【第一特異点 邪竜百年戦争オルレアン】『Fate/Grand Order』ゲーム感想(ネタバレあり)

あいかわらず鈍足ですが、少しづつストーリーも進めます(笑)

以下、ゲーム感想というか、プレイメモです。「第一特異点 邪竜百年戦争オルレアン」になります。ネタバレ全開なので、ご注意下さい。

 

スポンサードリンク

アバンタイトル

常世総ての悪を敷く者と言う女性。

サーヴァントを召喚し、自分がマスターだと。。。

そして破壊と殺戮がオーダーだと。。。神は全てを許すと。。。

そしてジルにピエールと呼ばれる司教を連れて来させます。

黒い女性の名前はジャンヌ・ダルク。

ピエール、異端だと弾劾したジャンヌ・ダルクを前に、助けてくれと命乞い。

が、焔に焼かれる司教です。。。

他の司教たちはサーヴァントたちに任せると。我々は悪魔ドラクルとして顕現したのだからと。。。

命令はフランスと言う過ちの一掃です。。。

人類全てを殺しなさいと。。。世界を徹底的に焼き尽くしなさいと。。。

 

目覚める主人公。マシュが迎えに来て、Dr.ロマンのブリーフィングです。

目的の一つ目は特異点の調査及び修正。

二つ目は聖杯の調査。特異点の発生に関わっていることが推測されます。

そしてレイシフトさたら、ベースキャンプを構築して欲しいと。

そして現れたのはレオナルド・ダ・ヴィンチです。カルデアの技術部のトップだと。変人ですが、いろいろバックアップしてくれると(笑)

そして早速レイシフトです。オルレアンへ。

第1節 百年戦争の地

コフィンもあり、レイシフトは無事に成功。ファウもまた付いて来てます(笑)

時間軸は1431年、百年戦争真っ只中です。ただこの頃は、まだ比較的のんびりした時期だと。

そんな中、空を見上げると。。。とんでもないサイズの光の輪が。。。何らかの魔術式かと。

そちらの調査はDr.ロマンに任せ、マシュたちは街へ。

途中、フランスの斥候部隊と合い戦闘に(笑)

砦に戻って行く兵士たち。今度はちゃんと話すと後を追います。

スポンサードリンク

第2節 フランス兵を追え

砦の中はボロボロで酷い状態です。

休戦中のため、戦争のせいでは無いとのことですが。。。

兵士たちに敵ではないと告げます。

休戦協定を結んだシャルル七世は、魔女によって焼かれて死んだと。。。

やったのはジャンヌ・ダルクです。

ジャンヌ・ダルクの説明。聖人認定されたのってだいぶ後だったんですね。。。

そして敵襲。骸骨兵です。さらにはドラゴンまで。。。

そこに反応は弱いがサーヴァントが。ジャンヌ・ダルクみたいですが。。。白い(笑)

ともあれ先にドラゴン退治です。

戦闘終了。魔女が現れたと兵士たちに逃げられます。

ジャンヌ、自分のクラスはルーラーだと。

とりあえず話を聞くため、ジャンヌ・ダルクについていきます。

第3節 ジャンヌの謎

お互いに自己紹介。

ジャンヌも召喚されたばかりだと。

同じ時代に同じサーヴァントが二体?

これからどうするかと問うと、オルレアンに向かい、都市の奪還をすると。そのためにジャンヌ・ダルクを排除すると言います。

一人で戦うと言うジャンヌに協力することに。

顔を赤らめたジャンヌかわいい(*´∀`*)

まずは情報収集が必要です。

ただ、ルーラーはサーヴァントを感知できると。なので黒いジャンヌもこちらを感知できるとのこと。いつでも戦える準備が必要です。

明日の早朝に出発と言うことで眠る主人公。

ジャンヌ、マシュにサーヴァントの新人のような感覚だと言います。

なので足手まといになるかもと。

しかし、マシュも初陣のようなものだと。でも主人公はそんな私でも信頼してくれていると。

根拠はないけど、大丈夫と言います(*´ω`*)

それを聞いて少し気が楽になるジャンヌです。

第4節 情報収集

情報を得るため、まずはラ・シャリテへ。しかし、そこにサーヴァントの反応が。

が、遠ざかって行くと。

街が燃えています。生命反応はなし。。。

そしてリビングデッド。さらにワイバーンです。

敵を倒し、この街の出来事はもう一人のわたしがやったことなのだろうと。。。

どれだけ憎めばこれほどのことができるのか、それだけがわからないと言うジャンヌ。。。

そして街を襲ったサーヴァントがこちらに戻って来ています。しかも5騎。。。

撤退だとDr.ロマンは言いますが、ジャンヌは逃げないと。。。

第5節 黒いジャンヌ

黒いジャンヌと対峙します。

この街を襲ったのはなぜかと聞く白いジャンヌ。フランスを滅ぼすためだと答えます。。。

フランスを沈黙する死者の国にすると。。。

貴女は本当に私なのかと言う白いジャンヌ。

黒いジャンヌは、貴女は私が捨てた残り滓だと。。。

貴女には何も価値がないと、サーヴァントを仕向けます。バーサーカ・ランサーとバーサーカ・アサシンの二人です。

一人目はヴラド三世、二人目はエリザベート・バートリーです。

二人を倒すと、残り三騎で来ると。

Dr.ロマン、マギ☆マリの知恵袋に投稿(笑)

マシュ、一か八か、一点突破にかけると。

しかし、それもならず。。。が、優雅でないと、そこに現れたのは新しいサーヴァント。マリー・アントワネットの登場です。

わからないものを、わかるようにするのが流儀だと言うマリー。

今のジャンヌは見過ごせない。ただ八つ当たりしているだけと。

意味不明な貴女の心を、その体ごと手に入れると(笑)

そして戦闘。なんとか持ちこたえ、撤退です。

そしてマリーを知っていたバーサーカ・セイバーはシュヴァリエ・デオンと言う真名らしいです。

第6節 一難去って

マリー、マシュのマリーさんと言う呼び方に喜びます(笑)羊さんみたい(笑)それメリーさん(笑)

この近くの森に強い霊脈があるので、そこをベースキャンプにしたいと。そこに向かうことになります。

ベースキャンプに着いて、改めてマリーとアマデウスが自己紹介。なぜ呼び出されたかはわからないと。

そしてマリー、ジャンヌと会い、ジャンヌを信仰していると。

自分は聖女ではないと言うジャンヌ。

打ち解け、ジャンヌ、マリーと呼び合うことに。

マリー、自分たちが呼び出されたのは、英雄のように黒いジャンヌたちを打倒するためなんだと。

ただ、向こうのサーヴァントは狂化されている事に気づきます。

マリーたちの他にも召喚されたサーヴァントがいるかもしれないと言う事で、探し出してみることに。

とりあえず今は休憩です。

夜、マリーとジャンヌは女子トーク(笑)

そこに敵襲です。

アマデウス、いろいろな生体音を録音(笑)セクハラサーヴァント(笑)いや、生理的に嫌悪されても仕方ないレベルかと(笑)

そして最後はサーヴァント。バーサーカ・ライダーです。真名はマルタ。ドラゴンライダー。。。

マルタを倒し、忠告されます。竜の魔女が操る竜には勝てないと。。。

勝つにはリヨンに迎えと。

竜を倒すのは、古来からドラゴンスレイヤーと決まっていると。

そして一行はリヨンに向かいます。

第7節 竜殺しを探せ

ライダーがやられたことを知る黒いジャンヌ。次は私と彼が出ると。

私は間違えていたと。全てが間違いだったと。。。なかったことにしなくてはと。。。

そしてバーサーカ・アサシンと行くことに。真名はランスロット。そして処刑人シャルル・アンリ・サンソン。

マリー、リヨンで情報収集。リヨンは前に滅ぼされ、今は難民たちが住み着いていると。

前は守り神がリヨンを守っていたが、サーヴァントに囲まれ、行方不明に。。。

生きていることを信じます。

そしてリヨンの街に住み着いた怪物たちを倒すことにします。

マリーから主人公にベーゼ(笑)マシュ、頰が緩んでいると冷たい忠告(笑)

マルタの言っていた竜殺しを捜します。

声がする方向へ。そこにはリビングデッドが。戦闘です。

掃討すると、次はサーヴァント。オペラ座の怪人の登場です。

オペラ座の怪人を倒します。しかし、竜殺しは諦めろと。果ての果てまで逃げろと忠告されます。邪悪な竜が来ると。

そしてDr.マロン、全員の撤退を言います。サーヴァントを上回る超巨大な生命体が来ると。。。

しかし、竜殺しは必要だと言う事で、探すことに。

第8節 巨竜襲来

竜殺しジーク・フリートを見つけ、撤退します。が、やってきたのは黒いジャンヌとファヴニール。。。

ファヴニールの一撃をマシュとジャンヌで受け止めます。が、受け切れないと言うところで、魔力を少し回復させたジーク・フリートが応戦してくれます。

黒いジャンヌたちは撤退。ジーク・フリートを狙うことにします。

その間にこちらも撤退。

そして前方にはフランス軍。ワイバーンに襲われているので助けることに。

ワイバーンをあらかた片付け、つぎに出てきたのはシャルル・アンリ=サンソン。そしてランスロットと呼ばれていた鎧騎士。彼らと戦闘です。

そしてジャンヌは兵士たちを逃がそうとしますが、竜の魔女と勘違いされ、散々な言われよう。。。

が、それで士気があがるのなら、それはそれでいいと。。。まさに聖女。。。

そこにジルの援軍もあり、カーミラたちは撤退を選択。が、ランスロットはジャンヌに固執。戦闘を仕掛けます。

ランスロット、アーサー王と間違えていたみたいです。。。ジルがセイバーをジャンヌと間違えていたのと同じですか。。。

第9節 一休み

廃棄された砦で一休み。

ジークフリートの傷は、呪いの類で回復できないと。

なぜあの街にいたのか。街が襲われているのを見て、助けに入ったと。が、複数のサーヴァントに襲われては、さすがに敵わないと。しかしマルタが匿ってくれたと言います。

呪いを解くにはジャンヌの他にあと一人聖人が必要です。

手分けして探すことに。くじでグループ分け。ジャンヌとマリーがグループに。

マリーが心配なアマデウス。

アマデウス、マリーにプロポーズしていたと(笑)

アマデウス、人間は美しいものも愛せると。そのことがよくわからないマシュ。。。

竜の魔女の言葉に何一つ覚えがないと言うジャンヌ。それを美しいと言うマリー。

マリー、自分を処刑した民を恨んではいないと。しかし、子供を殺した人たちは少し憎んでいると。。。

それがないと言うジャンヌは美しいと。人間が大好きなんだと。

竜の魔女にあったら、言いたい事をはっきり言えばいいとアドバイスします。

第10節 聖なる者

刃物の街、ティエールに向かう主人公たち。

二騎のサーヴァントがいると。

そして街に炎が上がります。

街に急ぐとエリザベートとカーミラが争っています。子供の喧嘩か(笑)

そして敵の反応も。まずはそちらを片づけます。

敵のラッシュは止みます。二人の喧嘩を止めることに。

が、二人が組んでこちらと戦闘になりました(笑)

やっつけて話を聞くことに。

二人は聖人ではないですが、聖人のゲオルギウスを知っていると。西側に向かったと言います。

ジャンヌと連絡。ゲオルギウスと会いました。ゲオルギウス協力してくれることに。

が、街に竜の魔女が。。。撤退をしようと言うジャンヌですが、まだ市民の避難が終わっていないと。

残ると言うゲオルギウスですが、その役目をマリーが受けると言います。。。

一緒に戦うと言うジャンヌですが、断るマリー。マリー、人々を守るために召喚されたのだと。。。

マリーが残り、やってきたのは処刑人のサンソン。再びマリーの首を落としに。。。

しかし、サンソンに打ち勝ったマリー。

マリーに許してもらいたかったサンソン。そもそも恨んでないと言うマリー。それを聞きサンソン、消えます。

そして現れた竜の魔女。

民を守る使命に酔いしれたいのかと言います。

しかし、そんなこともわからないのかと言うマリー。そして本当の貴女は誰なのかと問います。

それに黙れと言う黒いジャンヌ。マリーは散ります。。。(´;ω;`)

第11節 洗礼詠唱

ジャンヌと合流します。マリーの話しもそこで。。。

アマデウス、気にしてない風を装います。。。

マシュが声を掛けるのを止めます。それに賛同するエリザベートと清姫。なぜいる(笑)

そして清姫の仮マスターに。指切り(笑)

ジーク・フリートの解呪に成功したとのこと。そしてマスターとして、ジーク・フリートの剣を預かります。

戦力は整いました。いざ竜の魔女の元へ!

アマデウスとマシュ、水汲みをしている間に敵に襲われます。切り抜けますが、森を抜けてしまいます。

マシュ、アマデウスに質問することに。

人間は好きなものを自分で選べる、この意味がわからないと。

マシュは自分の在り方がまだ分かっていないと。アマデウス、戦うだけの人形でも、何かを好きになる義務があると言います。

マシュは世界によって作られ、マシュが世界を拡張し、成長させる。それが人間になると言うことだと。

まずは多くのものを世界から受け取り、その後思うままに返せばいいと。

悪は最後に滅びる。悪が排除できなかった時、人間が滅びるのだと思うと言うアマデウス。

話は終わりみんなのところへ。

アマデウス、次はジャンヌと会話です。

マリーは自分に優しかったと言うジャンヌ。

それは同じ孤独の戦いを生きたものだからだと言う理由と、もう一つ、愛していたからだとアマデウス。は言います。。。

ジャンヌ、マリーの希望を叶えると。このフランスを必ず救ってみせると誓います。

戦いは正面突破。ファヴニールはジーク・フリートと主人公たちが相手を。ファヴニールを倒せるかが、戦争の分岐点になると。

第12節 オルレアンへ進撃

ワイバーンたちを倒し、サーヴァントの反応。

バーサーカ・アーチャーです。強い殺意が。。。無理やり狂化されていると。

アーチャーを倒しますが、ファヴニールがオルレアンから出発したと。いよいよ決戦です。

第13節 ジャンヌとジャンヌ

こんにちは、私の残り滓と言う黒いジャンヌ。

残骸ではないし、そもそも貴女ではないと言うジャンヌ。

この戦いが終わったら、言いたいことを言わせてもらうと言います。

それに黒いジャンヌは、ほざくなと。

フランスは竜の巣になったと。これで世界は完結。破綻すると。。。

そして竜同士が際限なく争いはじめると。邪竜百年戦争だと。。。

そこにジルの援軍。我らには聖女が付いていると。

そして対決。

最初の相手は、バーサーカ・セイバーとバーサーカ・ランサーです。

そして次はサンソン。アマデウスの言葉で少し正気を取り戻します。

アマデウス、マリーへの餞にすると。

決着。アマデウス、今度はたっぷり鎮魂歌を聞かせると。

次はカーミラとエリザベート。

エリザベートの本性、そしてその結末がカーミラだと。どう泣き叫んでも変えられない罪の具現。。。

それでもアンタみたいにはなりたくないと言うエリザベート。。。

主人公に決着をつけさせてと。

過去が未来を否定します。

そして最後、いよいよファヴニールとの対戦です。ジーク・フリート、以前なぜ勝てたのかはわからないと。無数の敗北からわずかな勝ちを拾う戦いだったと言います。

覚悟はいいかと問われます。もちろんOKです。

ファヴニールを倒すと、ワイバーンたちは混乱。

黒いジャンヌも城に撤退します。

第14節 ジャンヌ・オルタを追え

ここは他のサーヴァントに任せ、ジャンヌ・オルタを追うことに。

エリザベートと清姫はこちら側に。みんないらない子扱いなんじゃ(笑)

ジャンヌ・オルタは新しいサーヴァントを召喚すると。その間、ジルが受け持つことに。

ジャンヌ、ジルに問います。彼女は本当にジャンヌなのかと。

それに激怒するジル。

対決です。

ジルを倒しきれず、相手をエリザベートと清姫に任せて先に進みます。

スポンサードリンク

第15節 竜の魔女

ジャンヌ、気になることがあると言いますが、なんでもないと。

そしていよいよ竜の魔女と対面です。

ジャンヌ問いかけます、家族のことを覚えているかと。

記憶がないと言う黒いジャンヌ。ジャンヌは、怒りではなく哀れみを以って竜の魔女を倒すと。

サーヴァントの群れを倒し、竜の魔女と決着を。グランドバトルです。

ジャンヌを倒します。そこにジルが。少し眠りにつけと言って、消えます。

竜の魔女は英霊の座に存在しないサーヴァントでした。竜の魔女そのものが聖杯であったと。。。

ジルが聖杯の力でジャンヌを作っていました。

ジルはジャンヌを蘇らそうとしましたが、それはできないと拒絶されたと。だから作ったと。。。

ジャンヌ、蘇っても竜の魔女にはならなかったと言います。

ジャンヌが祖国を恨まなくても、ジルはこの国を恨んだと。。。そして滅ぼすと。

ジャンヌ、ジルが恨むのは道理だと。でも裁定者として、ジルを止めると!

最後の戦いです。

ジルに勝利し、もう休みなさいと言うジャンヌ。。。

聖杯を回収。時代の修正が始まります。

ジャンヌ、また会える気がすると。さよなら、ありがとうと言っていきます。

そしてレイシフトで戻り、任務達成です。

マシュ、ジルのむき出しの感情が凄いものだったと。それこそ世界を滅ぼすほどに。。。

人間だからと言う主人公。

アマデウスも同じことを言ってたと。これから学んでいきたいと言うマシュです。


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)