【最終話】『妹さえいればいい。 12話』アニメ感想(ネタバレあり)

『妹さえいればいい。』 公開日
『妹さえいればいい。1巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-13
『妹さえいればいい。2巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-23
『妹さえいればいい。3巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-24
『妹さえいればいい。4巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-25
『妹さえいればいい。5巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-29
『妹さえいればいい。6巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-09-30
『妹さえいればいい。8巻』ラノベ感想(ネタバレあり) 2017-10-06
『妹さえいればいい。 1話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-10-08
『妹さえいればいい。 2話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-10-15
『妹さえいればいい。 3話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-10-22
『妹さえいればいい。 4話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-10-30
『妹さえいればいい。 5話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-11-05
『妹さえいればいい。 6話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-11-13
『妹さえいればいい。 7話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-11-20
『妹さえいればいい。 8話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-11-27
『妹さえいればいい。 9話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-12-04
『妹さえいればいい。 10話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-12-11
『妹さえいればいい。 11話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-12-18
【最終話】『妹さえいればいい。 12話』アニメ感想(ネタバレあり) 2017-12-25

『妹さえいればいい。』のアニメ12話の感想です。

とうとう最終回ですね。アニメではだいたい原作の1〜4巻あたりの内容でしたが、まだ原作のストックもあるので、2期を期待したいところです。

第12話「妹さえいればいい?」のあらすじは以下です。

コタツで眠ってしまった伊月は昔の夢を見ていた。母が亡くなり、暗い中学時代を過ごしていた伊月は、ある少女と出逢い、彼女に恋心を抱くのだが……。その日、伊月の『妹法学園』のアニメ化決定を祝い、飲み会が開かれる。そこで一同は春斗が買ってきた「ラノベ作家の人生」というボードゲームをプレイすることに。ゲームの人生も現実の作家の人生も同じく波乱万丈。はたしてどのような結末が待っているのか……?

伊月の過去話、小説家を目指すことになった話かなと。

そして最終回にラノベ作家の人生ですか(笑)もともとは4巻のドラマCD付き限定特装版の内容ですかね。ドラマCDは聞いてないので、アニメでやってくれて嬉しいです。(4巻に小説版は載っています)

スポンサードリンク

アバンタイトル

小6の伊月。そして中学生。ぼっちの伊月は小説を読んでいることが多く、妹ものにハマっていったと。

ちなみにマンガやゲームは父に買ってもらえませんでしたが、小説は買ってもらえたそうで、ラノベばっかり買ってもらったと(笑)

Aパート

三田洞彩音きた(笑)家政婦の娘です。

伊月のことを母から聞いており、弟みたいに思っていたと(笑)

伊月がハマっている小説を読ませて欲しいという彩音。

差し出したのは、関ヶ原幽の「妹さえいればいい。」です。アニメではもう幽は出てこないでしょうね〜幽メインは原作では7巻の内容ですし。

それから毎週のように遊びにくる彩音です。コスプレをする彩音。ハルヒ(笑)

まあ伊月が好きになるのも無理はないですね。

そして伊月は告白しようと決意しますが、先にクラスの男子にフラれたことを告げる彩音です。。。

それでもちゃんと告白する伊月です。が、弟にしか見れないとフラレます。

そして伊月、妹さえいればいいと。。。

こうして伊月は主人公を目指すようになり、中学を卒業して、小説を書くようになります。

小説家・羽島伊月の誕生です。

スポンサードリンク

Bパート

アニメ化決定のお祝い会です。

そして今回のゲームは「ラノベ作家の人生」(笑)

大手、中堅、弱小とありますが、原作だと大手がイナズマ文庫、中堅がGM文庫、弱小(原作では新興と言ってます)がガガーリンとなっています。どこかで聞いたことがあるようなレーベルですね(笑)

ゲームは進み、みるみる減っていく幸福ポイント(笑)そしてやらかす担当編集(笑)波乱の人生です(笑)

そしてゲームは終わり、みんなの幸福ポイントはマイナス(笑)作家の人生(笑)

ただ、原作とは違う終わり方ですね。結婚もしませんでしたし、原作ではみんなプラスの幸福ポイントでしたから。無理やりでしたけど(笑)

そしてみんなで帰宅。京は編集者のバイトをすることに。

伊月、アニメ化の不安はありますが、妹がいない自分は、妹への渇望があれば大丈夫と。。。

千尋は、伊月に本当のことを。。。と言って終了です。

ちなみに、原作8巻時点でもまだ千尋が妹とはバレてません。。。

そしてやはり京の告白もなく、那由多と付き合うところまではいきませんでしたね。

逆にその話が出てこなかったので、2期が期待できそうな感じかなと。今出ている原作8巻までで、2期できると思いますし。期待しています。

 


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)