『十二大戦 10話 虎は死んで皮を残す』アニメ感想(ネタバレあり)

『十二大戦 』のアニメ10話の感想です。

今回は寅回です。まあ前回も寅回だった気がしますが(笑)

そして寅。。。原作でも一番好きなエピソードでしたが、アニメで観るとまた一段と寅が好きになりました。。。

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。(原作についても触れてますので要注意です)

スポンサードリンク

アバンタイトル

丑と寅の決闘が始まろうとしています。

Aパート

前回に引き続き、再び寅の過去話です。

戦場で丑と出会い、圧倒的な丑の戦いを見ます。

丑、寅をお嬢ちゃん扱い(笑)民間人と勘違いです(笑)

寅、丑にどうすれば正しいことができるのかと聞きます。

それに答える丑です。

1、正しいことをしようとする。2、正しいことをする。以上です(笑)

しかし、正しいことはしようと思わなければできないと。意思がなくては正しさはないと。。。

丑、寅にそれができていないのは、正しいことをしようと思っていないからだと。

寅、難しくてよくわからなかったですが、丑の言ったことを理解したいと思います。。。

寅に初めて人生の目標ができました。

そして、いつか丑に再び会うと(*´∀`*)

しかし、広い世界。なかなか丑と会う機会は訪れず、あきめかけています。

そんな時に十二大戦の話が。。。

寅、実家に頭を下げて、十二大戦へ参加させてもらうことに。

そして十二大戦で丑に会うことができて、踊り出したいぐらいだったと(*´∀`*)

が、丑は寅を覚えてませんでした(笑)

回想終了。

死んだ卯の手が丑を襲います。。。それをかばう寅。。。

心の師匠から決闘を申し込まれるところまで来たのにと。。。

でも、すると決めて、したと。。。(涙)

スポンサードリンク

Bパート

バラバラになった卯の死体が襲いかかります。

キリがないと、丑は寅を背負って、その場を離れます。

丑、寅を死なせたりはしないと。。。

でも寅、決闘はもういいと。。。その代わりに頼みがあると。。。丑に殺してくれと。。。

このままだと卯に殺されたことになると。そしたらウォーキング・デッドになってしまいます。。。

そんなのは死んでもごめんだと。その前に殺してくれと(涙)

丑、それを了解したと。ただしあくまで自分の決闘に負けて死ぬんだと(涙)

名乗りをあげさせます。。。

寅、自分には過ぎた最後だと。。。(涙)

丑、どこで会ったのかを聞きますが、寅は会ったのは初めてと(涙)

そして丑は寅を一刺し。。。

次回、人の牛蒡で法事する。丑回です。残るは丑と子ですね。

 


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)