『十二大戦 9話 二兎追うものは一兎も得ず』アニメ感想(ネタバレあり)

『十二大戦 』のアニメ9話の感想です。

今回は卯回です。卯の過去話とかあるんでしょうか?原作ではプロフィール欄も詳細不明でしたが(笑)

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。(原作についても触れてますので要注意です)

スポンサードリンク

アバンタイトル

申、巳の頭を・・・放り投げたーーーー(笑)

そして卯も上空へ送り出します(笑)

上空にいた辰、飛んできた巳の頭をキャッチ。目があいます。。。

そして卯に真っ二つにされました。ウサギは月まで跳ねるんだと(笑)

あと3人です。

ちなみに、原作では、巳の頭が辰のもとへ言ったのはたまたまだったと。兄弟の絆(笑)

Aパート

そして辰の下半身が墜落し、丑と寅のもとへ。巳の頭と辰の上半身もやってきました。4対2です(笑)

おっと、先に寅の過去編ですか。。。

女学生の寅(笑)なんか声も若々しい気がします(笑)

100人組手を達成した寅です。姶良家当主の後継者候補となりました。

そして戦場へ。が、こんな理不尽なものが道なのかと。。。

真面目な寅は、人間が絶滅したら、地球を救えるんじゃないかと考えます。。。

水清ければ魚住まず。。。そして酒に溺れる寅です(笑)

酔っている間は何も考えなくていいと。

そして酔っていても強い寅です。。。

スポンサードリンク

Bパート

勝ちつづける寅。戦場では真面目にやっていたときよりも褒められるようになりました。酔いながら授賞式に出てる(笑)

しかし、そんな寅は見限られ、道場を追い出されます。。。

ますます酒と血に溺れる寅です。それでも支障はないと。。。自分が生きているのか、死んでいるのかわからなくなります。。。それでも支障はないと。。。(涙)

そして舞台は十二大戦に戻ります。

丑が寅に何か妙案はあるかと。

何もないようなので、丑が策を弄する事に。

辰のタンクにある液体水素を使うことにします。それで断罪兄弟を氷漬けに。

そして卯の登場。2対1です。しかし、勝負は一瞬。卯は二人の攻撃を受けてバラバラに。。。

丑と寅の決闘。。。ですが、卯の顔が(笑)もちろん卯はこれで終わりはしません。。。

次回、虎は死んで皮を残す。寅回です。まあ今回も卯回と言いつつ、寅回でしたが(笑)

と言うか、卯が出てきたのは最初と最後だけでしたけどね(笑)あ、でも、それは原作と同じでしたね(笑)

 


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)