『妹さえいればいい。4巻』ラノベ感想(ネタバレあり)

『妹さえいればいい。』 公開日
『妹さえいればいい。1巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-13
『妹さえいればいい。2巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-23
『妹さえいればいい。3巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-24
『妹さえいればいい。4巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-25
『妹さえいればいい。5巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-29
『妹さえいればいい。6巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-30
『妹さえいればいい。8巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-10-06
『妹さえいればいい。 1話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-10-08
『妹さえいればいい。 2話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-10-15
『妹さえいればいい。 3話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-10-22
『妹さえいればいい。 4話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-10-30
『妹さえいればいい。 5話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-11-05
『妹さえいればいい。 6話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-11-13
『妹さえいればいい。 7話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-11-20
『妹さえいればいい。 8話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-11-27
『妹さえいればいい。 9話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-12-04
『妹さえいればいい。 10話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-12-11

『妹さえいればいい。4巻』のラノベ感想と言うか、備忘録です。

新キャラ登場です。その頭につけていたリボン、実は。。。(笑)

以下、ネタバレ全開なので、ご注意下さい。

スポンサードリンク

小説家は妹キ●ガイⅢ

頭のおかしい日常描写(笑)今回も酷い(笑)

ありとあらゆるものが妹になった世界(笑)

純愛ではなくホラーです(笑)

土岐、新企画もいいが、今持っている2つの作品に集中すべきじゃないかと。

伊月、アニメ化で勢いに乗っている今だから新作を発表、そして今の作品も超面白くして盛り上げるのだと。

土岐、ちゃんと考えて生きているんだなと(笑)

メディアミックスに加え、3本同時はかなり大変だぞと言いますが、妹への愛があれば不可能はないと(笑)

土岐、妹への飽くなき欲求があれば大丈夫とは思っています。伊月に妹がいなくて本当に良かったと。。。

6月6日

今日は伊月の誕生日とのこと。

先月、京のサプライズパーティーをしたとありますが。。。あれ?京の誕生日って4月29日じゃなかったでしたったけ?

まあそれは置いて、伊月の誕生日とアニメ化を祝います。

ここでも出てきたケイゼルレッドさん。

アニメ化で上機嫌な伊月。が、ケンケンと軽い言い争いに(笑)竜宮城の話がちゃんと出てきた(笑)これがエリートの姿(笑)

みんな伊月に誕生日プレゼントを渡します。

千尋はTシャツを。水族館に行ったときに、恥ずかいTシャツだったと(笑)

今度、一緒に服を買いに行くと言うことで表情を輝かせる千尋です(*´ω`*)

そして那由多は一枚のSDカード。まさかそれはと言う伊月ですが、中身は那由多のエッチな写真(笑)

ため息をつく伊月。が、那由多とのやりとりの末、貰ってやると(笑)

途端に、まだダメだと言う那由多です(*´ω`*)

逆襲されてへたれる那由多でした(笑)

アシュリーからはアシュリーの靴下を(笑)

でも妹ではなく、32歳のバb(略)です(笑)

パーティーはお開き。

アニメ化は嬉しいが不安も。元々は別の作品がアニメ化するはずだったと。。。

まだ拒否できると言われましたが、それでもアニメ化しないと見えない景色があるはずと言い、アニメ化してもらうことに。。。

その頃、那由多はやらかしたと身悶えていました(笑)肝心なところでヘタレたと(笑)

イラストがエロすぎる(笑)

スポンサードリンク

コミカライズ

妹すべのコミカライズの担当作家を参考するための資料を持ってきた土岐。

はがない推しすぎ(笑)

4人の候補の資料を見ます。

満場一致で、妹モノの作品を愛する19歳の女子大生、ペンネーム三国山蚕に決まりました。

が、歓喜した伊月ですが、彼女が大きな波乱をもたらすと(笑)

顔合わせ

編集者を交え、蚕と顔合わせです。

大人しそうな美人です。が、けっこうエッチなシーンも出てくる妹すべが描けるのかと言う疑問も。

が、話していると、この人が自分が作品で大事にしているのがわかっていると確信します。

そして妹の話で盛り上がる二人(笑)

伊月、安心して妹すべを任せられると確信したと。

夕方、蚕の話を那由多にすると、ヤキモチ焼いてます(笑)

が、その後の結婚する可能性の話になり、そのやりとりで顔を蕩けさせる那由多です(*´ω`*)

マンガ家VSイラストレーター

第1話のネームがやってきました。

が、原作最初の見せ場、シャワーを浴びているシーンにも関わらず、下着をつけていると(笑)

この作品、サービスシーンは全て全裸。伊月の作品の絶対不変の大原則だと(笑)

ネームを引き裂こうとする伊月を土岐がなだめます(笑)

蚕、下着フェチだと(笑)全裸のシーンでもつい下着を描いてしまったとのこと(笑)

下着は却下だと怒る伊月(笑)

しかし最悪、三国山が降りてしまうぞと。

かなり悩んだ末、もう一度話をさせて欲しいと。

蚕、伊月の作品が愛していると、でも1つだけ残念な部分があると(笑)

全裸か下着かで論争です(笑)

岐阜(笑)、群馬(笑)って、とうとう出身の県にまでケチをつけはじます(笑)

正直、どっちでもいいです(笑)

そこにやってきたのは刹那です。

SILLIES、超展開で打ち切りになってた(笑)

そして刹那もマンガを見て、原作レイプじゃないかと(笑)

ブラはともかくパンツは脱がせるべきだと(笑)第三勢力現る(笑)

そして自分が描くと。

刹那と蚕でコンペをすることに(笑)

そして対決。

が、始まる前に蚕がカチューシャをとります。

そしてそのリボンを取ると。。。それはパンツ、いやパンティーでした(笑)へ、変態だー(笑)

そして、三国山蚕、マンガ家になりますと言って。。。そのパンツを顔に。。。装着したーー!!!(笑)もちろんイラストありです(笑)

そして勝負開始。

刹那の描いた絵を見てやはり最高だなと。

そして蚕の方を見てみると、制服姿で透けた下着、露出度が下がってる(笑)

が、原稿を読み進めると夢中になっていることに気づく伊月。全裸至上主義の自分が興奮してしまったと(笑)

そして蚕のマンガが選ばれました。

ニアミス

伊月の部屋を出る刹那。

負けて悔しいと。もっと凄いケツが描けるように、やはりあの子ケツを見なければと(笑)

トボトボと帰る刹那。しかし千尋とニアミス(笑)

警戒心を強くした千尋でした(笑)

逆襲の全裸

下着をネットで調べる伊月(笑)

それを那由多に見つかります(笑)

蚕に下着の素晴らしさと奥深さに気付かされたと(笑)

那由多、伊月をおかしくさせたのはその蛇かと((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

翌日、那由多が蚕を呼び出します(笑)

そこには京も呼び出されたと。二人きりで会うのは怖いんですね(笑)

那由多、蚕が伊月をたぶらかしたと(笑)

下着と全裸の論争がここでも(笑)

那由多、蚕にコミカライズの担当をさせるわけにはいかないと。マンガを描いて勝負することに(笑)

が、5分で勝負は決着。那由多、絵が下手でした(笑)

しかし諦めの悪い那由多。人生設計に関わる問題なのだと(笑)その夢は捨てろと二人から言われました(笑)エッチしかしてない(笑)

そしてかくなる上はと言って、全裸になる那由多(笑)全裸の素晴らしさを分からせると(笑)

さらに、下着は描けても全裸は描けないのではと言う那由多。下着を選んだのではなく、全裸から逃げただけではと(笑)

自分の下着愛は本物だと証明するために、那由多の胸を揉む蚕(笑)

本気で向き合うことにした蚕。なんだこれ(笑)エロ小説(イラスト付き)になったぞ(笑)

そして蚕、全裸は挑戦する価値のある題材だと(笑)一華の全裸を描いてみると言います。

が、一華の胸は私達のとは違うと。那由多、参考にするのにぴったりの人がいるじゃないかと。そこには京が(笑)巻頭のイラストになりました(笑)

そして伊月も納得のいくコミカライズになりましたとさ(笑)

 

パンツリボンの作り方(笑)あれ、本当に作れるんだ(笑)

妹が可愛いわけがない

春斗原作のアニメが最終回を迎えたと。

その出来は最後までひどかったと。。。

やっと終わった言う春斗。。。

それでもスタッフやキャストを恨む気にはならないと。楽しかったから。。。

一階に降りて酒を飲むことに。

そこに妹もやって来て、お茶を飲みに来たと。

そしてアニメの話しに。アニメの不満を延々とぶちまける妹。

自分以上に怒ってくれている妹を見て、救われたと感じる春斗です。

妹なんてろくなもんじゃないはずなのになと(笑)

税理士の気晴らし

千尋、バイト先で掃除です。

仕事中のアシュリーの姿が(笑)でもその姿も可愛い(*´ω`*)  32には見えない(笑)

疲れたと言うアシュリー。遺産相続って大変そうです。。。

その後、アシュリーと千尋は百貨店に。

大きな仕事の後は散財すると(笑)

そして千尋の服を見繕うことに。

千尋、スカートも持ってないと。。。

アシュリー、店員を呼んで、思いっきり可愛くしてと(笑)

そして巻頭のイラストに(*´ω`*)

クロニカクロニクル③

久々にTRPG会です。

前回からみんなのレベルはアップしてます。

しばらくは今の街を拠点に、周辺の遺跡の情報を集めることに。

酒場に行きます。が、そこでの情報収集は失敗(笑)冒険者たちを怒らせ戦闘に。しかし歯が立ちません。くっ、殺せ(笑)

そこに謎の巨乳武装ウェイトレスが。春斗が好きそうと(笑)

ウェイトレスが冒険者たちを追い払います。

そしてダイスでウェイトレスの過去を聞くことに。那由多のコミュ力発揮(笑)

ウェイトレスの名はニナ。体型は春斗の妄想です(笑)

ニナはホーンリバーに仕えていた凄腕の騎士だったと。殺戮の日々に嫌気がさして出奔。ウェイトレスはかわいい服が着たかったから(笑)

冒険者を続けると言う4姉妹に修行をつけてあげることに。

そしてまた伊月たちが話の展開を予想して怒られます(笑)

修行でレベルは3にあがりました。

そしてニナの妹の話しに。生き別れた妹のティナに会ったら、ここにいることを知らせて欲しいと。

が、そこにやってきたのはホーンリバーの刺客たち。ニナを狙った者達です。

戦闘開始。手下どもを倒しますが、リーダーの男にニナは防戦一方です。

援護しようとしますが、逃げろと。死亡フラグを立てるニナです。。。

逃げる覚悟を決める姉妹たち。

が、月子は諦めていませんでした。

ニナを庇い刺客の剣を受けます。

しかし反撃開始だと。ユニークスキルを解放です!

刺客を倒します。が、最後の死に際カウンターでニナに一撃を。

しかしそれも庇うと言う月子。

ダイスを一応振りますが、月子は致命傷を負い、亡くなると。。。

デスマスクは、ホーンリバーへの復讐の炎が燃え盛ります。。。

そしてニナ、死者を生き返らせる術を使うものがいると言う話をします。

千とミヤコとニナは月子の遺体を持って、エルカディア山脈を目指すことに。

ミヤコは戻ってこないデスマスクを捜してから、合流することに。

これからどうなるのかと。春斗が一番困ってる(笑)

予兆

TRPGの後はそのまま夕食兼飲み会です。

ビールはヒューガルデン・ホワイト。ああ、確かなこれは近くのスーパーにも売ってました。試しに飲んで見ましたが、確かに飲みやすいです。でも甘いビールはちょっと苦手です。

千尋と一緒にTRPGをやるようになって、打ち解けた、はずなのに何か違和感を感じる伊月。

そしてやってきたのは土岐です。

妹すべのコミカライズ第1話の完成原稿を持ってきました。

みんなで原稿を見ることに。全裸シーンを大絶賛する男ども。が、全裸は京の身体を大いに参考にしています(笑)真っ赤になる京かわいい(*´ω`*)

そして那由多が京が担当ならいいのにと。

土岐、ならアルバイトして見るかと。

やると言う京です。

自分のコミカライズ作品を見てニヤニヤする伊月。

しかしアニメが春斗と同じになったらどうしようという不安も。。。

だが大丈夫だと。アニメは通過点な過ぎないと。

目的は究極の妹の小説を作ることと。

飽くなき妹への渇望がある限り大丈夫だと。

ある日突然妹が現れない限り、大丈夫だと。。。

ぼーなすとらっく ラノベ作家の人生

ドラマCDの脚本を小説用にリライトした作品とのこと。

原稿が進まないと言う伊月。

部屋には千尋、那由多、京もいると。

そこに春斗もやってきました。

新しいボードゲームを買ってきたと。5人プレイがちょうど良い言います。

伊月、やろうと。息抜き(笑)

プレイするゲームはラノベ作家の人生です(笑)

人生ゲームのラノベ作家版みたいな作品です。

サイコロを振ってゲームを進めます。

まずは新人賞の応募からです。ネットにアップと言う選択も。目指せオーバーロード(笑)

伊月はデビューできません(笑)

所持金が尽きた伊月。春斗に結婚を申し込みます(笑)

結局、千尋と結婚することに。照れた千尋がかわいい(*´ω`*)

が、千尋の担当が変わり、ひどいルートに。こんな担当が現実にいるはずがないと。。。が、顔を背ける作家たち(笑)

そしてようやく伊月もデビューします。兄弟でいちゃつくと(笑)

そして度重なる担当のやらかしで千尋がダークサイドに(笑)

ネット小説にした春斗はエタりました。エターナる、よくありますよね(笑)

那由多、ガガーリン文庫の俺ガイルに(笑)

そして伊月はイナズマ文庫のSA●になると(笑)

ダメでした(笑)いや、S●Oも元はネット小説じゃないですかね(笑)

それぞれの作家道を歩む五人ですが、格差は激しかったと(笑)

しかし幸福ポイントは全員マイナスと(笑)

そして最終的に全員が同じレーベルに。

しかし、5人にそれぞれ困難が降りかかると(笑)

伊月、ルールを再確認。このゲームは対戦ゲームではなく、協力型ゲームだと。

全員で結婚することに(笑)

そしてゴール。最後は綺麗にまとめられた感じです。

が、糞ゲーだったなと(笑)

スポンサードリンク

あとがき

今回は今までの作品の中でも一番頭の悪い話だった気がすると(笑)

確かにリボンは笑わせてもらいました(笑)


BookLive!でオススメラノベ割引キャンペーン中!
値引き作品多数!以下からチェックしてみてください!


BookLive!でお得に購入する方法はこちらのページでも紹介してます!

kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)