『ようこそ実力至上主義の教室へ 3巻』ラノベ感想(ネタバレあり)

よう実の三巻目です。夏休みのバカンス。豪華客船でのクルージングに喜ぶ生徒たち。しかし、始まるのは、1週間の無人島生活です。。。

以下、感想というか、備忘録です。ネタバレ全開なので、ご注意下さい。

 

茶柱佐枝の独白

追い込まれていた佐枝。少年の逆鱗に触れることでしか、対処する術を持っていなかったと。しかし、賭けはスタートしてしまったと。

少年とは綾小路のことですかね。。。

天国と地獄の境界線

豪華客船から眺めるシーパラダイス。夏休み、2週間の豪華旅行です。

向かっているのは無人島のペンション。1週間はそこで過ごし、残りの1週間は客船内で宿泊すると。

いつの間にか名前で呼び合っている3バカ。男どもはこれを機に女子とも名前呼びをして、仲を近づけようとしています。

孤島に上陸。私物や携帯の持ち込みはできません。

そして始まったのは今年度最初の特別試験。。。これから1週間、無人島での集団生活。ガチの無人島サバイバルです(笑)当然不満が上がります。

しかし、今回の試験のテーマは自由だと。

クラスに300ポイントが支給され、バーベキューでもキャンプファイアでも好きにしていいと。

ただ、試験終了後、残りのポイントはクラスポイントに加算されると。。。

我慢すればお小遣いが増えるわけです。

ただペナルティーもあり、一人リタイアするとマイナス30ポイントなどがあります。

トイレも災害時に使うようなダンボール。女生徒は、災害時でもないのに、それを使うことにかなりの抵抗があります。

さらに追加ルール。島の各所にはスポットがあり、そこを占有すればポイントが手に入ると。

まずはベースキャンプを決めようと言う平田。

トイレのことも考えます。仮設トイレが20ポイントだと。必要だと言う篠原と他の女子に、反対する池。なんと軽井沢も反対派です。

さらに幸村も出てきて、平田は板挟み(笑)

ポイントを使いたい派と、少しでも節約したい派、人が集まれば意見は対立すると。いやらしい試験です。

他のクラスは動き出しているので、スポットを探しに池たち3バカも動きます。話し合っていてもまとまらないので、とりあえず移動することに。

堀北、協調性が求められるこの試験に早くも憂鬱に。

そしてまた仮設トイレの話に。今度は平田が、使うべきところにはポイントを使うべきと主張。正論に幸村も折れます。

そして探索を行うことに。綾小路も名乗り出ます。メンバーは佐倉と高円寺(笑)

自然の中でナルシスト全開な高円寺(笑)

そして佐倉は綾小路が手を上げたから自分もと(*´∀`*)

綾小路の理想とする道筋を、高円寺は迷うことなく進みます。

佐倉がついていけなくなるため、ペースを落とし、高円寺は先へ。

道に出て、スポットがありましたが、先にAクラスに占有されます。ただ、葛城と言う男子生徒がリーダーであることが判明。が、Aクラスにしては不用心と考える綾小路。

戻ると、川を見つけたと言う池。スポットにもなっており、ここをベースキャンプにすることに。

リーダーは堀北に任せることになりました。

川の水を飲むことに、また文句を言う篠原。池は普通に飲みます。また喧嘩腰です。

池、キャンプ経験があるとのこと。

平田と一緒にクラスを引っ張って行くよう、池を説得するように言う堀北。

堀北、自分の無力さを痛感する1週間になりそうです。

灯の確保のため、枝拾いを平田に頼まれます。

須藤や山内を誘いますが、断られます。そこに佐倉が協力してくれることに。すると山内も協力すると(笑)

山内、佐倉を狙っていると言います。前巻であれだけ言っておいて、華麗な手のひら返しです(笑)

枝拾いの帰り、他のクラスの女子生徒が。しかも頰を赤く腫らしています。

山内、女子に声をかけます。クラスで揉めて出てきたと。

ベースキャンプに誘う山内。少女はCクラスだと。最初は拒否しますが、根負けしてついて行くことに。少女の名前は伊吹。

ベースキャンプに戻り、佐倉の前でカッコつけたい山内は、火を起こすことに。しかしうまくつきません(笑)

綾小路には原因はわかっていましたが、池がやってきたのでレクチャーしてくれと。焚火を作る池。

そして食料を探しに行っていた櫛田と平田たち。

果物についても、池が知っていました。焚火のことも池のおかげだと言っておきます。

天狗になるかと思いきや、篠原にトイレのことで謝る池。篠原も川の水のことで謝ります。

平田、ポイントを最低120ポイント残す形で進めようと提案。うまくいけば200ポイント貯めることもできると。できる男は違いますな。

平田、池にも協力してほしいと。それに協力すると言う池です。

そして伊吹の話に。平田が話してみると。困っている人を放り出さないと。

事情を聞くことに。ある男に手を上げられて出てきたと。。。

平田の説得で、伊吹の面倒をみることに。

そして高円寺、リタイアでマイナス30ポイント(笑)

 

学生データベースは平田。中学時代、ニュースにも取り上げられた事件に関与していたと言うことで、AからDクラスの配属に変わったと。。。

動き出すライバルたち

朝、伊吹の鞄をあさる綾小路。中にはカメラが。。。

その後、平田と雑談。そこにBクラスの神崎が。ベースキャンプの位置を聞くと、あっさり教えてくれました。

平田、うまくやっていれているか不安だと漏らします。

池の怒った声が聞こえます。Cクラスの連中が煽りに来ていると。。。随分豪勢にポイントを使っている様子。

龍園の舎弟だと伊吹が言います。

目的はただの嫌がらせだと。

綾小路と堀北でCクラスのいる浜辺に。そこには贅沢にポイントを使い遊んでいます。

龍園に呼ばれる二人。バカンスを楽しんでいると言う龍園。我慢が嫌いだと。初日でポイントを使い切ったと。。。なので追い出したCクラスの生徒がリタイアしても問題ないと。。。

そして龍園は、1週間を見ていません。高円寺と同じことをするだけだと。0ポイント作戦です。

次にBクラスの偵察。一之瀬と会います。いくらポイントを使ったか教えてもらいます。

Bクラスは、道具に頼るだけではなく、知恵を使って楽しんでいます。統率が取れたクラスに堀北も感嘆の息を漏らします。

Bクラスには、Cクラスから出てきたと男子生徒を迎え入れていました。

その場から離れ、団結されたBクラスは、Dクラスの上位互換を認識させられました。

Aクラスにも偵察に。洞窟内部はビニールで目隠しされてました。

中に入ろうとする堀北ですが、葛城に妨害行為として訴えると言われ、引くことに。

自由の意味

高円寺の言葉が気になり、森の中へ。佐倉もついていきたいと。一緒に行くことに。

相変わらず自身のない佐倉ですが、成長していると、態度で伝えます。

なんだかんだで佐倉といる時間が一番多いです(笑)

森の中で見つけたのは大量のトウモロコシです。

トウモロコシを持って行くためシャツを脱ぐ綾小路。まだ早いって何がですか佐倉さん(笑)

静かなる開戦

順調な無人島生活。

しかしこの試験は、協力関係の有無を確かめる守りだけではなく、他クラスへの攻撃も含まれていると考える綾小路。

なのでスポットを回ります。Aクラスの連中と遭遇。どうらやら葛城派と坂柳派がある模様。

Cクラスがいた浜辺へ行くと、閑散としてます。そこに一之瀬と神崎が。リーダーを当てるのは無理と、自分たちは地道に行こうと言っています。

Aクラスの事情を聞くと、やはり葛城と坂柳で争っていると。しかし、坂柳は今回欠席とのこと。

 

無人島生活の前に佐枝から呼び出しを受けていた綾小路。佐枝の身の上話を聞かされます。

以前この学校の生徒でDクラスだったと。しかし今ほど格差があったわけではなく、差は均衡していたと。しかし自分のミスでその均衡は崩れ、Aクラスに行くことはできなかったと言います。

それが何の関係があるのかと尋ねます。綾小路はAクラスに行くために必要不可欠だと。

そしてある男から綾小路を退学にしろと接触があったと。それは担任である自分の裁量で決めることができると脅迫めいたものです。Aクラスを目指すか、退学かを選べと。。。

佐枝、Aクラスへの未練が。。。

綾小路、退学するわけにはいかないと。自由のために自由を捨てます(笑)

綾小路、オレを利用して後悔するかもよと。。。

スポンサードリンク

偽りのチームワーク

何かあったらしく、女子が男子を集めます。

軽井沢の下着がなくなったと。男子が犯人だと決めつける篠原。

荷物検査。池の鞄の中に下着が。。。

それを渡される綾小路(笑)そして身体検査。平田に助けられます。

下着泥棒なんかと一緒に生活できないと言う軽井沢。

男女のエリアを分けると言い出します。その手伝いを平田にお願いすると言いますが、堀北は平田も信用できないと反論。もう一人男子を追加して相互に監視させると。

そして選ばれたのは綾小路。色々言われましたが(笑)

そして内面までイケメンな平田。。。

伊吹が犯人について聞いてきます。伊吹が犯人だとは思えないと言う綾小路。まっすぐな瞳をした伊吹。それで犯人は伊吹だと確信します。。。

 

平田は信用できないと言う堀北。チームを引っ張るにしても、結果が共わなければ意味がないと。

女子が勝手にポイントを使っていたことを告げます。そしてそれは平田も知っていたと。

下着泥棒の件もあり、今のままだとリスキーだと、綾小路に協力してもらうことに。

ただ、綾小路は、伊吹にはもう一度行動してもらう必要があると。

さらに堀北に忠告。堀北、初めから体調が悪かったと。しかし5日も耐えて今からリタイアはできないと言います。

須藤のせいで最悪な目覚めから始まる6日目(笑)

堀北、櫛田、山内、そして伊吹も誘い食料探しへ。

堀北にリーダーがもつカードを見せてもらうことに。そしてわざと(?)カードを落として、他の人の注目を浴びることに。

さらに、山内に佐倉のメアドを条件に、泥を堀北に被せろと(笑)何かしらの思惑を感じます。。。

山内、命よりもメアドが大事(笑)泥をかぶせ、投げ飛ばされます。こいつ勇者だな(笑)

シャワー室が順番待ちで混んでおり、川で洗い流すことに。

様子のおかしい堀北、キーカードが盗まれたと綾小路に話します。

伊吹が怪しいということで、話を聞こうとしますが、その時仮設トイレが火事に。

燃やされたのはマニュアル。火事については伊吹の犯行ではない様子。

平田、何故仲良くできないだと暗い表情でつぶやきます。。。

そして伊吹が消えます。

色々抱えんでいる平田、いつか爆発しそうな危なげな気配があります。

伊吹と一緒に堀北もいなくなっています。

好都合な方向に進んでいると、浜辺へ足を向ける綾小路。

伊吹を追う堀北。取ったものを返せと言う堀北。

森の中へ行く伊吹。ミスを取り返さなければと言う思いが強い堀北。一人で何とかすると。。。

そして力づくでも取り返すと言いますが、体調は最悪。。。しかし伊吹も武の心得があります。。。

何とか伊吹に一撃を食らわせますが、堀北の体力も限界。

伊吹、マニュアルを燃やしたのは自分ではないと。そんなもの燃やしても何一つ利益はないと。では誰が。。。?

そして伊吹の反撃、堀北は意識を失います。。。

デジカメが壊されたからキーカードを盗み、それを龍園に確認させます。

龍園、葛城も引き込んでいました。

伊吹、カードを気絶している堀北の元に返します。

綾小路、堀北の元へ。弱っている堀北。綾小路に謝罪の言葉を言います。そして一人での無力さを痛感。懺悔を続けます。。。

それでも一人でAクラスに行くと言う堀北。綾小路、手を貸してやると言います。

そして綾小路の本心が。。。

最後にオレが勝っていればそれでいいと。。。他のやつは関係なく、道具だと。。。(゚д゚)!

そして堀北リタイアです。。。

幕開け

サバイバル終了です。

最下位はCクラス。リーダーを書いたと言う龍園まじざまー(笑)

そして一位はDクラス。

AクラスとCクラスのリーダーを当てたと。そしてそれを堀北の手柄にする綾小路。

堀北から何か言われる前に撤退。が、佐枝に捕まります。

佐枝、綾小路がイカロスにそっくりだと言います。

そして繰り返される堀北からの着信(笑)

全てを話すことに。今までのことは全て綾小路の作戦でした。。。

綾小路の能力を認める堀北。

そしてそれ何故手を貸すことにしたのかを聞くことに。が、教える気は無いと。。。

Aクラスにあがるのに手を貸しても良い、しかし詮索はするなと言います。そしてそれを飲む堀北です。

スポンサードリンク

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)