策略うずまく体育祭開幕『ようこそ実力至上主義の教室へ 5巻』ラノベ感想

スポンサードリンク
LINEで送る
Pocket

別の記事でも紹介してますが、「ようこそ実力至上主義の教室へ」の5巻感想です。

ネタバレありなので、ご注意下さい。

 

以前の記事はこちら。

 

公式サイトはこちら。

 

あらすじ

長い夏休みを終えたDクラスを待ち受けていたのは体育祭。だが、高度育成高等学校の行事が生半可なものであるはずもない。全学年が赤と白の二組に分かれ勝敗を競う体育祭で、DクラスはAクラスと共にB&Cクラス連合と戦うこととなった。さらに全ての競技に順位がつけられ、順位ごとにポイントを得られるという。ここまで足を引っ張る存在だった須藤が一躍Dクラスの切り札となり、運動自慢達が腕を鳴らす。一方、自分のやり方を変えず周囲と軋轢を生む堀北。その隙をCクラスの首魁たる龍園と影に潜む裏切り者が見逃すはずもなく―!?大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録第5弾!?究極の実力勝負の体育祭が始まる。

 

感想

秋といえば運動の秋、そして体育祭。学校行事としてはポピュラーですよね。

まあこの学校の体育祭はそんな平凡なものではなく、完全実力主義ですが(笑)

新キャラとして、話にはたびたび上がっていた、葛城とは別の勢力である坂柳有栖の登場です。

Aクラスの勢力を二分していた方の片方ですね。

葛城とともに今回の表紙を飾っています。

杖をついており病弱とのことですが、ラストを見ると侮れない感じです。。。

 

そして今回の話は鈴音の成長がメインですね。

鈴音フルボッコです。もういいように龍園にやられてしまっています。

主人公の言う通り準備が明暗をわけました。

今回は主人公もあえて鈴音に厳しくあったっています。

獅子の子落としですね。

これで鈴音も一皮むけました。

自分の弱さを認めれるようになり、今後さらに成長していくでしょう。

時間以降の活躍が楽しみです。

最後、ちゃんと主人公のフォローもあって龍園のなすがままにならずに済みました。

ヒロインのDOGEZAとか見たくないです。

しかし、櫛田と鈴音の過去の因縁は深そう。一方的に絡んできているのは櫛田だけみたいですが。。。

裏切り者の正体は主人公が体育祭前にほのめかしてましたし、まあ予想どおりでした。

1巻以降は特に負の面を見せていなかった櫛田ですが、本巻では。。。

櫛田の本気が怖いです。

 

体育祭ということもあり、今回は鈴音ともう1人、体力自慢の須藤も重要な位置をしめています。

なんとプロローグが須藤の独白でしたし(笑)

しかし、須藤も鈴音同様いいようにやられています。

龍園のやり方はえげつなくて、須藤じゃなくても腹立ちます。

が、鈴音と同じように乗り越えて成長したと思います。

鈴音との距離が近くなったのは間違いないです。

 

 

肝心の体育祭ですが、最後のリレーは主人公が魅せました。

本気を出した主人公。そしてそれは龍園の目を欺くことも考えてのこととは。。。

 

本編とは関係ないですが、巻ごとに佐倉の影が薄くなっていってる気がします(笑)

本巻ではほとんど出てきてないですね。

まあ、なんかじゃっかんエロい挿絵があったので良しとします(笑)

©衣笠彰梧/トモセシュンサク

 

主人公の過去とか、これからの鈴音の活躍とか、櫛田の思惑がどうなるのか。

次巻も楽しみです。

 

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)