『十二大戦 11話 人の牛蒡で法事する』アニメ感想(ネタバレあり)

『十二大戦 』のアニメ11話の感想です。

今回は丑回です。とうとう残るは丑と子だけです。卯を倒すのは。。。

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。(原作についても触れてますので要注意です)

スポンサードリンク

アバンタイトル

寅・・・(´;ω;`)

丑、面影じゃなくて、寅がその少女自身ですよ。。。

Aパート

丑、卯は死して優勝を目指していると。

他の戦士たちには何かしらの優位性がありますが、それが丑にはありません。天才だから(笑)

が、寅に会えただけで十分なアドバンテージだったと。。。(涙)

丑、卯を供養することに。

卯がやってきました。。。グロ。。。。まあそれも卯の術中なんですが。。。

出てきました。。。申です。。。

卯がバラバラの死体をつなぎ合わせていた中に、申が隠れていました。

申に取り押さえられる丑です。不覚だと。。。

今、自分にできる正しいことは、自分に自分で決着をつけることだけだと。。。

しかし、申によって自殺も防がれます。。。

そこにやってきたのは子です。

丑、なぜ今ここに?と。場違いもいいところだと。

が、子が取り出したのは、未から奪った爆弾です。

千載一遇のチャンス。今しかないタイミングです。

子、この功績は、丑の相棒である寅のものだと(涙)

それを踏まえて何か言い残すことはないかと。。。

ないと。これが自分の正しいことだと。。。

丑も子にデジャブを感じてました。

そして爆破。。。

スポンサードリンク

Bパート

子が優勝です。

眠たくて、帰りたがっている子ですが、インタビューを受けさせられることに。

が、断ると帰る子。。。あ、そこをアニメでやるんですね(笑)

100パターン試しても全部失敗(笑)生存率60%です(笑)まあ大戦では99回死んでますが(笑)

100の戦術を同時に試せるのが子の能力です。そのせいで、眠くてしかたなくなるわけですが。。。

子が優勝できたのは、申のおかげでした。未の爆弾が有効だと教えてもらっていました。

優勝者インタビュー終了です。

子の願いは考えてから、後日叶えてもらうことにして、出ていきます。

次回、どうしても叶えたいたったひとつの願いと割とそうでもない99の願い。

子回ですが・・・だいたい原作での子の話をやってしまいましたね(笑)次回は何やるんでしょう(笑)

原作だと語られなかった子の願いが出て来ることを期待したいですね。

 


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)