『妹さえいればいい。 7話』アニメ感想(ネタバレあり)

『妹さえいればいい。』のアニメ7話の感想です。

第7話「冒険さえあればいい。」のあらすじは以下です。

『絶界の聖霊騎士』のアニメの出来が酷くて落ち込んでいる春斗を元気づけるため、伊月は那由多・京・千尋と一緒にTRPGをガッツリやる会を企画する。ゲームは基本的に女キャラでプレイする派の伊月、なぜか伊月の妹という設定でキャラメイクする千尋、さらにその妹になろうとする那由多、実年齢と同様の女性で設定した京、という4姉妹は、ゲームマスターの春斗のもと、やりたい放題のプレイを開始する。

TRPG回ですね。 原作だとまだ終わってないので、アニメではやるのかな?と思っていましたがでてきましたね。(原作ではシリーズ化していて結構長くやってます)

オーバーロ◯ドネタをやってほしいところですが、そこまでは行かないですかね(笑)

スポンサードリンク

アバンタイトル

『絶界の聖霊騎士』のアニメ2話の評判を見て、落ち込む春斗です。。。

完全におわったなと。。。

落ち込む春斗に、TRPGがやりたいからマスターをやれという伊月です(笑)

そして京を意識する春斗(*´∀`*)

Aパート

千尋、京、那由多を呼んでTRPGです。でも、みんなTRPGのことをよく知らないので、説明からです。

そしてキャラ作りです。千尋、伊月の妹キャラにすると(笑)

4姉妹の設定になりました。

そしてキャラ紹介。京、レールガンきた(笑)さらに伊月はUBW(笑)千尋は幻想殺し(笑)本にしたり、アニメになってますが(笑)

冒険開始です。なんかADVパートっぽくなった(笑)

そして戦闘パートです。

スポンサードリンク

Bパート

想像していたよりも、ちゃんとした戦闘シーンです(笑)

思ったよりも敵が強いということで、那由多の能力、粘膜接触による能力強化を使うと(笑)

官能小説の朗読がはじまった(笑)町中で、しかも戦闘中に何やってんだ(笑)

兵士たちがやってきて、捕まりました(笑)公然わいせつ罪です(笑)

牢屋の中へ。しかし王女のお使いクエストを受けることに。

湖で水浴びタイム。危険はないと言いますが。。。(笑)

触手イベント発生(笑)ガガギアのマークが大活躍です(笑)

触手を倒して、屋敷へ。やはり4人は生贄でした(笑)

屋敷を燃やしてしまおうと。再び能力強化(笑)

そして王女と対決。幻想を壊しますって言っちゃった(笑)

最後は王女の触手プレイ(笑)

まあちょっと原作とは違う内容でしたが、アニメだと区切り良くここまでってことですかね。(原作だとだいたい1〜2巻の内容)

春斗、少しは元気が出たみたいです(*´∀`*)

しかし、クロニカクロニクルのキャスト(笑)1列全部が(笑)

そして最後は、春斗が京が気になっているのをほのめかします。次回はデート回ですかね。

 


kei

アニメやゲーム、マンガ、読んだ本のことなど、興味のあることをつらつらと書き連ねています。 書いている内容はとりとめのないものですが、このブログ名のように少しでも良い影響を与えられれば幸いです。 連絡先はこちら。 good.influence.k@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)