『妹さえいればいい。 4話』アニメ感想(ネタバレあり)

『妹さえいればいい。』のアニメ4話の感想です。

第4話「仕事さえすればいい。」のあらすじは以下です。

 バレンタインデーに伊月の部屋に集まった那由多と京と春斗。春斗は伊月との仲よしアピールに余念がない。

そこへ編集者の土岐が2人に読者からのチョコレートを持ってやってきた。チョコレートが多かったのは意外にも……!?

その数日後、伊月の部屋に新たな人物がやってくる。見た目は美少女だがドSな鬼畜税理士、大野アシュリー。確定申告のため、趣味で購入したあれやこれやまで徹底的に調べられた伊月はすっかり涙目に……。

とうとうアシュリーの登場ですか(笑)美少女って年じゃないでしょ(笑)

以下、ネタバレありなので、ご注意下さい。(原作についても触れてますので要注意です)

スポンサードリンク

アバンタイトル

あらすじを考えるのに頭を悩ます伊月。

京、はがない読んでる(笑)

あらすじ(笑)ちょ、オープニングにかぶせてきた(笑)

Aパート

BL展開(笑)春斗、相変わらずのホ◯アピールです(笑)

そしてみんなで千尋が作り置きしてたビーフシチューを食べます。

そこに土岐が。やばい、編集者だ、逃げろ(笑)

ぷりけつ(笑)

土岐、バレンタインチョコをもってきました。

スポンサードリンク

Bパート

またもアイキャッチはビール。インペリアルチョコレートスタウトというそうです。ちょっと飲んでみたいです。

京がやってきますが、今日は税理士がくると。確定申告です。

とうとう32歳の金髪ロリBBA、アシュリーの登場です(笑)あ、でも年齢伏せてる(笑)つか、アシュリーかわいいな(笑)原作でも思ってましたが、こんな32歳って(笑)

伊月、なぜか正座(笑)

アシュリー、良い子ちゃんを邪悪にそめるのが好きと(笑)

妹について熱く語る伊月。妹キャラに神をつけます(笑)

妹にフィギュアを資料扱いされ、ダメといいますが、アシュリーの甘い言葉に乗せられます(笑)

そして妹物のエロゲーのタイトルを言う辱め(笑)

ソシャゲも作品に生かせというアシュリー。だからボイスが無駄に豪華だから(笑)

疲れた伊月です(笑)

そして春斗。アシュリーに土下座(笑)つか、伊月も隣に座った(笑)

春斗、エロゲー100本(笑)そしてメイドフェチ(笑)

アシュリーのメイド服(笑)32歳のメイド服(笑)ドSすぎる(笑)

そしてエンディング(笑)

年齢がバラされた(笑)つまりババアだと(笑)

 


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)