『ようこそ実力至上主義の教室へ 4巻』ラノベ感想(ネタバレあり)


お待たせしました。よう実4巻のラノベ感想というか備忘録です。いや、待っている人とかいるのか知りませんが。。。

まあURLをわざわざyoujitsu4にして検索してくれている方も少なからずいたみたいなので、多少は需要があるのかなと(笑)

3巻を読み直して、ブログにアップしたのが、5月末だったのですが。。。読み直す間に他のマンガやラノベが。。。それらもまだ消化できていない(笑)

4.5と5巻の読み直しもしたいんですが、いつになることやら(;´∀`)

さて、前巻はサバイバルでしたが、今回は船上でのお話です。今回は考える力を試す試験が用意されています。

そしてメインは表紙からも分かる通り、軽井沢です。

以下、ネタバレ全開なんで、ご注意下さい。

 

軽井沢恵の独白……

結局何も変わってないと言う軽井沢。自分が寄生虫だと。。。

 

一之瀬の学生データベース。なぜAクラスではないのかと思ってましたが、中学時代に長期の欠席があったと。。。

穏やかな日常は突然に

無人島からの生活から3日。豪華客船で何事もなく過ごします。

一人ぼっちで過ごす綾小路。そこに平田が軽井沢たちと昼食を取るからどうかと誘われますが、断ります。

じゃあ二人で食べようと、軽井沢たちとの約束を断る平田(笑)

強引な平田に何か裏があるのかと警戒します。

相談があると言う平田。堀北との橋渡し役になってもらえないかと。Aクラスにあがるのに彼女の力がやはり必要だと。

自分の存在を伏せて、自分の言葉を綾小路の言葉に変換して伝えて欲しいと。

何やら焦っている様子。

そんなに焦る必要はないんじゃないかと言います。そうかも知れないと言う平田。

その後、軽井沢たちがやってきて、退散する綾小路。

暇つぶしを探していると、佐倉に呼び出されたので行くことに。

ルームメイトのことで相談があると。

が、櫛田が現れて去ってしまいます。櫛田、邪魔してごめんと謝罪です。

別れ際、同時に携帯が鳴ります。

学校からの特別試験についてメールが来ました。

集合時間と場所が記載されてますが、櫛田と綾小路では時間と場所が違います。

集合場所に向かうと、Aクラスの真嶋先生、そしてDクラスの外村、雪村が。最後に軽井沢です。

1年全員を干支の12グループにわけ、そのグループ内でシンキング能力を問う試験を行うと。

考え抜く力が必要な試験とのこと。

そして他のクラスも同じよう3から5人のメンバーで説明を受けており、そのメンバーでグループを組むと。

綾小路のグループは卯(兎)グループ。他のクラスで知っているのは一之瀬と伊吹がいます。

クラスの関係性を無視することがクリアの近道だと言う真嶋。

試験の結果は4つ。

結果1.グループには優待者が一人いて、試験終了時、優待者の名前を全員で共有できれば、全員に50万プライベート、全員での共有に導けた優待者には100万プライベートポイントが入る。

結果2.グループの一人でも優待者の名前を間違えたり、空欄の場合は、優待者にのみ50万プライベートポイントが入る。

結果3.試験終了を待たずして、優待者の名前を正解できた者が所属するクラスは50クラスポイント、さらに正解者に50万プライベートポイント。そして見抜かれた優待者が所属するクラスのクラスポイントはマイナス50になる。

結果4.試験終了を待たずして、優待者の名前の告げて不正解の場合、そのクラスのクラスポイントはマイナス50クラスポイント。そして優待者に50万プライベートポイントと、その優待者が所属するクラスに50クラスポイントが与えられる。

裏切りの要素が3、4の結果で含まれます。だましあいが求められると。要点は4点。

  • グループ全体で優待者を共有してクリアする
  • 最後の回答を誰かが間違えて優待者が勝利する
  • 裏切り者が優待者を見つけ出す。
  • 裏切り者が優待者の判断を誤る。

禁止事項も伝えられ解散。

堀北は、平田、さらにAクラスの葛城と一緒です。

葛城、無人島での結果で堀北に興味を持ちます。警戒の対象に。

さらにBクラスの神崎も同じグループです。そして龍園も。。。

櫛田も同じ組みです。

相当厳しい戦いになりそうです。

千差万別の想い

堀北と情報交換。堀北のグループは死のグループ(笑)

堀北は優待者には選ばれませんでした。

勝ちに繋がる道は思いついたと言う綾小路。お互い、結果を楽しみにしていると。

誰を一番警戒していると聞かれ、龍園と答える綾小路。自分の考えに似ていると。。。

そこに龍園と伊吹が。無人島での結果をどうやって残せたかを聞いてきますが、何も答えません。

そしてここに足を運んだのは堀北の力を確かめるためと。しかし他の誰かが噛んでいるとも睨んでいます。

しかし金魚の糞(綾小路)ではないと(笑)

が、容疑者の候補には上がってしまいました。

1回目のグループディスカッション開始。

一ノ瀬が率先して仕切り始めます。まずは自己紹介をしようと。

一ノ瀬からみんなに結果1を追い求めるのが最善かを問います。

それって当たり前なんじゃないのと軽井沢。肯定意見が続きます。

が、Aクラスの町田。その質問はずるくないかと。まるで優待者と悪人の炙り出しだと言います。

嫌なら答えなければいいと言うBクラスの浜口。

それを聞いて、Aクラスは全員沈黙すると言います。

が、あくまで話し合いを求める一ノ瀬。応じられないなら多数決で決めることになると。

それに対してAクラスが推奨する作戦は、最初から最後まで話し合いを持たないことだと。それが葛城の提唱する案だと。

最悪の結末は、優待者の正体を見破って裏切ることだと。裏切り者を生み出すことが敗北につながると。

Aクラスの案に賛成が過半数になりましたが、一ノ瀬がAクラスだからこそ提案できる案ではないかと。試験があとどれくらいあるのかわからない以上、下のクラスは限られたチャンスを一つ棒に振ってしまうと。

Aクラスの逃げ切りを許すことはできないと言います。

それでもAクラスの方針は変わらず。やるなら勝手に話し合ってくれと言うスタンスです。

一ノ瀬、まずはAクラスに優待者がいるかどうかを見極めたいと。

試験は始まったばかりなのでゆっくり決めていこうと言います。

そんな中、Cクラスの真鍋が軽井沢に話しかけます。リカって子が、軽井沢に突き飛ばされたから謝ってほしいと。そんなことは知らないと言う軽井沢。

軽井沢の写真を撮ろうとしますが、拒絶します。そして町田に助けを求め、仲裁してもらいます。まんざらでもない町田(笑)

その後、話はまとまらず1時間経過。

話し合いはまだあると言うことで、今回は解散します。

その後、佐倉と会うことに。佐倉のグループを見て、役に立てそうにないと。

何かあれば連絡してくれと言う言葉に喜ぶ佐倉(笑)

その後、山内から佐倉のアドレスのことについて責められます。(前巻の約束)

勝手にアドレスを教えられないので、知らなかったと嘘をつきます。

そして無理やり聞くと、山内も嫌われるぞと(笑)

なので今回の試験でポイントを稼いでデジカメを用意できたら。。。と(笑)

乗せられる山内(笑)単純(笑)

2回目の話し合い。やはりAクラスは話し合いに応じません。

そして軽井沢に何か違和感を感じる綾小路。

軽井沢らしくないと。もっと強気に場を支配していくかも思っていましたが、格付けとしてはCクラスの真鍋たちよりも低い位置にいると。

綾小路、軽井沢が使える人材なのかどうかを見極める必要があると。多少強引にでも藪をつついてみる必要があるかと。。。

特に進展はなく、話し合いは終了です。

一ノ瀬、発言は弱気ですが、目は死んでいないです。

そして綾小路、真鍋たちに声をかけて、軽井沢が他の女子生徒と揉めていたと言う嘘をついて、様子を見ることにします。

部屋に戻ると、平田が話し合いをしたいと。幸村も一緒です。高円寺は肉体美の追求に忙しいです(笑)

平田、クラスの2人から優待者であることを聞かされたと。

各クラスに3人ずつはいるはずなので、あと1人は黙っていると。

高円寺は面白くない試験を続けても意味ないと。嘘つきを見つける簡単なクイズと言ってメールを送り、試験を終わらせます(笑)

猿グループ試験終了のアナウンスが流れ、場は大混乱です(笑)さすが高円寺さん(笑)

綾小路はその場から離れ、今回の試験で自分ができる限界がある程度見えたと。残る干支全てを勝たせることは不可能だと。

ならばやることは今後のために目と耳を手に入れることだと考えます。

船外のデッキで櫛田に会います。

1人です。他はカップルだらけです。気の利いたことも言えず、心拍数だけは上がります(笑)

先に戻ろうとすると、なぜか抱きつかれます(笑)不測の事態にパニックな綾小路(笑)

櫛田、1人になるのが寂しくなったのかもと(笑)

数十秒立ってから慌てて離れ、立ち去って行きます。でも挿絵の表情が怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

突然のことで喉が渇いたので、自販機へ(笑)

自販機近くのバーで真嶋、星之宮、茶柱と先生たちが飲んでいます。

どうやら一ノ瀬は綾小路の様子を探るために送り込まれたようです。。。

スポンサードリンク

ダブルクエスチョン

堀北に高円寺のことを話します。馬鹿なのと(笑)

話をそらし、軽井沢のことを聞きます。場を支配する力、それがまだ兎グループでは見れてないと。

そこに龍園がやってきます。優待者を見つける算段はついたかと。

龍園、自分はこの試験の根幹に手を突っ込んでいると言います。

Cクラスの優待者が誰か、携帯をすべて提出させて調べたと。。。

詰めの段階に入ると去って行きます。

再び兎グループで集まる時間。最初についた綾小路、次に来たのは軽井沢です。気まずい雰囲気(笑)

綾小路、軽井沢が使い物になるかを見極めることが大切だと。

みんなが集まり、一ノ瀬がやはり優待者を見つけたいと。

信頼関係が大事だと言って、みんなでトランプをすることを提案します。

何人かは集まってトランプすることに。

一ノ瀬は、それぞれの特徴を掴むために始めたのかもしれないと。

1時間が終了。

一ノ瀬、葛城に接触するようです。綾小路もついて行っていいかと。

そして竜グループの元へ。一ノ瀬、葛城に籠城作戦を考え直してもらえないかと。

が、葛城の考えが変わることはないと。

他の生徒はまだ出て来ません。

しばらくして生徒たちが出て来ます。

が、まだ中には堀北、龍園、神崎の三すくみが。

龍園、すべてのグループが教師の意図で決められていると言います。

それを助言として受け取る一ノ瀬はお礼を言います。すでに心理戦は始まっていると。。。

龍園、綾小路にいつも女のケツに張り付いているなと言われます(笑)

そして龍園、三クラスで協力してAクラスを潰す作戦を提案します。

優待者全員を三クラスで共有すると。。。その法則性をつかんでAクラスの優待者をあぶり出すと。。。

一ノ瀬が龍園とつながる可能性は危険と言うことで口出しすることに。それは成立しないのではないかと言う綾小路です。

交渉は決裂です。が、特に気にしてはいない様子の龍園。

立ち去る際、綾小路と視線が交錯し、まさかなと。。。

竜部屋を出ると、一ノ瀬が少し付き合ってくれないかと。

Bクラスの浜口も合流してます。

兎グループでの協力関係が必要だと。

優待者を見つける確率を上げるために、優待者じゃない人を1人でも多く知る必要があると。

一ノ瀬、自分たちは優待者じゃないと言います。

綾小路も優待者でないことを告げます。

夜のディスカッション。

町田を遊びに誘うCクラスの女子生徒。そこに軽井沢がやって来て、そこは自分の場所だから退いてと(笑)町田に密着するぐらいに寄り添ってます(笑)

その後は今回もトランプをして終了です。

Cクラスの女子生徒が、軽井沢を呼び出します。

綾小路と幸村が後をつけることに。

詰め寄られる軽井沢、ガタガタ震えて動けなくなっています。

軽井沢のことをもっとよく知れる機会と思いましたが、幸村が止めに入ります。

Cクラスの女生徒は、絶対リカに頭下げされるからと言い残して立ち去ります。

軽井沢も放っておいても立ち去ります。

さっきの怯えた様子は、ただ脅されただけのようには見えなかったと考える綾小路です。

綾小路、茶柱に連絡を取り、会うことに。過去に買われた最大のポイントは何かと。

それは学校の校則を変えると。ただしあくまで現実的な範囲によるものと言います。

綾小路、近々頼みごとをしにいくと行って立ち去ります。

真夜中、平田が抜け出そうとしたところを綾小路が要件があると視線を送ります。二人で部屋の外へ。

軽井沢から連絡があったんじゃないかと。堀北からの指示を匂わせて話をすることに。

そして2人で軽井沢の元へ。

軽井沢、平田に仕返しをして欲しいと言っていました。が、平和主義の平田は話し合いでお互い納得のいく方法に誘導したいと。

そして平田、軽井沢も大切なクラスメイトの一人だか、それで他の人は傷つけられないと。彼氏彼女のフリをしていることもその場で言います。

自分の願いを叶えてくれないなら必要ないとヒステリックに叫び、立ち去ります。

平田、綾小路に橋渡し以上を求めています。軽井沢のトラブル解決役として。。。

そして事情を聞き、付き合ってるフリをしているのは本当だと。

軽井沢は、平田を宿り木に地位を高めるのに使った?ではなさそうだと。

そして軽井沢恵の全体に気づきました。自分の身を守るためと。

それに気づいた綾小路に鳥肌のたつ平田。綾小路を不気味な存在に見えると。

が、すべて堀北からの指示だとごまかします。ただそれをすんなり受け入れる平田ではありません。。。

話しは戻って軽井沢について。軽井沢、小学校からの9年間酷いイジメにあっていたと。。。

今の軽井沢の性格は本当のものではないんじゃないかと言います。

が、平田のメリットは何かと尋ねると、軽井沢がイジメられず、学校に来れることだと。。。

平田も自分のことを話します。中二までは目立たない生徒だっと。

小さい頃から仲が良かった杉村と言う生徒がいたと。でも中学で疎遠になり新しい友達と遊ぶようになったと。しかし杉村はその裏でイジメられていました。

中二になって再会すると、杉村の心はすでに壊れていたと。しかし自分がターゲットにされることを恐れてなにもできなかったと。。。

そして杉村は窓から飛び降りて脳死してしまったことを話します。。。

その事件がヒーロー平田洋介と言う男の誕生になったと。。。

今回の一件は任せてもいいのかと言う平田。口出しをしないなら堀北がなんとかすると言います。

 

最下層の配電盤室へ。すべての条件が整っている事を確認し、あとは詰めていくだけだと。

平田に軽井沢を呼び出してもらいます。さらに真鍋のIDも手に入れます。

今からやる事を平田が知ったら怒るかもなと。

でも、最終的に問題ならなければいいと言う綾小路です(笑)極論が怖い(笑)

アカウントをもう1つ作って、真鍋とチャットします。

一緒に協力して、軽井沢に復讐しないかと。

最初は警戒してましたが、うまく焚きつけることに成功しました。

軽井沢、真鍋たちに囲まれます。

さらに暴力も。。。ミルグラム実験、状況次第で人は誰でも残酷、残虐性を見せてしまうと。。。

暴力は続きます。軽井沢、恐怖で顔をくしゃくしゃにしながら涙してます。。。

綾小路、一度徹底的壊した方が、再構築の手間が省けるだろうと。怖い((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

真鍋たちが立ち去ったのを見て、軽井沢の前に姿を表します。

綾小路、軽井沢の生殺与奪を握っている事を告げます。

太ももを触る綾小路。逃げるなと、逃げたらすべてをバラすと。

さらに股を開けと。。。それに従う軽井沢。

ベルトをカチャカチャしても逃げる素振りもありません。。。

体が目的ではありません。綾小路、十分使い物になる逸材と判断します。

軽井沢、過去のイジメについて話します。あらゆるイジメを受けてきたと。

それだけかと言う綾小路。なにを隠していると。

そしてわき腹に深い傷跡が。。。

軽井沢の闇が、瞳が綾小路の瞳と重なります。

闇を持つものは惹かれ合うと。。。やがて深い闇を持つものが、相手の闇を飲み込んでいくと。。。

綾小路が受けてきたと闇を感じ取る事が出来だだろうと。どんだけの闇をもってるんですか((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

約束してやれることが1つあると。おまえをイジメから守ってやると。

オレはおまえのために動く、そしておまえもオレのために動くと。

軽井沢、新たな寄生先が出来ました。。。

それぞれの差

試験最終日。まだトランプしてます(笑)

特に進展はなかったと堀北に報告です。

堀北のグループは絶対に勝つと自身を見せます。

そして最後の試験。グループ部屋に早く着きましたが、先客が。

一ノ瀬が寝ています。スカートが男心をくすぐります(笑)

抜き足差し足する綾小路を誰かが見たら変質者扱い確定です(笑)

一ノ瀬が起きます。

進学やポイントの話しに。

一ノ瀬が巨額のポイントを持っていたこと。前に画面を見てしまったことはバレてました。

みんなが集まってきます。

浜口が結果1を勝ち取る方法があるといいます。

自分の携帯を全員に見せると。全員同じように見せれば確かにわかります。

が、誰かが裏切って終わりだと町田に言われます。

ただ、他の人も携帯を見せ始めます。

が、幸村が携帯を見せようとしません。

最後、みんなに携帯を置くことを条件に自分の携帯を見せます。幸村が優待者だと。

が、幸村は綾小路と携帯を交換していた人物でした。

一之瀬、正直に話してくれた幸村を絶対に裏切らないで欲しいと。

が、そんなことはないと。誰かが絶対に裏切り、Dクラスの勝利が確定すると思っていた幸村です。

そこに幸村の携帯に着信が。。。発信者の名前は一ノ瀬。。。

優待者と書かれた携帯の持ち主は綾小路だと言います。メールの改変やコピーはダメでも携帯そのものに細工するのは禁止ではないと。面倒でもメールやアプリの入れ替えは可能と言います。でも電話番号だけはごまかせないと。。。

顔面蒼白になる幸村。作戦に乗るんじゃなかったと。

そして解散。ですが、綾小路は一ノ瀬に捕まります。

そして綾小路が行った本当の真相を言い当てられます。

本当の優待者は軽井沢でした。

一ノ瀬の評価を改めます。徹底してリスクを回避し、その上で勝つ戦略を練ると。。。

そこに4度の着信音が。。。

堀北たちと集まります。

先ほどの着信は、1つのクラスが起こした裏切りかもしれないと。

そして龍園もやってきます。

龍園、竜グループの優待者が櫛田であることに気づいてました。

そして結果は、Cクラスがトップです。

龍園、今回の試験はAクラスを狙い打ったと。。。

そして次のテストは堀北を狙うと言います。

さらに竜グループは結果1です。

櫛田が優待者だと信じるに足る何かがあったと。。。

綾小路、堀北にこれから窮地に立たされるかもしれないぞと言います。。。

これは絶望への第一歩ではないかと思う綾小路。しかし同時に面白いとも。。。

あとがき

人はまだ増えると(笑)

暁の護衛とかも増えすぎて最後混乱したんですが(笑)

『ようこそ実力至上主義の教室へ』 公開日
『ようこそ実力至上主義の教室へ 1巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-05-13
『ようこそ実力至上主義の教室へ 2巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-05-15
『ようこそ実力至上主義の教室へ 3巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-05-29
『ようこそ実力至上主義の教室へ 4巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-07-16
『ようこそ実力至上主義の教室へ 5巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-03-09
『ようこそ実力至上主義の教室へ 6巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-07-10
『ようこそ実力至上主義の教室へ 4.5巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-08-21
『ようこそ実力至上主義の教室へ 1話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-07-15
『ようこそ実力至上主義の教室へ 2話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-07-21
『ようこそ実力至上主義の教室へ 3話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-07-27
『ようこそ実力至上主義の教室へ 4話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-08-03
『ようこそ実力至上主義の教室へ 5話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-08-10
『ようこそ実力至上主義の教室へ 6話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-08-17
『ようこそ実力至上主義の教室へ 7話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-08-24
『ようこそ実力至上主義の教室へ 8話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-08-31
『ようこそ実力至上主義の教室へ 9話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-09-07
『ようこそ実力至上主義の教室へ 10話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-09-14
スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)