『妹さえいればいい。6巻』ラノベ感想(ネタバレあり)

『妹さえいればいい。6巻』のラノベ感想と言うか、備忘録です。

伊月と那由多がとうとう・・・

以下、ネタバレ全開なので、ご注意下さい。

ちなみに、今ならBookLive!でコミック版1巻が期間限定無料です!(2017/10/19まで)

原作と同じノリでコミック版もおもしろかったです。

スポンサードリンク

人間力

告白してフラれた京。。。胸は痛み、涙が浮かびますが、後悔は湧いてこないと。

一方、伊月は京の思いに気づかず、自分の都合のいい虚像に押し込めていたと。自分が不甲斐ないと。

京はそのまま那由多の部屋へ。これからも友達でいたいから、伊月に告白したことをちゃんと告げます。

そして泣いてしまう那由多。ごめんなさいと。伊月はゆずれないと。京を好きなのに、幸せになって欲しいのに邪魔してごめんなさいと涙します(涙)

京、那由多は何も悪くないと。那由多を抱きしめます。これからも仲良くです(涙)

一方、伊月は千尋に京に告白されてフったことがバレます(笑)

千尋、京と友達でいたいなら、そうなるように努力するしかないと。

伊月、千尋は人間力が高いなと(笑)

主人公ズ

京、春斗のことをかっこよくて優しい人と。春斗と恋人になれば幸せになれるかもしれないと。

しかし付き合うことはできないと断る京です。

そして、伊月に告白したことも告げます。

もうちょっとだけ頑張ってみようと。

春斗、一途なのもいいと。が、エロゲキャラの一途さを聞いて、ちょっと引いている京です(笑)

何はともあれ、京と春斗の新しい物語が始まります。

しかし、なぜ伊月を諦めなかったのか?

それは2日前の那由多との会話。

もう完全に諦めるのかと聞く那由多に、どうしてほしいと聞き返します。

京の好きにすればいいと言う那由多です(笑)

二人とも負けないと(*´ω`*)

そしてそれが那由多の未来も大きく変えると。。。

那由多、メディアミックスの話しを担当のきららにします。

ちょっと頑張ってみようも思うと。ほんと、京が色々変えてしまいましたね(笑)

スポンサードリンク

男友達

久しぶりに伊月の部屋にくる春斗。

食事中に京に告ってフラれたことを告げます(笑)

京を伊月がフったことも聞いたと。

前にフラれたことはあるかと。

あると言う伊月に、どうやって立ち直ったかを聞きます。

小説を書けと。全部小説にぶちまけろと。

しかしそれは芸術家タイプでない自分にはできないなと。。。

そこに刹那がやってきます。

すぐに打ち解けた春斗と刹那。

刹那、まだ千年に一度のケツをあきらめてなかったです(笑)

それが刹那にとっての本当の恋かもしれないねと言う春斗(笑)

刹那もそんな気がしてきたと(笑)何言ってんだ(笑)

そして唐突に旅行に行こうと言う刹那。

男友達だけで箱根へ。

ちんこ

タイトル(笑)

3人で箱根へ温泉に。

脱衣所で、春斗も刹那のナニに驚愕(笑)

そして伊月と春斗は牽制しあいます(笑)いいからさっさと脱げよ(笑)

男のケツのイラストとかいらんす(笑)

新たなるケツ路

タイトル(笑)

3人は彫刻の森美術館へ。彫刻と言えば全裸(笑)

伊月と刹那はケツと全裸を楽しんでます(笑)

春斗は断絶を見て、中二心をくすぐられると。

ピカソの作品も見ることに。

伊月と春斗はピカソの良さがわかりませんが、刹那はマジパねぇと。自分もキュビスムやると(笑)

真のゲージュツな目覚めたと。これが後のパブロ・プリケッソの誕生です(笑)

 

Q&Aコーナー

好きなブランドに対し、春斗はアリスソフトと(笑)ちなみに私はランスシリーズが好きです(笑)

そして土岐のオカモト(笑)

那由多の景色

景色シリーズのメディアミックス企画が極秘裏かつ急ピッチで進められていると。

那由多、自分も伊月や京のように輝きたいとの思いからメディアミックスをやってみようと。

劇場アニメと実写映画、コミカライズが3本立てで決定します。

代わりに進行中だった多くの企画が天才少女の自分磨きのために、縮小、延期、中止になったと(笑)

白川京さん送別会

9月末になり、編集部総出で京の送別会です(笑)

そして神戸、京に卒業したら編集部へ来なさいと。

本当に編集者になりたいのかも含め考えさせてもらう京です。

一緒に居た蚕が寄って、みんなに履いてる下着を聞き始めます(笑)

みんな脱ぎ始めた(笑)そりゃ出禁になるわ(笑)

クロニカクロニクル④

今まで通りにしたいと思いつつも、なかなか上手くはいかない3人。このまま疎遠になってしまうことは3人も嫌だと言うことで、TRPGの出番です(笑)まさかTRPGがみんなをつなぐ重要な役割を担っていたとは思いませんでした(笑)

そして内容の振り返り。

伊月も京も、月子が死んでることを忘れてました(笑)

デスマスクはパーティーを離れます。そして他の3人は月子を生き返らせることに。

ナロー族の集落へ。蘇生の秘術を使える人を探す前に、道中で重傷を負ったニナの回復をすることに。

この集落は異世界から転生してきた者達が集まる場所と(笑)

そしてニナは大沢たかお似のスーパードクターに治してもらいました(笑)JIN(笑)

蘇生の秘術を使えるのはこの集落のリーダーと言うことで会いに。

ガイコツって出た瞬間にオーバーロードを思い出しました(笑)ちょ、声優(笑)ここはアニメでもやってくれるのかな?(笑)

黄泉返りの秘術を使ってもいいと言うリーダー。

しかし、それには死者の国へ行き、かの者の魂を連れ戻さなければならないと。

やると即答です。

千尋は優秀なので、ちゃんと準備してから臨みます(笑)

そして死者の国へ。そこには月子が。

現世に繋がる洞窟から戻ることに。

途中、亡者との戦闘ですが、危なげなく終了です。

無事に現世に戻りましたが、死者の国へ行っていた間に現世では3年以上が経っていました。

デスマスクがどうなったか気になると。

山を降りて情報収集です。

ライトニング公国がホーンリバー帝国に宣戦布告したと。

この動乱の中心にいるのがデスマスクです(笑)何してんだ(笑)

セッションはここまでです。

伊月たちも和気藹々と話すことができました。

そして那由多からメディアミックスの話が出ます。絶句する伊月です。。。

キャストオーディション

妹すべのキャストを決めるオーディションです。

大人気声優もいてテンションの上がる伊月。

しかし、それが続くといいですねと言う監督(笑)

そしてオーディションが始まります。

いろんな声優さんに兄さんとかお兄さまと呼ばれ大満足の伊月です(笑)下セカの原作者羨ましい(笑)

しかし、声優の世界はやはりとてつもない難易度なんですね。。。

そして2日目。伊月もさすがに気力や体力が消耗してきたと。しかし声優にとっての真剣勝負。選ぶ方も気を抜けないと。

最後までオーディションが終わりますが、ここから4人の声優を決めないといけないと。

すんなり決まるかと思いきや、大島Pが色々難癖をつけてきます。フレッシュな人たちを起用したらどうかと(笑)なんかSHIROBAKOを思い出します(笑)

クリエイターとビジネスマンの立場の違い。難しい問題です。

結局、中堅どころの声優に。無難だが地味なキャスティングに決まりました。

パブロ・プリケッソ

千尋、刹那と遭遇です(笑)

刹那、ジャンピング土下座で謝ります。

が、またケツを見せてくれと(笑)

もちろんイヤだと(笑)

しつこいので話を聞いてみます。

そして再びジャンピング土下座(笑)

無駄ですからと言って踵を返す千尋。に手を伸ばしてジャージとパンツをずり落とした刹那(笑)

怒りを込めた回し蹴りです(笑)

しかし刹那、究極のケツを見たと満足気です(笑)

 

Q&Aコーナー

伊月の一番好きなアニメキャラ。妹とのために世界と戦った偉人(笑)

妬心

一か月ぶりに伊月の部屋にやってきた那由多。一か月ぶりの伊月成分を補給です(笑)

伊月は今、妹すべの6巻のドラマCDの脚本を書いていると。

アニメ前哨戦です。

しかし肝心6巻は。。。間に合うように頑張るしかないと(笑)

那由多も頑張らないとと言います。

那由多もメディアミックスで忙しいと。でもスタッフが優秀とのこと。ぼくのかんがえたさいきょうのスタッフ(笑)

俳優も若手ナンバーワンの呼び声も高いイケメンと。

笑顔でイケメンのことを話す那由多にヤキモチです(笑)

そして伊月のアニメ声優の話に。

那由多、美人声優に嫉妬(笑)

那由多、自分も輝かなくちゃと(*´ω`*)

新人賞授賞式

新人賞の授賞式。京、臨時のバイトです。

そこに伊月と春斗も。伊月と京が甘酸っぱい雰囲気に(笑)春斗がかわいそう(笑)

伊月と春斗が話していると海津もやってきます。

2人に健康診断をすすめます。

特に伊月にはおせっかいを焼きます。伊月、あの人とは違うんだけどなと。

そして授賞式。大賞はセクシーなイブニングドレスを着た美女、相生初です。

そんな相生に話しかけられる春斗。

専門学校のゲスト講師をした時に会っていたと。その時に自分の作品を馬鹿にされ、カッとなって論破し、泣かしてしまったと(笑)

やはりヤリチン王子だったかと疑惑が(笑)

京にも誤解されました(笑)

そして受賞者からの挨拶。

那由多のフォロワーの笠松青葉。今回の賞に納得がいっていないと。

言いたいことを言った青葉ですが、ほとんどの人が生温かい微笑みでした(笑)

授賞式が終わり、帰ろうとする伊月に青葉が声をかけてきます。

新しい時代を創るのは自分だと言って去っていきます。

誰にも負けないと闘志を燃やす伊月でした。

二次会

春斗の隣を狙っていた相生です(笑)

相生、春斗との出会いを詳細に話します(笑)

話題を変えるために、他の新人に作家になるきっかけを聞く春斗。

柳ヶ瀬、スパンキングが好きだから(笑)ストレート(笑)

そして木曽。じいさんかっけえ。。。

そして加茂、無職と。。。

二次会もお開きになり、解散。

しかし、ぐいぐいくる相生です(笑)

連絡先を交換し、京には負けないと(笑)

その頃の彼女

ああ、ヤバイことになってる。。。

那由多か?

メインヒロイン

ドラマCDのアフレコです。

収録は順調に進みますが、神戸が急用ができたと言って抜けます。。。

那由多が倒れたと。。。やはり。。。

伊月もついて行くと。ドラマCDよりも那由多の方が心配と言います。。。

人は死ぬのだと。

自分の母、そして作家を目指すことになった関ヶ原幽、大切な人と死に別れた伊月。

なぜ待っていてもらうなどと考えていたのかと。

そして病院に着くと、過労と寝不足。軽い栄養失調でした。

那由多、もっと頑張らないと。京に負けないぐらい輝きたいと涙ながらに言う那由多(涙)

そして那由多に告白する伊月です。俺と付き合え、ずっとそばにいろと(*/ω\*)

こうして恋人同士になりました(*´ω`*)

スポンサードリンク

あとがき

やはりヒロインだった可児那由多だと(笑)

千尋と言う爆弾はどうなるんでしょうか。

スポンサードリンク


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)