな人、英雄と会う、その思い出をずっと大切にしたいと。

マシュと分かれるところで、マシュに血が。。。倒れるマシュ。。。


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)